金本知憲の後任の阪神の監督は誰になる?名前は何かをチェックしてみた

スポーツ
スポンサーリンク

 

どうもこんにちは。

早速ですが、阪神タイガースの
監督であった金本知憲監督が
今季限りで監督を引退するなんて
言う話になって、すごく話題を
呼んでおりますね。

この話を聞いた阪神ファンの
皆様からは実に様々な声が
上がっており、批判の声も
ねぎらいの声も上がっていて、
かなりカオスな状態なのですが、
ここで阪神の今後や阪神の次の
監督が誰になるのかが気になって
いるという人も多い事でしょう。

金本監督の後任が誰になるのか。
今回はこれについて、現状で
出来る範囲の予想などをして
いこうと思います。

金本知憲、辞任へ

画像元・https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000058-dal-base.view-000

10月11日。何気ない
この日に野球界、特に
阪神タイガースを揺るがせる
出来事はありました。

それは金本監督が阪神の監督を辞任するという話。

2015年から3年間にわたって
阪神を率いてきた金本監督が
突如として阪神の監督を
辞任すると言い出して、
しかもそれを決定事項に
してしまっていたのですから、
この話を聞かれた野球ファンの
皆様はさぞかし驚かれた事でしょう。

その詳しい話と金本監督の
意向については、デイリーがまとめています。

 阪神の金本知憲監督(50)が今季限りで辞任することが11日、決まった。金本監督は15年オフにチームの抜本的改革を託されて就任。2年目の昨季は2位に躍進し、期待を抱かせたが、今季は終盤に故障者が相次ぎ01年以来17年ぶりの最下位が確定していた。

 

 金本監督は午後1時から西宮市の球団事務所で会見。スッキリした表情で、時折笑顔も見せながら質問に答えた。以下は監督との一問一答。

 

 -辞任を決断したのは。

 「昨日の試合後ですね。伝えたのは(揚塩)社長の方です」

 -決断の理由は?

 「成績不振です」

 -いつぐらいから考えていたのか。

 「最下位が決まったぐらいから」

 -揚塩社長からはどんな話があったのか。

 「もう少し頑張ってみればと言われましたが、僕の意志が固かったです。やり残したことも多々ありますけど、結果の世界ですので。何より最下位という、そこですよね」

 -3年間指揮を執ってみてどうだったか。

 「しんどかったのが一番。若い選手が活躍してくれるのはうれしかったし、僕の方がわくわくして楽しい思いはありました」

 -今後のチームに期待することは?

 「一緒にやった選手、若手が一人前になってほしい。われわれが、教えたことを肝に銘じて一人前になってもらいたい」

 -今後どうするのか

 「何も決めてない。ゆっくり疲れをとりたいというかね

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000058-dal-baseより引用

 

2015年から阪神の監督に就任して、
チームを率いてきた金本監督。

その業績は最初こそよかったものの、
今年に入ってからはチーム内で
故障者が相次ぎ、チーム全体が
かなりの不振状態に陥っておりました。

その結果、阪神のランキングは今や最下位。

阪神ファンの皆様からは次々と
金本監督への批判の声が相次ぎ、
検索キーワードには無能だの
辞めろだの、好き勝手な暴言が
書かれているような有様でした。

勿論そんな話が全てでは
なかったのですけれども、
野球は結局チームの業績と順位が全て。

最下位なんていう順位に落ちて
しまったからには、金本監督も
責任を取らねばならなくなり、
結果として監督を辞任する事
となったのでしょう。

金本監督に起きた事を当然と
思うか、あるいは彼の事を
哀れだと思うかは、
受け取る人次第ですね。

スポンサーリンク

阪神の次の監督は誰に

こうなった今、一つの問題が
浮上します。

次期の阪神の監督が誰になるか、です。

金本監督が辞任という形で
居なくなり、監督の座が空席
となるわけですから、必然的に
その椅子に座る次の人が必要になります。

阪神の公式サイトなどでは、
金本監督の後任者となる
次期監督の話は掲載されておらず、
今のところ不明となっております。

ですが、既にその候補者の名前は
ネット民の間で上がっており、
その中で最も有力者とされているのが、

  • 矢野燿大さん
  • 平田勝男さん

の二名です。

 

矢野燿大が相応しいか?

矢野さんは2018年から二
軍監督に就任しているの
ですが、その実力と成績は
非常に良く、就任して
一年目であるはずなのに、
阪神二軍を日本一の二軍と
言われるくらいにまで
引き上げさせました

そこまでの成績と実力があるから
こそ、阪神の次の監督に相応しいと
言われているのです。

それだけの実績があれば
信頼も出来ますからね。
これは当然の流れでしょう。

平田勝男が相応しいか?

そして平田勝男さんも同じく
二軍監督を経験し、1月に
亡くなった星野仙一さんの
秘書まで務めた事のある
経歴まで持っています。

星野さんの秘書という事は、
星野さんに一番近しいところに
居て、星野さんから様々な事を
教わっているという事。

そして現在はチーフコーチ
までやっていますから、
選手の事もよく把握している。

その事から、平田さんもまた
次の監督候補に相応しいと
言われています。

 

結局どうか。

その他にも結構な人たちの
名前があがったりしていますが、
この二名がかなり支持されているのが現状です。

公式からの発表はまだですけれども、
阪神の監督が出来るくらいの力を
持っているのがこの二名ですから、
どちらかが阪神の次期監督に
なっても不思議ではないでしょうね。

 

最後に

アクシデントが相次ぎ、最下位に
まで落ちてしまったのが現在の阪神。

次の監督はその阪神を立ち
上がらせられるくらいの実力が
ないと、務まらないでしょう。

いずれにしても、かなり複雑な
問題となりそうです。

スポンサーリンク