台風24号(2018)の新潟への影響はある?今後の進路や対策をチェックしてみた

天気
スポンサーリンク

どうもこんにちは。

何やらニュースが貴乃花親方が
引退するなんていう話で盛り
上がっていますけれども、
それよりも注目すべき情報が
出てきています。

 

それは台風24号の事。

日本のはるか南で発生した
台風24号は高い海水温の影響を
受けて、非常に強い勢力を持った
恐るべき台風と化し、ぐんぐん
北上を続けているようです。

9月の初頭に台風21号がやってきて、
甚大な被害をもたらしたばかり
だというのに、また台風が来るのか
と心配になっている方も多い
でしょうし、台風24号が新潟に
来るのではと思う方もいるはず。

そこで今回は、台風24号の進路や
来た場合の影響、対策などを
書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

台風24号の進路は?

画像元・https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00005627-weather-soci.view-001

既に書いている通り、9月の
初頭に日本を襲った台風21号に
よって、甚大な被害が大阪を
中心に出たというのは記憶に新しいです。

あんなことになったものですから、
もう台風はこりごりだと言いたい
ところですけれども、お構いなしに
台風24号が発生。
日本の南でどんどん大きく、
強いものへと成長を遂げていました。

どれだけ強いものなのかというのは、
中心の台風の目がくっきりしているのが
証明しています。

台風22号、23号は日本に来ず、
台湾やフィリピンに上陸したから、
また日本には来ないのではないかと
思った方も多かったと思いますが、
非常に残念な予想がウェザーニュースを
中心にされています。

画像元・https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00005627-weather-soci

この図の通り、世界各国の
気象台は台風24号は日本に
確実に上陸する、しかも
本州を丸ごと横断していく
という予想をしています。

これがわずかだったならば
まだ信じないという事も
出来たのですが、どう見ても
日本を通過していくという予想が多い。

即ち、もう台風24号が
日本に来るというのは
確実なのです。

しかも台風24号の勢力は、

▼台風24号 9月26日(水) 3時現在
 存在地域   沖縄の南
 大きさ階級  大型
 強さ階級   非常に強い
 移動     北 ゆっくり
 中心気圧   935 hPa
 最大風速   50 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 70 m/s

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00005627-weather-sociより引用

という感じで、強さそのものは
台風21号とほとんど同じくらい、
しかしその速度はゆっくりであるとのこと。

21号の爪痕がまだ残っている
というのに、またそれと同じ
くらいの強さの台風が来て、
ゆっくりと日本を横断して
いくという予想。

今年で平成が終わりますが、
台風たちは平成最後の日本
横断ツアーを楽しもうと
しているというコメントさえも
出てきている有様です。

スポンサーリンク

新潟に来るのか?

そして気になってくるのは、
この台風24号が新潟に影響を
及ぼすのかという点ですよね。

大阪に甚大な被害をもたらした
台風21号は新潟にもやってきて、
これまでにないくらいの暴風で
建物や家屋に被害を与えました。

その後に発生した台風24号です
けれども、上図のとおり、新潟に
暴風域が直撃するという予想が
多い事から、新潟へやってくるのは
確実のようなのです。

もう台風21号で散々な目に遭った
というのに、またそれと同じくらいの
台風が新潟へやってくる
というのですから、もううんざりですよ。

対策は?

もうやってくる事が確実視
されている台風24号が来た
際の対策はどうなのか。

一応ニュースサイトや気象庁などでは、
台風24号の速度は遅いため、
長期にわたって被害を与えてくると
されており、食糧を備蓄しておく
などの対策を取っておくべき
発表しております。

が、やるべき対策はこれだけ
ではありません。

台風21号がやって来た時、
車道が暴風に吹かれて、
走る車がぐらんぐらんと揺れ、
電車に至っては完全にストップ。

帰宅難民が多数出て、電車で
通っている人たちが家族の車に
よる送り迎えを受ける事となってしまいました。

その時の事から考えるに、
台風24号が来た時にも同じような
事が起こる事が予想されます。

それに備えてやるべきことは、
車で通学通勤している人、
電車で通学通勤している人たちは、
台風が新潟へ来そうなタイミングを
見計らって有給休暇を取り、
自宅で待機する事。

もしくは当日、会社や上司が
何を言おうとも、台風24号の
暴風が来る前に自宅に帰る事です。

台風24号が来た時、
外に出る事は非常に危険な行為
となり、車を運転する事さえも
非常に危険となります。

電車で通学通勤している場合、
家族の送り迎えをしてもらおうと
思っても、その家族が車に
乗らなければならないので、
結局危険です。

そのため、台風24号への一番の対策は、

  • 来そうなその日には通学通勤を含めて外出しない。
  • 帰れない場合はホテルに泊まる。
  • ホテルに泊まれない場合はもう会社で寝泊まりする。
  • あらかじめ食料や飲料を備蓄しておく。
  • 植木鉢など外に出しているものは全て家屋に仕舞い込んでおく。

です。

当日はものすごい暴風が
吹き荒れる事が予想されるので、
それを見越して、出来る限りの
対策をしておきましょう。

当日は危険極まりない気象状態
となるので、絶対に外出しないで
ください。
通学だろうと通勤だろうとです。

最後に。

今年で平成は終わりますが、
その最後を飾らんと言わんばかりに
台風や地震が起こるという、
よくわからない事態に襲われて
いるのがこの日本列島。

台風24号の進路はまだよく
わかってないものの、日本列島を
横断する可能性が高いとのことですから、
今のうちから出来る限りの準備と
防災対策をやっておきましょう。

特に通学通勤関連。

スポンサーリンク