山形の紅葉の見頃の2018はいつ?スポットや観光地を調べてみた!

スポンサーリンク

 

 

もうすぐ秋です!秋は行楽にぴったりなシーズンですよね。

今年の秋は、紅葉を中心とした観光地を巡ってみてはどうでしょうか?

そこで家族で楽しめる紅葉と、観光が楽しめるスポットを紹介します!

 

天元台高原、高原ロープウェイで空中散歩はいかが?

画像元・https://www.fmniigata.com/user/present/doc_id/43681/prog_id/1/

天元台高原は、白布温泉と西後妻山腹を
ロープウェイで結ばれた高原です。

天元台からはリフトを乗り継ぎ、
北望台へ行くことができます。

 

◯紅葉の見頃は標高によって変わる?何度でも行きたくなるかも!

 

天元台高原の紅葉の見頃は標高によって変わります。

山頂付近では9月中旬、
リフト付近では9月下旬、
ロープウェイ付近では10月上旬…

といった具合に、
お出かけの都合に合わせて紅葉狩りを楽しむこともできるのです。

 

◯気になる!ロープウェイのスタートからゴールまでの道のりは?

 

まずは湯沢駅からスタート!

湯沢駅は標高920メートル、
無料駐車場や山草、野菜などの販売も
行われています。

そこからロープウェイで標高1350メートルの
天元台高原駅に行きます。

天元台高原駅ではトレッキングシューズや
レインウェアの貸し出しなどを行なっており、とても便利。
名物ソフトクリームの販売もありとても人気のようです!

 

そしてお次はアルプ天元台。
こちらはいろいろなお店があり、
行きも帰りも立ち寄りたいスポットです。

 

そこからしらかばリフトへ。6分ほどで
標高1450メートルの中後妻展望へ到着します。

 

その後しゃくなげリフトに乗り継ぎ、
標高1590メートルのつがもりリフトへ。

そして標高1820メートルの北望台へゴールです!
これだけの標高差があると、紅葉が楽しめる時期も
長いのも頷けますね。

 

◯ロープウェイだけじゃない!ほかの遊び方もあります!

 

リフトやロープウェイの料金は大人、小学生の
世代区分の他に、リフトの1基地片道から
ロープウェイとリフト往復料金まで細かく設定されています。

なので北望台まで行きたい人だけでなく、
リフトの途中で下車しハイキングや
トレッキングを楽しむことができるのです。

パトロール隊も巡回しているので、初心者や子供連れでも安心ですね。

 

※山形県米沢市白布温泉天元台

問い合わせ先

株式会社天元台

山形県米沢市大字李山12.118番地の6

0238-55-2236

料金、イベントなど詳しい情報は公式サイトをご覧ください。

 

スポンサーリンク

山寺立石寺は心身ともにリフレッシュできるパワースポット!

紅葉に染まる山寺・立石寺

みなさんは松尾芭蕉の「閑けさや、岩にしみいる蝉の声」という句をご存知ですか?

これは立石寺のある、この地方のことを詠んだ句として有名です。

さらに立石寺は山形県1位の紅葉スポットとしても人気で、
数多くの人が訪れる観光地でもあるのです。

 

◯立石寺の紅葉の見頃は?1050段の階段登りに挑戦!

 

立石寺の紅葉の見頃は10月下旬から11月上旬です。
期間中はライトアップもあり幻想的な風景が広がるとのこと。

木種はサクラ、カエデ、ブナ、イチョウなど種類が多く、
色鮮やかな紅葉が楽しめそうですね。

 

交通アクセスはJR仙山線を利用する方法が、おススメです。

山寺駅から徒歩7分の近さですし、
駅を降りてすぐ紅葉を眺めることができます。

 

立石寺入り口で入観料を払い入山すると、

早速約1050段の階段が始まります。

 

階段1050段と聞くと、少し気が引けますが
秋景色を眺めながら、秋の香りを感じながら…
といった道中は大変な苦労だけではないですよね。

 

五大堂まで到着すると、これまでの疲れが
吹き飛ぶほどの絶景を鑑賞することができます。

色とりどりの紅葉は、心身ともに癒してくれることに違いありません。

 

実は立石寺は紅葉シーズンだけでなく、
春夏も見事な緑の景色を楽しむことができます。

秋色とは違う表情を見せてくれるのは、
山寺ならではですよね。

 

※山寺立石寺

山形県山形市山寺4456-1

問い合わせ先…山寺観光案内所

023-695-2816

有料駐車場(1000台)あり

詳しい情報は公式サイトをご覧ください。

 

最後に

山形県の中でも長い期間、紅葉が楽しめる観光スポットを紹介しましたが、いかかでしたか?

秋の澄んだ空気の中、さわやかな時間を身体中でエンジョイしてくださいね。

 

スポンサーリンク