君島零(EIGHT OF TRIANGLE)の死因の病気は癌?彼女やプロフィールをチェックしてみた

この記事は3分で読めます

 

どうもこんにちは。

あまりに突然なお話ですが、
東映に所属する男性バーチャル
アイドルユニットである、
EIGHT OF TRIANGLE」の
ボーカル担当Rayこと君島零さんが
わずか24歳の若さで亡くなった
という話が舞い込んできました

 

唐突すぎて訳が分からない
という人も多いでしょうし、
何より24歳という年齢でこの世を
去られてしまったという事に
悲しんでいる方も多いでしょう。

 

君島さんが何ゆえに亡くなったのか。
今回はそれについて書いていこうと思います。

 

君島零、逝去。

名前:君島零
読み:きみしま れい
誕生日:10月12日
星座:天秤座
年齢:24歳
身長:173cm
体重:60kg
血液型:O型

公式サイトより引用

君島さんが亡くなったという話を
届けてきたのは君島さんの所属する
事務所なのですけれども、それについて
情報をまとめてくれたのはナリナリドットコム。
そこでは以下のように報じられておりました。

東映に所属する男性バーチャルアイドルユニット「EIGHT OF TRIANGLE」のボーカル・Ray(君島零)が、6月15日に亡くなったことがわかった。事務所が発表した。

発表では「2017年9月、喉の不調により活動を休止させていただいてから、ファンの皆様・関係各位に十分なご報告ができぬまま今日に至ったこと、ここに心よりお詫び申し上げます。また生前に賜りました励ましのご声援に対し、あらためてメンバー・スタッフ一同深謝するとともに、謹んで皆様にお知らせいたします。なお、誠に勝手ではございますが、供物、供花、弔電などはご遠慮させていただきますこと、あわせてご了承くださいますようお願い申し上げます」と報告している。

「EIGHT OF TRIANGLE」は2015年にデビューしたバーチャルアイドルユニットで、RayとKazuto(遠藤和斗)で結成。Rayが喉の不調で活動休止となってからは、Neon(荒賀新音)がサポートとして加入していた。

また、KazutoはTwitterで6月14日、「Rayの体調が良くないようでお見舞いに来ました。 歌詞でも書きすぎて疲れちゃったのかな、無理すんなって注意しておきますね」とツイート。さらに、15日には「言うべきかどうか迷ったんですけど、Rayの体調が想像以上に良くない方へ向かっているみたいです。俺は今病院に向かってます」と続け、その後、「お願いがあります。RayのLINE アカウントにメッセージや励ましの声を送ってください。Rayを少しでも勇気づけることが出来ればと思っています。 ray_ki34ma お願いします。お願いします」と呼び掛けていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14873351/より引用

僅か24歳という若さでこの世を
去る事となった君島さんですが、
これによりますと、君島さんは
去年より喉の不調を訴えていた
らしく、それによって活動を休止
していた模様です。

 

バンドのボーカルを休止しなければ
ならないほどですから、かなりの
不調であったというのはわかりますが、
それが命に係わるほどのものだったとは
誰も予想できませんでした。

 

三人で組んでいたバンドであるのが
EIGHT OF TRIANGLEですけれども、
突然仲間の一人を失う事となった
のですから、遺されたお二人の心情を
想像するのは、とても容易く、悲痛です。

 

 

その死因とは?

しかし、上の話には問題があります。
それは、君島さんの死因が書かれて
いないという点です。

 

既に書いてある通り、君島さんは
去年から喉の不調を訴えて活動を
休止しておりました

この喉の不調のことが分かるなり、
君島さんは事務所の方に病名は伏せるように
言ったらしく、君島さんが亡くなった
今でも公式サイトでもニュースサイトでも、
君島さんの死因は語っておらず、
君島さんの死因は不明となっております。

 

しかし、喉の不調が戻らないまま
亡くなったというのが君島さんですから、
その死因はかつてシャ乱Qという
グループを組んでいたつんくさんと同じ
喉頭がんであると思われます。

 

つんくさんは声帯を全摘する事で
命を繋ぐ事が出来ました。
けれども、君島さんはつんくさんよりも
はるかに若いものですから、癌の進行も
早かったはずです。

患者が若ければ若いほど、癌は早く
患者を蝕むという話ですから。

 

その結果、治療も間に合わずに
亡くなってしまったのでしょう。
筆者としてはそうとしか考えられません。

 

彼女はいたのか?

君島さんの情報はほとんどなく、
出身地から家族の情報までネットで
公開されている事はありませんでした。
なので、彼女さんの有無も不明なのですが、
もし彼女さんがいたならば、自分の
命が危うい事を、告げていたのかも
しれませんね。

その結果がこれなのですから、
本当に悲しい限りです。

何もこんなに早く命を終えなくたって
よかったじゃないですか。

 

最後に。

実のところ、君島さんと筆者は近しい
年齢でありまして、他人事とは思えない
部分もあるのです。

若人であろうと癌で亡くなる可能性は
充分にある
君島さんは自身の命と引き換えに
それを教えてくれたというのでしょうか。

いずれにしても、若い人といえど
がん検診は怠らない方がいいでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー