ゆるブラック企業の特徴や見分け方は?調べ方や判断基準をチェックしてみた

スポンサーリンク

ゆるブラック企業をご存知でしょうか。
ブラック企業は、ニュースなどでも
取り上げられ知っている方が多いと思います。

 

そんな中 「ゆるブラック企業」と言う概念が
注目され、ゆるブラック企業の問題が取り上げられています。

 

そこで、このゆるブラック企業とは
どんなものか、その特徴はまた
見分け方などまとめてみました。

 

ゆるブラック企業とは

ゆるブラック企業とは、どんなものなんでしょうか。
長時間無休の残業をさしたりする「ブラック企業」は、
最近ニュースなどで取り上げられ知ってる方も多いでしょう。

ゆるブラック企業とは、あるTwitterで、提唱され、話題になっています。

そのTwitterによると、
ゆるブラック企業とは、
何年も勤めても月給が20万円強で、
キャリアアップなし、
他社で使えるスキルも身につかない、
サービス残業はあるのですがしんどくなく、
そのために離職率も意外に少ない企業のこと
を言うそうです。

確かに「ゆるい」ので、ガチガチの
ブラック企業とは違いますね。

 

スポンサーリンク

ゆるブラック企業の特徴は?

ゆるブラック企業の特徴はどんなものが
あるのでしょうか。

まずは、給料が高くなく、アップせず、
何年も同じままだということです。

次に、業務へのプレッシャーやノルマ等が
少なく、ダラダラできたり自分のペースで
できたりする反面、キャリアアップが望めず、
スキルも身に付きません

 

ある程度サービス残業があるのですが、ダラダラ
できたりしますので、それほどくにならず、
社員の不満も高くありません。

 

したがって、社員の離職率も比較的
高くない特徴があります。

 

努力や残業してまでキャリアアップを望まない
人にとっては、ゆるブラック企業は特に問題が
あるとは考えられません。

 

一方で、キャリアアップやスキルを身につけたい人が、
このゆるブラック企業に入社して、居心地が
良い事に慣れてしまいキャリアアップを
望まなくなったり、努力しても
キャリアアップや給料が上がらないのは、
大きな問題といえます。

 

やる気に満ちた人が就職するなら、
このゆるブラック企業は避けるべきでしょう。

 

 

見分け方や判断基準は何か

ゆるブラック企業の見分け方や調べ方、
また判断基準はどうなのでしょうか。

 

実は、難しいのです。ブラック企業なら
離職率が高くなり、不平不満が多く
出てきているので、比較的わかりやすく
調べやすいです。

 

しかし、ゆるブラック企業は、社員の離職率は
それほど高くなく、ある程度社員も満足している
ので、不平不満も少なく、ゆるブラック企業
であることを見分けることが困難になります。

 

しかし、改めてゆるブラック企業の特徴を
考えてみると、見分け方、判断基準が
何となく見えてきます。

 

ゆるブラック企業かの調べ方として、社員の
平均年齢を確認して高いかどうかが
判断基準になります。

 

次に、社員の平均給料を確認した際に、
その平均年齢も確認します
例えば、平均月給25万円の会社でも、
その給料事の年齢が30歳と40歳の会社では、
当然、40歳の会社の方がゆるブラック企業の
可能性が高くなり、判断基準となります

 

就職や転職する際は、複数の会社を
調べると思いますので、これらを比較してみると、
判断基準になります。
また、資格取得制度などがあるかもポイントとなります。

 

そして、会社のアピールポイントが、
居心地が良いなどがメインとなると、
気をつけたほうがいいかもしれません。

 

ゆるブラック企業かどうかを判断するには、
少し調べ方を工夫しないといけないです。

 

最後に

ゆるブラック企業とは、ある程度の低賃金のまま、
給料も上がらず、スキルや能力も身に付きません。

一方で、仕事がそれほどきつくないので
離職率が低いのも特徴です。

現在の仕事で満足している高齢者などなら
ともかく、やる気に満ちた社会人にとって、
ゆるブラック企業への就職は避けるべきです。

ゆるブラック企業の判断基準は、
社員の平均給料と平均年齢を見比べる、
資格所得制度があるかなど、少し調べ方に
工夫が必要です。

スポンサーリンク