山下弘子の死因のがんは何?病気や結婚した夫の名前について調べてみた

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク

どうもこんにちは。

 

あまりに突然ですけれども、
がん患者としてアフラックのCMに
出演していたことで有名であった
山下弘子さんが亡くなったというのが、
山下弘子さん本人のブログと旦那さんに
よって判明いたしました。

 

この報道で山下弘子さんを初めて
知ったという人も多いでしょうし、
そもそも山下弘子さんが何がんで
亡くなる事となってしまったのか、
気になっているという人も多いでしょう。

 

そこで今回は、このことについて、
わかっている範囲で書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

山下弘子、天国へ

画像元・https://www.huffingtonpost.jp/2018/03/24/yamashita-hiroko_a_23394548/

山下弘子さんという人物がそもそも
どういったものであったという事を
知っているという人はあまり少ない
でしょう。

現に筆者も今回の報道でその名前を
思い出したくらいですからね。

 

山下弘子さんははっきり言えば
芸能人でも何でもない、一般人です。
テレビに出演することもなければ
報道されることもない、我々と同じ
一般人の方でありました。

 

しかし、そんな山下弘子さんに、
一般人とは一線を臥す出来事が
起きていました。

 

山下さんは1992年生まれ。大学1年生だった19歳のときに巨大な肝臓がんが見つかり、「余命半年」を宣告された。摘出手術の後も、再発と転移をくり返し、幾度も手術と抗がん剤治療を受け、新しい治療法にもトライしていた。

2014年には、闘病生活を送りながらも全力で生きる姿を描いた著書『雨上がりに咲く向日葵のように』を宝島社から出版した。2016年には生命保険会社「アフラック」のがん保険CMにも出演するなど、幅広く活動。2017年8月には兵庫県議の前田朋己さんと結婚した。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/03/24/yamashita-hiroko_a_23394548/より引用

 

これを読んでいただければわかると
思いますが、山下さんはたった
19歳の時に肝臓がんになり、闘病を
続けていたのです。

 

大学生活真っただ中、人生これから
これからというところでの
出来事だったものですから、本人も
これ以上ないくらいのショックであった
とおっしゃっておりました。

 

そして2016年の時にアフラックのCMに
出演する事もなり、そこでさらに注目を
浴びるようになったという、複雑な経緯を
たどっておられました。

 

その経緯から、まるでライトノベルや漫画の
登場人物のストーリーのように感じられる
という方もいるかもですけれど、
山下さんは現実の人物です。

 

スポンサーリンク

 

その死因とは。

 

しかし、そんな山下さんは闘病生活を
19歳の時から続けておりましたが、
25歳になった2018年に亡くなる事と
なりました。

 

25歳というあまりに早すぎる逝去に
いたるところで悲しみの声が上がっており、
実際問題年の近い筆者も悲しくて
仕方がありません。

 

そこで気になってくるのが、
山下さんの死因ですけれども、
どのメディアも正確には伝えて
おらず、現時点では不明なのですが、
HUFFPOSTではこのような報道がありました↓

 

夫の前田さんの報告によると、山下さんは2月末に救急車で入院し、3日連続の緊急手術を受けたという。前田さんは「それからの約3週間はひろは眠ったままのため、意思疎通はできませんでした」とした上で「苦しい思いをさせることもなく、また、ゆっくりとお別れの時間を取ることができました」と振り返っている。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/03/24/yamashita-hiroko_a_23394548/より引用

 

そもそも山下さんが患っていたのは
肝臓がんであり、それは19歳の時点で
肺などにも転移していたとあります。

 

がんというものは年齢が若ければ若いほど、
身体中どこまでも転移
していくという厄介な
性質があるため、
山下さんのがんが至る所へ

転移してしまっており、それが山下さんの
命を奪った
のではないかと、筆者は予想します。

 

 

夫は誰なのか。

1980年4月30日生、B型、188センチ
学歴
浜御影保育所、御影小・中学校、葺合高校、立命館大学を卒業。
家族
両親は石屋川で食堂だるまを営み、妹は神戸の信金に勤務。
職歴
SBIなど大手投資ファンド 2社で企業投資・経営指導・M&Aを行い、民間の経営ノウハウを学ぶ。
2010年公募で立候補し、兵庫県議会議員に当選。
2013年 マニフェスト大賞で優秀政策提言賞を受賞。
好きな言葉
動機善なりや、私心なかりしか
趣味
海外旅行(50か国以上)、格闘技(総合・キックボクシング)

http://www.tommaeda.com/より引用

そんな山下さんの喪主となった
山下さんの夫ですけれども、
この人の名前は前田朋己さん。

 

前田さんは兵庫県議会議員
として活躍している方であり、
その傍らで山下さんを支えて
おられる方でしたし、
山下さんのブログの執筆者
でもありました。

 

そんな山下さんの夫であった
前田さんも自身のブログにて、
山下さんとのご結婚の事を
しかと書かれております。

といっても、既に結婚式から2ヶ月は経過してしまいました。

ようやく落ち着いてきたので、結婚式の模様をご報告!

 

お相手は一回り年下の山下弘子さんです。

https://ameblo.jp/tommaeda/entry-12303208515.htmlより引用

これによりますと、前田さんと山下さんの
ご結婚は2017年の6月くらいだったようで、
ごく最近であったことは確かだったようです。

まだお若い方なのだというのに、
そしてこれから一緒に幸せになって
いくはずであった奥様を亡くされた
のですから、その悲しみは想像するに
難しくはありません。

 

こんな話は漫画やアニメの中だけで
あってほしかったと思うくらいですよ。

 

 

最後に。

がんはあたかも高年齢者にのみ
見られる病気のように思われがち
ですけれども、19歳だろうが
25歳だろうが発症する病気です

 

山下さんの冥福を祈ると同時に、
山下さんのように若い人がこれ以上
がんで亡くなる事がない事を、
祈りたいところです。

 

それでは、最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー