山本誠(バディサウンドワークスの店長)の経歴や逮捕は?返金や返品は

この記事は5分で読めます

どうもこんにちは。

早速ですけれども、バディサウンドワークスなる
楽器店が、客の楽器を預かったまま閉店し、
店長がどこかへ逃げてしまったなどという
話が出て来ておりますね。

筆者はヒルナンデスが始まる前の
ニュース番組で知ったのですが、
実際にその近くにお住いの方、
本当に筆者のようにこの店の
存在を知った方は、一体何が
起きたのか気になっているはずですし、
このバディサウンドワークスの
店長がどのような人物なのかも
気になっておられるはず。

そこで今回は、この
バディサウンドワークスが
起こした事件、そして
バディサウンドワークスの
店長が誰なのかなども、
わかる限り書いていこうと
思います。

 

バディサウンドワークスが夜逃げ?


問題というか最早事件を起こしたのは、
バディサウンドワークスという
楽器店。

 

その事件の内容については、
筆者が見た日テレのニュースが
詳しく報じております↓

東京・杉並区の楽器店で、1本80万円のビンテージのベースなど、修理などのために客が預けた楽器が返されず、トラブルになっていることがわかった。

トラブルが起きているのは杉並区の楽器店「バディサウンドワークス」。4年前、店長から「オリジナルモデルを作る参考にしたい」と頼まれ、およそ80万円のビンテージのベースを貸し出した男性には今もベースが返却されていないという。

(4年前に楽器を預けた)野間口浩さん「一番、思い入れのあるベースですね。採寸をするということで『1~2週間くらいで終わるから』という話で貸したんですけど」

店長には、メールなどで何度も返却を求めたが、「親戚に不幸があった」「携帯の調子が悪い」などと先延ばしにされたという。

店は去年9月ごろに、突如、閉店し、現在は店長の携帯電話もつながらない状態。この店に修理などで預けた楽器が返ってこないトラブルは他にも10件以上起きていて、警視庁にも複数の被害相談が寄せられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180212-00000007-nnn-sociより引用

この内容によりますと、どうやら
このバディサウンドワークスに
楽器を預けたらそのまま持ち逃げ
されてしまったという、
はれのひの事件を思わせるような
事件ですね。

最近はこのような事が続いている
ような気がしますし、それに続く
ような形でその行為が判明した
バディサウンドワークスという
お店ですけれども、
その所在地は以下のようになって
おりますね↓

 

このお店は何度も言っているように
楽器を取り扱うお店でありますが、
あまり大きなお店というわけではなく、
小ぢんまりとしたお店だったようです。
なので、今回の事件で初めて、
この話を知ったという人も多いでしょうな。

が、それでも立派なサイトは構えていた
ようでありまして、そのサイトの
アバウトの部分に以下のようにお店を
紹介しております↓

はじめまして、代表の山本 誠です。

『バディサウンドワークス』は、ギター・ベース・関連機材を主に
カスタムパーツやヴィンテージパーツなど様々なサウンドメイクに
お応えするアイテムを揃えております。

楽器を始めてみたいなと心描く初心者の楽器選びのご相談から
楽器マニアが垂涎するヴィンテージ楽器やハイエンド楽器
プロミュージシャンご用達の楽器まで幅広く対応できる
スタッフが対応させて頂きます。

店内にリペア工房を完備し、ご購入後のアフターケアや弾き心地の調整
更には楽器の改造まで幅広く対応させて頂いております。

理想とする“町の楽器屋”バディサウンドワークスとは、

「笑顔と楽器の音が絶えない楽器屋」
「宝探し感覚で楽器やパーツを探せる楽器屋」
「音楽人の拘りポイントにお応えできる楽器屋」
「音楽人の愛着ある楽器をベストケアする楽器屋」
「楽器の病気(不具合)や怪我(故障)を親身に治療できる楽器屋」

『好きな音・使える音・楽しむ音など楽器の表現力を追求し
感動するサウンドが手に入る楽器屋』

全ての音楽人が、遊び楽しめる「理想の町の楽器屋」を目指しております。
ご愛顧いただけますよう宜しくお願いいたします。

http://www.buddy-sw.com/about.htmlより引用

文面だけ見ると、かなり誠実な対応をして
くれるお店という感じなのですが、
既にニュースで報じているように、
四年ほど前からお客さんから楽器を
預かっては返さない、対応しない
等という奇妙な行為を繰り返し、
最終的に勝手に閉店するという
暴挙に及んだようです。

そしてこのバディサウンドワークスの
お店のサイトには、以下の文だけが
残されています↓

【修理業務に関してお知らせ及びお詫び】
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
店舗および作業を担当しております店長が
療養のため数日休んでおります。
修理及びメンテナンスの納期遅れが多々増えてしまい
ご依頼頂きましたお客様にご不便・ご迷惑をお掛けしておりますこと
深くお詫び申し上げます。
メールでの修理・お問い合わせへのご返答は
復帰次第折り返しご連絡させていただきますので
何卒宜しくお願い申し上げます。

■電話回線が復旧するまでの間
大変ご不便おかけいたしますがお問合せなどは
info@buddy-sw.com
までご連絡頂ければ幸いでございます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

※工房準備の関係で暫くの間、営業時間を
13:00~19:00 毎週水曜・木曜を定休日
とさせていただきます。

仮店舗住所
〒166-0002
東京都杉並区高円寺北2丁目35-11 1F
株式会社バディ
BuddySoundWorks 代表 山本 誠

http://www.buddy-sw.com/index.htmlより引用

はれのひといい、てるみくらぶと
いい、お客さんから物を借りて
おきながら返さない、お金も支払わない、
挙句の果てに夜逃げする
なんていうのは窃盗罪、詐欺罪等の
立派な犯罪であり、決して
許されるような事ではありません。

上述しているバディサウンドワークスの
文面ですが、今回の事件によって、
これが全て嘘だったというのが
判明しました。

 

 

山本誠はどこへ?

画像元・http://www.buddy-sw.com/about.html

そして問題を起こした張本人である
バディサウンドワークスの店長ですが、
その人は山本誠さんという方です。

今となっては山本容疑者になりかねない
この山本誠さんですけれども、
この時まで名前が出る事も無い、
ただの一般人の方でした。

そのため、この山本誠さんについては
一切合財詳細な情報が存在せず、
年齢から結婚、経歴なども不明なのですが、
一応フェイスブックの方で、
以下のような情報を見つける事自体は
出来ました↓

  • 株式会社バディ
    代表取締役 · 2009年7月17日から現在 · 東京都 杉並区
     

    BUDDY MUSICAL COMMUNITY
    2012年1月から現在
    【Buddy Musical Community】バディミュージカルコミュニティは、現役プロミュージシャンが講師のマンツーマンレッスンに特化した音楽塾です。

     
    UMBRELLA online store
    2011年10月15日から現在
    HIZUMI氏 (ex.D’espairsRay) Official Brand

     
    BuddySoundWorks
    2009年1月25日から現在
    音楽人の町 高円寺の『遊べる楽器工房』
     
    BuddySoundWorks
    代表 · 2009年1月26日から現在 · 東京都 杉並区
    音楽人の町 高円寺の楽器工房
     
    Schecter Guitar Research JPN
    営業部次長 · 2007年4月30日〜2009年3月30日
     
    ESP Guitars JP
    第二営業部次長 · 1990年3月〜2007年4月25日 · 東京都 千代田区
    東京地区小売部門統括エリアマネージャー
    兼務
    BigBoss東京店店長
    OldGuitarGarage店長

 

これを見る限りでは、本当に様々な
職や会社を渡り歩いたりしている
ような感じで、幅広く活躍している
人のようにも思えますね。

……ですが、事件の報道を見る限りでは、
既に四年前から今回の事件と同様の
事をやっていたようでありまして、
山本誠さんが運営していたであろう
フェイスブックでも、誠実な対応を
してくださったなどの声がある反面、
売上金が未だに来ていないだとか、
楽器が返ってこないだとか、
そう言った声が見受けられます。

この事から考えるに、山本誠さんは、
最初から計画倒産をするつもりで
楽器やお金を寄せ集め、ついに
それを実行したという、まさしく
はれのひの時と同様の事をやった
というのが実体のようです。

上記の引用には山本誠さんが
療養中とか書いてありますけど、
四年も前から似たような事が
この店で相次いでいたというのです
から、これは嘘だと思った方が
いいでしょうね。

 

そして今回バディサウンドワークスに
楽器を預けたがいいが帰ってこない
という被害に遭われた方は、
今警察が動いているとの事なので、
もうしばらく待ってみるしか
ないのかもしれません。

 

けれど、それでもはれのひの時は
返金や返品がありましたから、
最後まであきらめずに
待ってみましょう。

対応が無いわけがない、です。

 

 

最後に。

はれのひの時でもお分かり頂けた
とは思うのですけれども、計画倒産は
多大どころでは済まされないほどの
被害を出す立派な犯罪です。

しかも今回はかなり悪質なケースが
沢山あったみたいですから、
山本誠さんが許される事はないでしょうね。

資金やらなんやら、如何なる理由があったのかは
定かではありませんが、自分のやった事を
ちゃんと見つめて欲しいところです。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー