わさおの飼い主(菊谷さん)の死因の病気は何?現在はどうなのか

スポンサーリンク

 

どうもこんにちは。

早速ですけれども、本日19時から放送の
天才志村どうぶつ園にて、わさおの
飼い主である菊谷さんが亡くなって
いて、わさおが現在どうしているかを
取り上げるという事になっていますね。

わさおと共に番組にもたくさん登場し、
わさおの飼い主として名を馳せて
行った菊谷さんが亡くなっていたと
いう話を番組で初めて知ったと言う
人も沢山いると思いますし、
菊谷さんの死因が何であったかなど
気になっている人も沢山いらっしゃる
事でしょう。

そこで今回は、わさおの飼い主で
あった菊谷さんの死因が何であったのかや、
わさおの現在などを書いていこうと
思います。

 

わさおの飼い主菊谷さん、逝去。

画像元・http://realaomori.toonippo.co.jp/12117/

2008年ごろにブサかわ犬として登場し、
それ以降青森の名物のようになって
全国に名を轟かせていくようになった
秋田犬のわさお。

本来はレオという名前であったそのわさおの
飼い主は菊谷節子さんと言う方であり、
青森県の鰺ヶ沢町の一角でイカ焼き
屋さんを営んでおりました。

元は本当にただのイカ焼き屋さんだった
のですけれども、わさおの人気が出るなり、
全国各地から菊谷さんの店を訪れる人が
一気に増加し、菊谷さん自身も有名人に
なりました。

その事もあってか、天才志村どうぶつ園で
わさおと菊谷さんを取り上げる事も多く、
菊谷さんの元に園長こと志村けんさんも
数多く訪れ、菊谷さん自身もわさお同様に
有名人となりました。

しかし、その菊谷さんは2017年11月30日未明、
突如としてこの世を去る事となりました

それについてはだいぶ前に報じられているの
ですけれども、きっとこの番組で初めて
その話を知ったと言う人も中には居らっしゃる
事でしょう。

現地ではかなり大きく報道されたようで、
寧ろ今回でようやく取り上げる志村どうぶつ園
こそが遅いような感じです。

 

 

スポンサーリンク

その死因とは。

わさおとお嫁さんのつばきちゃんを置いて
天国へ向かって行ってしまった菊谷さん。
その死因についてはあまり多くのメディアで
報じられておらず、中々知る事が出来ない
状態にありましたが、調べてみたところ、
間質性肺炎という病気である事が判明しました。

それについては、日本呼吸器学会という
専門の場所で説明がなされています↓

 肺は肺胞というブドウの房状の小さな袋がたくさん集まってできています。間質性肺炎は、肺胞の壁に炎症や損傷が起こり、壁が厚く硬くなるため(線維化)、酸素を取り込みにくくなる病気です。間質性肺炎の原因は様々ですが、原因不明のものを特発性間質性肺炎(IIPs)と総称します。IIPsは主要な6つの病型、稀な2つの病型および分類不能型に分類されます。

http://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=20より引用

番組を見ている方ならば、もしくは
現地に暮らしていて、実際に菊谷さんに
会った事があるという方ならば
見ているはずです。
菊谷さんの鼻に管が通っているのを。

あれはこの間質性肺炎の治療によるもの
だったようで、この病気の進行こそが
菊谷さんの死因に至ったものだった
ようです。

現に間質性肺炎の治療方法には、
以下のような供述があります↓

 病状がある程度進行したIPFでは、抗線維化薬(ピルフェニドン、ニンテダニブ)により病気の進行を緩やかにできる場合がありますが、効果には個人差があります。その他の病型のIIPsでは、多くの場合ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)や免疫抑制剤が適応となります。病気が進行すると呼吸不全となり酸素吸入が必要になることもあります。

http://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=20より引用

菊谷さんは以前より入退院を繰り返して
いたとありましたが、それもこれによる
ものだったという事です。

その時わさおは菊谷さん不在のストレスに
よって毛が抜け落ち、なんとも言えぬ
悲惨な姿になった事もありましたが、
それが永遠のものとなってしまった
というのが、今回の話です。

菊谷さんが亡くなったのは73歳の時。
せめて80歳まで生きて、わさおの
子供達の顔を見てもらいたかった
と思いますね……。

 

最後に。

一応わさおはつばきちゃんと
仲良く暮らしており、以前のような
毛の抜け落ちなどは確認されて
おらず、
「いつか菊谷さんは帰って来てくれる」
と思っているようにも見えるそうです。

それが叶わない願いであるという事に
本人が気づく事になるのか、それとも
その悲しみを乗り越えられるのか。

何にせよ、わさおの事はこれまで以上に
大事にしたいところですね。

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク