kalafina(カラフィナ)の活動再開はいつ?2018年のライブやイベントは?

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

 

ほいどうもおはようございます。

早速ですけれども、アニメへの楽曲提供で
有名な作曲家である梶浦由記さんが独立し、
尚且つ梶浦さんがプロデュースした音楽
ユニットであるkalafina(カラフィナ)も
活動を休止してしまうなんていう話が
出て来ておりますね。

梶浦さん自身は超大物であり、知名度も
すさまじいものですから、別に独立しても
やっていけるでしょうから問題ないでしょうが、
kalafinaまで活動休止とあってしまっては、
kalafinaのファンの皆様は気になって
仕方が無いはず。

そこで今回は、kalafinaが今後どうなるのか、
活動再開がいつになるのかなどを、予想
しておこうと思います。

 

kalafina、活動休止。

画像元・http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/12/23/gazo/20171222s00041000363000p.html

 

kalafinaという音楽ユニットについてですが、
簡単に説明いたしますと、前述した
梶浦由記さんがプロデュースした音楽
ユニットでありまして、Wakanaさん、
Keikoさん、Hikaruさんの3名がメンバー
となっています。

そしてこのkalafinaはアニメに
楽曲を提供する事を基本にしており、
これまで魔法少女まどか☆マギカ
空の境界アスラーン戦記などの
大人気アニメにも楽曲を提供して
いたります。

なので、アニメファンの方々の中では
知らないという人の方が珍しいくらいでしょう。

けれど、今回そんなkalafinaに
大きな問題が起こりまして、
その話はスポニチが報じています↓

 アニメ界でカリスマ的人気を誇る音楽コンポーザーの梶浦由記氏=年齢非公表=が来年2月に芸能事務所「スペースクラフト」を退社することが22日分かった。女性幹部との確執などが原因とみられる。梶浦氏がプロデュースした音楽ユニット「Kalafina(カラフィナ)」も来年1月の公演以降のスケジュールがほぼ白紙状態。20億円以上を稼ぎ出すとみられる2組が「離脱」と「活動休止」となれば事務所にも甚大な影響を及ぼすことになる。

 年末にかけてローラ(27)や西内まりや(23)ら有名タレントと所属事務所とのトラブルが相次ぐ中、芸能界が新たな収益先として注目するアニメ界を揺るがす独立劇が起きた。

 梶浦氏は「魔法少女まどか☆マギカ」などの人気アニメを中心に活躍する劇伴奏の第一人者。NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」などの音楽も担当しており、ここ数年で手掛けたCDの総売り上げは200万枚を超える。複数の関係者によると、来年2月に退社し、今後はフリーで活動するとみられる。楽曲に関する権利については弁護士を通じて事務所側と話し合いを続けているという。

 音楽関係者によると、昨年9月に開催したカラフィナの武道館公演までは梶浦氏を育てた音楽プロデューサーA氏が現場を担当していたが、女性幹部に交代。音楽の方向性の違いなどで、梶浦氏と女性幹部の間でトラブルになっていたという。今年6月にA氏が事務所を退社したこともあり、音楽スタッフの1人は「梶浦さんは女性幹部との折り合いがよくなかった上に、芸能界に引っ張ってくれた恩人がいなくなったことで退社を決意したようです」と話した。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/12/23/kiji/20171222s00041000445000c.htmlより引用

これによりますと、梶浦さんと
女性幹部の方の仲が良くなく、
喧嘩になって、それが確執にまで
及んだがために、最終的に梶浦さんが
独立する事となってしまったようで、
それに合わせる形でkalafinaも
活動休止となったようです。

このkalafinaはかなり積極的かつ
それなりの頻度でライブなども
行っていたものですから、追いかけて
いるファンの方々も沢山いたでしょうし、
皆様の中にもそのような方もいらっしゃったはず。

そんなkalafinaがこのような事となり、
2018年1月以降は活動休止という宣言まで
された事ですから、ファンの皆様は
さぞかしショックを受けられた事でしょう。

 

スポンサーリンク

活動再開はいつなのか。

しかし、ここで気になってくるのは
kalafinaがいつになったら活動を
再開するのか、ですよね。

これに関して、事務所側は
以下のように報じています↓

 梶浦氏がプロデュースし、NHK「歴史秘話ヒストリア」の主題歌などを歌うカラフィナも来年1月23日の結成10周年を記念した日本武道館公演以降のスケジュールがほとんど白紙状態となっている。春の映画公開や楽曲のリリース予定はあるものの、梶浦氏が離れることから活動休止も検討しているという。事務所側はスポニチ本紙の取材に「そんな事実はありません。ただ3月以降の契約については把握していません」と説明した

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/12/23/kiji/20171222s00041000445000c.htmlより引用

ここを読む限りではkalafinaの
活動休止はあくまで予定であり、
本当に活動を休止するつもりでは
ないようでもあります

しかし、kalafinaは基本的に梶浦さんを
中心にして廻っていたようなもの
ですから、梶浦さんが居なくなって
しまった以上活動する事は不可と
言ってもいいですし、無理に活動
してもいい結果にはならないでしょうから、
やはり活動休止は確実でしょう。

そんなkalafinaが活動を再開
するには、プロデュースした本人である
梶浦由記さん同様にkalafinaの
皆さん全員がスペースクラフトを
脱退し、梶浦由記さんの元に再び
集結するしかないと、筆者は考えます。

何にせよ、梶浦由記さんが
kalafinaを手に入れなければ
どうにもならない、と言えるでしょうね。

 

最後に。

 

最近このような事が相次いでいますが、
アニメ業界にまで及んできていると
あれば楽観視はできません。

 

今後、このような事が出来ればない事を、
祈りたいところですね。

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー