大田昌秀(元沖縄県知事)の死因や病名は何?家族や結婚を調べてみた

スポンサーリンク

どうもこんにちは。

 

突然ですが、元沖縄県知事であった
政治家の大田昌秀さんが亡くなられた
という話が入って来ました。

 

この話はyahooニュースによって伝えられ、
アプリを入れている人ならば、スマホに
突然この知らせが届いてきた事でしょうが、
今回このような事になって、この人について
気になっている事があるという人も多いはず。

 

そこで今回はこの事について、書いていこうと思います。

 

大田昌秀の死因とは

琉球大学法文学部長を務めた事もあれば、
政治家として活動した事もあれば、
沖縄県知事などもやっていた事もある
人物である大田さん。

 

そんな大田さんの逝去を知らせて来たのは、
やはりというべきか、太田さんが主に
活動した場所である沖縄の、
琉球新報の記事でした↓

 鉄血勤皇隊として苛烈な沖縄戦を体験し、沖縄県知事や参院議員などを歴任し、基地問題の解決や平和行政の推進、県経済の発展などに取り組んだ大田昌秀(おおた・まさひで)氏が12日午前11時30分、那覇市内の病院で死去した。92歳。久米島町出身。

 大田氏は1925年生まれ。45年、県師範学校在学中に鉄血勤皇隊に動員され、九死に一生を得た。早稲田大学を卒業後、米国に留学し、後に金門クラブの会員にもなった。68年に琉球大教授に就任し、メディア社会学を専攻し、新聞研究・報道研究などに従事した。1990年に革新統一候補として県知事選に出馬し、現職だった故・西銘順治氏を破り、12年ぶりに県政を革新に奪還した。歴代知事が問われる沖縄の心について「平和を愛する共生の心」と表現したことで知られる。

ここには大田さんのある程度の
経歴なども書いてあるわけなのですが、
一つだけ書いていないものが。

 

それは太田さんの死因です。
大田さんの逝去やその経歴などは
書いてあるのですけれども、大田さんが
どうしてなくなったのかは、書いていない
のです。

 

なので、大田さんの死因は、メディアが
公表するまでは一切不明であるという事
なので、後々追記したいところなのですが、
大田さんはそもそも92歳という、
もう生きている事自体が奇跡的とも
言えるような年齢であり、いつ老衰などで
亡くなったとしてもおかしくはない状態です。

 

そのため、もはや大田さんの死因は病気とか
そう言うものではなくて、純粋に老衰だった
のでは
と思いますね。

 

スポンサーリンク

大田昌秀に家族はいたのか

そして気になるは大田さんが結婚を
なさっていたのかとか、子供がいた
のかとか、孫がいたのかとかいう話
ですけれども、調べてみても大田さんが
元沖縄県知事をやっていただとか、
参議院の議員をやっていただとか、
そういう話ばかりが出てきて、
肝心な結婚の話などを見つける事は
出来ませんでした。

 

しかし、一般的な92歳のご老人だと、
結婚は勿論の事、子供も勿論いて、
孫もいて、曾孫さえいるなんていう人も
多いものですから、もしかしたら大田さん
にも家族が居て、曾孫までいたのかも
しれませんね。

 

大田さんはあまり評判が良く無い方であったという
話もありますが、それでも家族に看取られ
ながら旅立てたならば、幸福だったでしょう。

 

最後に

大田さんが亡くなったという事を
琉球新報が伝えたわけなのですが、
今頃沖縄県は大きな騒ぎとなっているのが
予想できます。

 

沖縄県は問題の多いところですが、
その沖縄県の在り方に関わった大田さんは、
沖縄県からすれば偉大な人物であったのかも、
知れませんね。

 

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク