火球(新潟)の正体や理由とは?流れ星や隕石かを調べてみた

この記事は2分で読めます

新潟の空は至って普通です。新潟の空には異次元に通じる穴とかブラックホールもなければ、

UFOが来る事だってありません。それはどこの空だって同じだと思いますし、新潟には自然科学館が

あるのですが、もしそんな事があろうものならば、そこがえらい事になってしまいます。というか、流星群とか

珍しい気象条件とかが起きたりすると、毎回えらい事になるところなんですけれどね。

が、今回筆者の住むそんな新潟の空に異変が起きたという事でニュースになっておりまして、

恐らく自然科学館もえらい事になっていると思います。そこで今回は、この事について軽く

書いて行こうと思います。

 

新潟の空に緑色の飛行物体!?

bandicam-2016-10-31-22-00-26-300

画像元・http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161031-00000072-nnn-soci

それがこちらです。10月の終わりである10月31日、午前5時40分頃、新潟市の上空を映していた

日本テレビのカメラに、緑色に強く光る物体が通って行く瞬間が映り込みまして、それがネットで公開されて

大きな騒ぎになりました。

 

筆者がこれを知ったのはニュース番組なのですけれど、その時にはついに新潟にUFOが来てしまったのかと

思いましたよ。だって映像は本当に新潟の空を映し出したものでしたし、よく動画サイトとかオカルト番組に

出てくる街の空に動画編集ソフトでエフェクトを付けたものとか、3DCGソフトでレンダリングした映像を組み

合わせたような映像ではないものだとすぐにわかるものでしたからね。

 

緑色の強い光を放つ物体が空を飛んでるなんて言うこんな映像を見たら、誰もがUFOがついに来たと

思ったと思います。しかもこれ、新潟の上空だけでではなく、神奈川県や千葉県、秋田県や岩手県といった

各地で見る事が出来たそうなのですよ。この緑色の光を放つ物体は一体何なのか。

 

火球という。

そして気になってくるのがこの映像に写っている緑色の光を放つ物体の正体ですけれど、これは

UFO・宇宙人の宇宙船とかではなく、火球と呼ばれるものだそうです。多分ゲームをやっている

人ならば良く聞く用語だと思いますが、この火球というのは流れ星の中でも特に明るいものの事を

指す言葉なんです。前にロシアの方で大きな流れ星が落ちたという話がありましたけれど、それも

火球に該当するものです。つまりそれと同じ物というわけですね。UFOだったらロマンがありました

けれど、そういうわけではなかったというわけです。が、自然科学館の人達からすればすごく喜ばしい

出来事ですよ。今頃、テレビ局の方に映像の提供をお願いしているかもしれません。

 

 

この火球の正体とは?

この緑色の光の正体は火球であると判明しましたが、その火球の正体も気になりますよね。

前にロシアの空に降ってきた火球は宇宙から来た石、即ち隕石だったのですけれど、

火球は隕石である事もあればロケットの破片や人工衛星の部品だったりする事もあるので、

新潟や千葉の空に現れたこの火球の正体が必ずしも隕石であるとは限らないようです。現に

今、新潟の方では隕石なのかそうじゃないのか確認するために捜索が行われているようなのですが、

隕石は見つかってないみたいです。そしてこの火球は各地で確認されているため、隕石ではなく、

ロケットや人工衛星の破片が複数地表に落ちてきたものなのかもしれません。そうならば、複数の

地で確認されている事に説明が付きますからね。

 

隕石だったら専門学者や科学省がものすごく興奮歓喜する事なんですけれど、何せ緑色の光に

包み込まれていたのですから、把握のしようがありませんね。

 

最後に。

新潟の空にこのような現象が起きたのですから、新潟に住む筆者は本当に驚きましたね。

火球は意外と日本各地で見れるものですし、昔から火球や流れ星に願いを3回言えば

それが叶うなんて言われていますから、もし運よく火球や流れ星を見る事が出来たならば、

素早く願いを3回行ってみると良いかもしれませんね。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー