カテゴリー:ゲーム

  1. まだまだ根強いブームが続いているポケモンGOですが、最近は略されてポケGOなんて呼ばれ始めていますね。それはさておき、このゲームには原作ゲームであるポケットモンスターシリーズの最初期、カントー地方のポケモンたちしか出現しないと前の記事で書き…

  2. 今や知らぬ者はいないと言わんばかりに広まっていった任天堂の傑作ゲーム、ポケモンGO。しかしこれには、今のところカントー地方のポケモンのみが適用されており、それ以外のポケモンたちはまだ出現していない事が発覚しています。そして、ポケモンGOをプ…

  3. 海外で最初に配信されて社会現象になり、そしてついに日本へとやってきたスマホのポケモンゲーム事ポケモンGO。既に沢山のポケモンを捕まえる事に成功した人もいれば、沢山のプレイヤー達との対戦を楽しんでいる人もいれば、まだダウンロードしていないとい…

  4. ZIP!という情報番組を筆者は毎朝見ているわけなのですが、そこで一種の視聴者参加型企画として、ZIPでポンというゲームコーナーが用意されています。これは三つのゲームにリモコンで参加してポイントを溜めていき、一定期間内にある数値ま…

  5. 筆者の好きな作品の中に ソードアート・オンラインという 作品があります。 これは川原礫さんが執筆していて 電撃文庫が出版している ライトノベルなんですけれど、 これまた絶大な人気を誇っており、 現在19巻まで出…

  6. 一番最初の作品の発売から20年近く経過した大人気シリーズ、ポケットモンスター。そこには実に多くのポケモンたちが存在しており、その数は720種類という、驚異的な数字を叩き出しております。そして今回、そんな720種類の中からどれが一…

  7. 残業証拠レコーダーって知ってますか。残業。実にいやな言葉です。もはや日本と言う国の中で一番嫌だと感じる言葉は残業のような気がしてならない今日ですが、それを強いているのは所謂ブラック企業という、人を扱き使えるだけ扱き使わせて、しかも法律も守ら…

  8. クラッシュフィーバーというゲームを御存じでしょうか。このゲームはストレス発散に持って来いであるという感じのゲームに仕上がっており、早速CMも放送されているのですが、そのCMもまた、かなりインパクトがありまして、もはやクラッシュフィーバーとい…

  9. プロ野球スピリッツAというゲームを御存知ですか。これは文字通りプロ野球のスマホゲームであり、現在進行形で実に様々な問題を起こしてしまっており、他の会社と手を組む事もほとんどなくなり、ろくすっぽゲームを作らなくなってしまったコナミが制作してい…

  10. 筆者が楽しんでやっているゲームと言えば、まぁ様々ですけれど、その中でもお気に入りなのがモンスターハンターです。恐らくこのサイトに来ている方ならば、筆者がモンハン好きだっていうのがわかると思います。そしてそのモンスターハンターのネットゲーム版…

RETURN TOP
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

カテゴリー