石田三成のCMとは?制作会社は?第2弾の動画をチェックしてみよう

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

配下にするなら三成~という奇妙な歌を聞いた事がありませんか。これは滋賀県で作られたCMの歌であり、あまりにインパクトがある事

から、ネット上でもリアルでも面白いという声が上がっているものです。その再生回数は第1弾は90万回を超えるという快挙を達成して

おり、その波に乗ったのか、今回その第2弾が制作される運びとなりました。何故このようなものが作られるのか、どこがこんなものを作った

のか。こんかいはそれについてまとめたいと思います。

 

武将と言えば三成。その第2弾

今回作られて公開された石田三成のCMですが、今回は何と6本。どれもこれも石田三成の特徴などを上手い事拾い上げて表現

しているんですけれど、なんといいますか、非常にシュールです。

 

最初に来るのは髪の毛の長い女性なんですが、被っているのは三成の兜であり、髪に潤いならぬ、民に潤いを与えるなどという謎めい

たナレーションが入ります。そして最後に出てくるは、民に優しい武将石田三成

 

bandicam 2016-03-27 15-33-33-652

次に出てくるは、東軍眼鏡をかけているみんな、石田三成が悪人に見えませんかという文章。東軍眼鏡って何ぞや。

bandicam 2016-03-27 15-33-35-525

そしてその東軍眼鏡を付けていると、三成が悪人に見えるらしい。確かに三成にこういうイメージはあったのかもしれない。

bandicam 2016-03-27 15-33-42-315

しかし東軍眼鏡を外してみれば、違った三成が見えてくると言う。確かに三成は大一大万大吉を謳って戦国時代を闊歩した武将

であり、その意味は一人がみんなのために、皆が一人のために動けば、人生は吉となりこの世に平和は訪れるという意味ですから、

民からの評価はきわめてよかったと言う話も聞きますね。

bandicam 2016-03-27 15-34-05-833

bandicam 2016-03-27 15-34-09-457

次は年貢のお話。戦国時代には農民たちが年貢を納めなければならないと言う決まりがあったんですけれど、勿論年によってはそれが

出来ない場合もあります。今みたいに農具がすごいわけでもなければ、膨大なデータがあるわけでもないから、どっちかと言えば失敗率

の方が高い。思うように年貢が収められない場合だってあるわけです。普通の武将とかはそれを認めようとしないですけれど、三成はそれ

を認めて、無理矢理民から年貢を取ろうとはしなかったといいます。ただ、CM内では全ての年貢の免除を保証するものではありません

の文が・・・。

bandicam 2016-03-27 15-34-27-753 bandicam 2016-03-27 15-34-34-942

次は佐和山城跡。佐和山城は石田三成が城主を務めた城ですけれど、新発田城や大阪城、鶴ヶ城のように復元されているわけでも

なく、ただ跡が残っているだけです。それを大きく伝えようとしているようなんですけれど、やっぱり城そのものが無いんじゃなぁ。

bandicam 2016-03-27 15-35-03-651 bandicam 2016-03-27 15-34-45-871

次は算術に強かった三成というもの。確かに三成は計算高いイメージがあるとおり、本当に計算高い人で、様々な管理が出来ていた

という逸話があります。ですけれど、それをわざわざCMにして伝える意味って何なのでしょうか・・・。

 

スポンサーリンク

 

どこが作ったんだ。

画像・コーエーテクモ 戦国無双の石田三成は女性プレイヤーにかなり人気

こんなものをどこが作ったのかと言いますと、滋賀県そのものとしか書いてありません。が、企画は滋賀県の県庁が行い、撮影は地元

テレビ局などがやっていると考えてもいいでしょう。実際新潟県のローカルヒーローに超耕21ガッターというのがありますけれど、それにも

新潟県のPRのために県庁などが協力して、地元テレビ局が作っているというスタンスを取っていますから、それと同じと考えてもよさそう

ですね。まぁインパクトがありすぎてガッターが霞むくらいですけれど。

 

まとめ

ちなみになんで滋賀県が突然石田三成の企画を始めたのかと言いますと、町おこしのためなんだそうです。そのために戦国武将を取り

扱っているゲームである戦国無双の製作元のコーエーテクモも協賛していますし、そのためのホームページすらも作られています。

ここでまた石田三成のCMが人気を醸そうものならば、第3弾や第4弾もやるかもしれません。その時は・・・どうなるんだよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー