うどんの自販機の場所はどこ?群馬?仕組みもチェックしてみよう!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

我々が日常的に暮らしていく中で、自動販売機を見ないで生きていくというのはほぼほぼ不可能だと思います。街に出ればそこにある

のは自動販売機。街道へ出てもそこにあるのは自動販売機。高速道路の無人パーキングエリアにも自動販売機。とにかくどこにでも

自動販売機。あるそれくらいにまで、我々にとって自動販売機というものは、身近なものだと思いますし、自動販売機を見た事がない

なんて言う人はどこを探してもいやしないでしょう。しかし、一般的な自販機と言えば主に飲み物ばかりで、それ以外のものをほとんど

見た事がないという方は、却っているかもしれません。

今回はその、一般では見られないような自販機の紹介をしたいと思います。

 

うどんとそばの自販機

それがこの自動販売機。売っているものはなんと、そばうどん。飲み物ではなく、本当にそばとうどんを売っているのです。

飲み物だけが基本的に売られているような今現在の状況からすれば、このような自販機の存在は、ものすごくインパクトのあるものです

が、実はこの自販機は30年前ほどまではどこでも見る事が出来たものだったんです。今となってはすっかり廃れてしまい、全国でもほんの

少ししか確認できなくなってしまったこちらの自販機は、昭和レトロ自販機と呼ばれています。確かにデザインとかを見てみると、平成

生まれっていうよりも昭和生まれって感じがします。

 

そしてこの画像の自販機は、遥か前に生産が完全に打ち切られた富士電機めん類自動調理販売機。画像ではそばとうどんって書いて

ありますけれど、扱っているメニューの中にはそばとうどんだけではなく、ラーメンもあるんです。んで、販売が停止している以上、会社側は

完全にこの自販機を放置しているわけですけれど、それなのになんで全国で極少数ながら稼働できているかと言いますと、この自販機

がある場所は基本的に飲食店も一緒に経営出来そうな店の中なんですよ。その店の中の人達が、この自販機のための食材を作って

この自販機の中に投入する事によって、この自販機は未だに稼働しているんです。

 

なお、この自販機は味は各店によってかなりの差がありまして、地方によって出汁やつゆの色の違いを楽しめるという事です。西日本に

行ってみると、出汁の味は勿論、肉うどんや肉そばなどを見る事も出来るそうです。レッドリストに登録してもいいくらいの絶滅危惧種

であるものの、どこかに集中する事無く、ちゃんと東日本と西日本に分かれて点在しているんですよ、この自販機は。

 

スポンサーリンク

 

その仕組みは?

気になってくるのがこの自販機の仕組みですよね。この自販機の中で麺は具が全て乗った状態で冷蔵されています。そしてお金が投入

されて、商品が選択されると、中の麺の入ったカップが移動して蓋がされますその蓋からお湯が注ぎ込まれて、カップの中が味のついて

いないお湯で満たされるのですが、次の瞬間にカップを押さえている機械がより強くカップを押さえつけて蓋をし、そのまま高速回転を

始めるカップも同じように高速回転。遠心力によってお湯が切られて、温まったカップの中に初めて出汁もしくはスープが注ぎ込まれます

そしてスープが入った出来立てのラーメンもしくはそば&うどんのカップが自販機の入口から我々の手元へと出てくるわけです。

今となってはすっかり見る事の出来なくなった自動販売機の中身というのは、非常に凝った作りになっていたというわけでして、もしかしたら

平成になって生まれた自販機達の方がかなりしょぼく作られているのかもしれませんね。というか、自販機の中は結構見た事があるんですけれど、

やはりこういう自販機達比べて単純かつしょぼく作られているんですわ。しかし、これだけ大掛かりな仕組みで作られているものですから、

必然的にそこら辺の自販機達と比べて維持費も高そう。恐らくそれらが原因となって、生産されなくなったのかもしれませんね。

あれ?平成生まれのものよりも昭和生まれの方が凝った作りになってる・・・?

 

どこにあるの?

麺の自販機というのは、超が付くほどのレアものですし、もはや絶滅危惧種と言っても過言ではないような存在なので、そこら辺では

見る事なんて出来ません。そこで、こういうレアものを取り扱っているサイトから、この自動販売機が存在している場所を引用しました。

新潟県下越地方の方では、何かとイベントが開かれる事も多い豊栄で見る事が出来ます。

青森 :ルックワールド
秋田 :男鹿水産、佐原商店、雲沢ドライブイン
新潟 :
ペガサス、 ポピーとよさか
長野 :そば処ふじさと
群馬 :
丸美屋、オレンジ353、コルソ高崎店、セゾン、オレンジハット沖之郷店、ピットイン77太田店、オレンジハット茂呂店、
     オレンジハット新町店、オレンジハット太田藪塚店、ドライブイン七輿、ビックチェイス坂東店、ビックチェイス富岡店
埼玉 :パチンコアスカ深谷店、ビックチェイス神川店、オートパーラーまんぷく、オートレストラン鉄剣タロー、 オートパーラー上尾
千葉 :オートパーラーシオヤ、24丸昇、
兵庫 :石田鶏卵、 コインスナックふじ
岡山 :
おかもと、ベンダーショップもみぢの里、 ログランド、ドライブイン古城
島根 :コインレストランコウラン、コインレストランかわもと、ドライブイン日本海 、後藤商店 、後藤支店、オアシス、道の駅シルクウェイにちはら、大谷屋
山口 :観音茶屋、 欽明館 、長沢ガーデン
広島 :五洋売店、福原酒店
高知 :コインスナックプラザ
徳島 :横田自販機コーナー、御所24、 かねか
鹿児島:阿久根商店

懐かし自販機コーナーより引用

なお、群馬県にはこれらを見る事が出来る場所がきわめて多いので、レトロ自販機を見るには群馬に行くのが一番いいとも言われて

います。群馬県に旅行に行く方は、一度車に乗って探してみるのも一興かもしれませんよ。

 

まとめ

今となってはほとんど見る事が出来なくなったレトロ自販機ですが、他県に行ってみたり、マップを参照してみたりする事で見つける事が

出来たりもします。しかし、そういうところもかろうじて残っているような状況であったりする事もあって、そのうちこれらが撤去されてしまう

なんていう事態も想定されます。もしも、これらを見てみたいとお考えの方々がいるようでしたならば、早めに見に行った方がいいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー