鉄腕DASHの深海魚の正体は?ミツクリザメ?生態などチェックしてみた!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

特にこれと言った用事が無ければ、筆者は必ず見ている日本テレビの鉄腕DASH。最近も話したような気がするんですけれど、やっぱり

あの番組は日本テレビの中で最も人気と言われているみたいですし、視聴率もそこそこいいみたいですね。そんな鉄腕DASHの今回の

放送は深海と深海生物について。その中でも、かなり気になる深海生物の話が出て来ましたが、その話はまた次回紹介するという形に

なってしまいました。が、その生物をちらと見た時に、特定に成功してました筆者は。ので、今回はその生物をまとめたいと思います。

 

深海鮫ミツクリザメ

これがその深海ザメです。鉄腕DASHにて紹介されていたのはこのサメと同種で間違いないでしょう。

画像を見ればわかると思うんですが、まるで古代生物か、もしくはゲームなどで出て来そうな非常に禍々しい顔付をした、悪魔や魔物に

例えてもよさそうなこのサメの名はミツクリザメ。頭部が大きく前方へ突き出ており、鋭い歯をいくつも持っているという、上述したような

悪魔的なフォルムを持っている事から、英語圏では「ゴブリンシャーク」と呼ばれており、日本ではその突き出た頭部を天狗の鼻になぞら

えて、テングザメとも呼んでいます。

 

現代よりも遥か昔、まるで通常のサメの常識を覆してしまうような姿をしているこのミツクリザメを入手する、もしくは捕獲する事に成功

した人は、必ずと言っていいほどひどく驚き、海の悪魔を釣り上げてしまったと勘違いしたそうで、江戸時代には海の妖怪のように描写

されたミツクリザメの絵が描かれたみたいですね。確かにここまでインパクトのある姿をしているサメなんか遭遇してしまったならば、海の

悪魔か魔物に出会ってしまったと勘違いしてしまうのは無理もないでしょうね。

 

生きた化石・ミツクリザメ

画像元・NHK

面白いのがこのミツクリザメの生態や正体です。ミツクリザメはなんと一億年前からほとんど姿を変えずに生き残っている生きた化石の

カテゴリの中に含まれるサメの一種であるんです。深海鮫の中にはオンデンザメやラブカと言った奇想天外で珍しい姿をしているサメが

多いのですけれど、そのほとんどが太古から姿を変えずに生きているようなものばかりで、生きた化石達なのです。

そういえば深海から、魚が進化する過程で誕生したシーラカンスが見つかったなんて事もありましたから、深海というのは生きた化石達の

宝庫なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

ミツクリザメの生態

そんなミツクリザメの最大の特徴と言えば、大きく飛び出した頭部ですけれど、あの中には人間の言葉で言うレーダーがぎっしりとつまって

おり、それを利用して獲物や障害物を探し出したりしているそうなのです。彼らの住んでいる深海というのは全くと言っていいほど光が

届いてこないような場所ですから、目は退化してしまう一方で、逆に他の感覚器官が進化すると言うパターンがほとんどです。ミツクリザメの

場合は目が大きく退化した代わりに、頭部にレーダーのような器官が搭載され、そこが進化したと言うパターンでしょう。

多分このまま彼らが進化を続けた暁には、目がなくなってしまって頭部が更に進化したような形になる事でしょう。どれくらい先の事かは

わかりませんが。

 

 

なお、彼らの特徴は飛び出した頭部であると何でも書いているのですが、実はサメの頭部というのは元々飛び出しているものであり、

ミツクリザメだけではないんです。ではなぜミツクリザメだけがあのような形をしているのかと言いますと、彼らが飛び出させているのは頭部

ではなく、その下部に位置するなのです。

ミツクリザメの顎は獲物を捕まえる時には大きく飛び出して展開されるようになっており、水揚げされた時には水圧の違いのせいなの

か、伸びてしまうのです。その結果、あの悪魔や魔物のような顔つきになってしまうというわけですよ。

実際顎が引っ込んでいる時の彼らの頭部は、普通のサメとほとんど変わりない形に見えなくもないです。

ちなみに彼らは非常に禍々しくて獰猛そうな顔をしていますけれど、こちらから危害を加えない限りは噛み付いたりしては来ません。この

辺りの点は、大きな子犬という異名を持つサメ、シロワニみたいですね。

 

ミツクリザメの棲み処

んで、彼らの棲むんでいるところですけれど、彼らは基本的に世界の深海のどこにでも生息しており、日本ではTOKIOが向かった

東京湾や駿河湾、相模湾などの水深1300mほどのところに棲んでいるとされています。しかし場所が場所であり、見つける事が

非常に困難な上に、あまり数がいない事から希少種に認定されており、見つける事が出来たらものすごくラッキーと言われています。

 

そしてやはり、深海は敵があまりいないからなのか、大きく成長する固体もおり、これまで発見された中で最大の固体の全長はなんと

6mと言われています。こんな禍々しい姿をした6mのミツクリザメが見つかった時なんか、マジで失神できますね。

 

まとめ

TOKIOは本当に様々な生物を発見しますし、レアな動物などにも沢山遭遇します。ミツクリザメだってそんな簡単に出会えるようなもの

ではありませんし、何より生きた化石と言われるくらいに希少価値のある動物。もしかしたら今後、彼らは新種の動物を見つけてしまう

かもしれませんし、どんどん歴史的な快挙をしてくれるかもしれませんよ。もはやTOKIOを止める存在は、どこにも居ないのです。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー