ターリーモンスターの正体は?ネッシーと関係?トゥリモンストゥルムとは!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

この地球上に生物が誕生したのは、今からおよそ40億年前だと言われています。最初に生まれた生物は増えて、徐々に形を変えて、

カンブリアンモンスターなんて呼ばれる珍妙な姿の古代生物になり、やがて誕生した陸上に上がって恐竜となり、哺乳類となり、実に

無数の種類となって進化を遂げて、命を繋げて子孫を残し続け、現在にまで至っています。

しかし、その古代生物が化石となって発見されると言うのは我々の日常の一つともなっており、毎年様々な化石が古代の地層から

発見されています。

 

そしてその中には、太古のロマンと言いますか、進化の過程と言いますか、我々の常識というものを大きく覆してしまうような姿の生物の

化石があり、それを見た人は考古学者であれ、一般人であれ、酷く驚いてしまいますよね。実のところ、今回それに該当しそうなものが

見つかりまして、その正体が判明したと言う情報が入り込んできたんですよ。今回はそれについてまとめていきます。

 

体がイカで、カニのような爪を持つ謎の生物

まるで筆者がプレイしようとしているファンタシースターオンライン2などの、RPGの海のザコ敵にも思えるこの生物。イカのような身体から

一本の触手が伸びており、その先にカニの爪のようなものが付いているというなんだかわけのわからない特徴を併せ持った生物です。

一目見ただけでは、「これってゲームのキャラクターか何かか?」と疑ってしまいそうですけれど、実はこれ、実際に地球上にいた生物

なんですわ。信じられないかもしれないですけれど、本当に実在したそうなのです。

 

そして、これが生息していたのは今現在のアメリカ・イリノイ州辺りである事が化石よりわかり、その化石を見つけたフランシス・タリー氏の

名前にちなんで、この生物にはタリーの怪物の意味を持つTullimonstrum(トゥリモンストゥルム)という名前が与えられまして、

ターリーモンスターという愛称が与えられて親しまれてきました。

 

体から長く伸びる触手の先っぽはワニの口やカニの爪のように二股に開いており、歯のような尖った部位が見られる。更に体にはえらが

あり、泳ぐための部位と思わしき尾ひれ。体から左右に伸びている奇妙な目。どれをとっても現在の生物とはかけ離れており、まさに

ゲームの世界から飛び出してきたと勘違いしてしまいそうな生物、もしくは完全なるモンスターとしか言いようがありませんね。

しかし、これの正体といいますか、生態は上手く掴む事が出来ず、発見されてから58年以上謎のままでした。

 

一見すれば骨なしの無脊椎動物、軟体動物に見えますけれど、本当にそうなのか特定できない。だけど生物として登録するにはどっち

なのかはっきりさせた状態にしなければならない。一体どっちなのか。こいつはイカやタコ、もしくはカタツムリのような軟体動物なのか、それ

ともそうじゃないのか。その答えが、つい最近になってはっきりしたのです。

 

スポンサーリンク

 

なんと、脊椎動物・・・

なんと、このトゥリモンストゥルムは、我々と同じ脊椎動物であり、脊椎動物の先祖の一つだったのです。このわけのわからない怪物

じみた姿をしているトンデモ生物トゥリモンストゥルムも、我々の御先祖様の御一人であられてたというわけですよ。確かに進化の過程

の生物であるから、わけのわからないような姿をしていても不思議ではないし、それを気味悪がる必要なんか皆無だと言うのわかるの

ですけれど、何だかなぁ。こんなモンスターにしか見えない生物が脊椎動物だなんて・・・。

 

ネッシーとの関係性?

ここで何故か登場するのが、UMAの筆頭であり、かの有名な首長竜の生き残りとされるネッシー。

何故ネッシーが登場して来たのかと言いますと、このトゥリモンストゥルムがネッシーではないかという説があるからです。

確かにトゥリモンストゥルムは上述したとおり、長い口を持っており、身体をほんの少しだけ水面に出して、口を伸ばして水面から思い切り

出してみれば、まるで首長竜の首のように見えなくもないです。それらの事から、このトゥリモンストゥルムの生き残りがネッシーではないか

と言われているんですけれど・・・すみませんが、それだけはないです

 

トゥリモンストゥルムが発見されたなんて言う情報はありませんし、そもそも彼らが生きていたのは約3億5920万~2億9900万年前

という途方もない太古。ネッシーなどの首長竜が生きていた頃よりも遥かに太古。

 

その途方もない時間をその時から姿を変えずに生きて来たなんて、ありえません。シーラカンスだって、数万年前から姿を変えていない

って言われていますけれど、一番最初の形態からはかなり姿を変えていますし。

ので、明らかにありえませんよね。すみませんが、トゥリモンストゥルム=ネッシー説は完全に嘘情報だと記しておきます。

 

まとめ

今現在、テレビ朝日系列の朝の7時30分から「動物戦隊ジュウオウジャー」という戦隊モノがやっているのですが、それのオープニングは

人間が知らないような生物で地球は溢れかえっているみたいな語りで始まります。このとおり、この世界にはまだまだ人間が知らない

ような、想像する事も出来ないような生物達が今もなおひっそりと生きていたり、化石となって眠っているのかもしれません。

これからどんな奇想天外且つ面白い生物達が見つかって来るのか、実に楽しみです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー