ホワイトチョコが危険はデマ!原料やお菓子などをまとめてみた!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

もう少しでバレンタインデーという日が来ますっていうのは前にもお話ししましたよね。恐らく覚えてる方も沢山いると思います。

しかし、最近になって、そのチョコレートに関してあまりよくない情報が出回ってきました。何でも、あるお菓子が非常に危険なものである

とかいうのです。バレンタインデー近くなのでそういう情報が気になる方も沢山いると思いますので、今回はそれについてまとめていきましょう。

 

ホワイトチョコレートは危険!?

チョコレートといえど沢山の種類がありますよね。チョコレート、ミルクチョコレート、ビターチョコレートなどなど、沢山のそれを見る事がスーパーや

ショッピングモールのお菓子売り場などで見る事が出来ると思います。しかしその中で今回、人体に悪影響を及ぼすものであるという

あまりよくない情報を入れられてしまった存在があります。

それがホワイトチョコレート。そのチョコレートとは思えない白さと全く違う味わいから好んで食べる人も、もしくはまったく食べない方も

多いかと思われます。いずれも好みの別れるものですよね。

 

しかしそのホワイトチョコレートには、酸化チタンという添加物が含まれており、それが今回、非常に悪性のあるものだという発表が

出たのです。なんでもそれによると、ホワイトチョコレートには酸化チタンをナノ粒子化させたものが含まれており、それが人体に多大な

悪影響を及ぼし、妊婦さんが摂取してしまうと次世代の子、即ちおなかの子供に深刻な悪影響を出してしまうというのです。

これによりというか、この情報を早とちりした人達がネット上で騒ぎを初め、ホワイトチョコレートは危険だぞという声が上がり始めましたが・・・

実はこの話は、トンデモ理論です。つまり、通常では考えられない事というわけですよ。

スポンサーリンク

ホワイトチョコレートを『血の中』に入れれば有害。

ホワイトチョコレートが危険であるという結果を出したその場所は東京理科大学薬学部ナノ粒子健康科学研究センター。

その人達が『酸化チタンナノ粒子が次世代の脳神経系、生殖系に悪影響を与えてしまう』という結果を出したんですけれど、この

ホワイトチョコレートが危険であるというのは、実験を見れば全くの嘘である事が判明します

 

研究センターが行った実験は、酸化チタンのナノ粒子を食塩水と混ぜ合わせたものを実験体のマウスに皮下注射をするというもの

でした。・・・もうお分かりでしょうか。ホワイトチョコレートにも含まれる酸化チタンのナノ粒子を、マウスの血の中に直接注ぎ入れた

というわけです。つまり、この実験でわかった事は、ホワイトチョコレートに含まれる添加物を血の中に直接入れれば危険です

という事ですよ。

 

ホワイトチョコレートは口から入れて、内臓器官で濾過した後に吸収する食べ物です。

それを血の中に直接入れるなんていう暴挙をすれば、

 

そりゃ悪影響でますわ。

 

つまり普通にホワイトチョコレートを食べる分に全くと言っていいほど大丈夫だという事です。血の中に直接入れるなんて暴挙をする人が、

いるでしょうか?安心してください、いませんよ!

 

ホワイトチョコレートの原材料。そしてお菓子

これだけだとあれなので、ホワイトチョコレートの原材料やお菓子などについてもお話しします。

まずホワイトチョコレートがなぜ白いのかといいますと、あれはカカオバターの色なのです。

 

チョコレートの原材料はカカオ豆であり、そこからカカオマスとカカオバターが採れます。カカオマスはチョコレートの色や風味を出す事に

一躍買っており、カカオマスの色=チョコレートの色というわけですよ。

 

しかしホワイトチョコレートはこのカカオマスを使用せずカカオマスの脂肪分のみを使ったカカオバターを使用しています。

このカカオバターは皆さんが見慣れているであろうホワイトチョコレートそのものの色をしており、これをふんだんに使い、黒を生むカカオマスを

使っていないからこそホワイトチョコレートはあの色になっているわけです。

 

そしてホワイトチョコレートを使っているお菓子もタルト、ロールケーキ、その他市販のケーキ、クッキーから実に様々。

お菓子業界とってホワイトチョコレートは切り離せない食材であるという事は火を見るよりも明らかです。

 

まとめ

 

ネットのニュースを見ると、こういう○○が悪影響だの、◇◇◇が実験によりだのといったを情報を見る事もあるでしょうけれど、

そういうのは大抵、マウスの血の中に直接入れたらこうなっちゃいましたという日常生活では全くと言っていいほど有り得ないような

事をした場合によるものです。ので、こういった情報が出てきても早とちりせず、冷静に中身を読んでください。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031