ドキンちゃん(アンパンマン)の後任の声優は誰になる?鶴ひろみの代役の名前は

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

どうもこんばんは。

前もって書いておきます。
本日はドキンちゃんの声優の後任の話
ついて書こうと思います。

先日、アンパンマンのドキンちゃん役、
ドラゴンボールのブルマ役で有名だった
声優である鶴ひろみさんが
亡くなりました

アニメファンや声優ファンの方々から
すればあまりの出来事だったものですから、
ショックで言葉を失った人も多かったと
思います。

そしてこうなった以上、鶴さんが演じて
いた役が誰になるのか、気になっている
人も多いはず。

そこで今回は、鶴ひろみさんの後任が
誰になるかなどを書いていきます、
上で既に書いてあるとおり。

 

鶴ひろみ、逝去

画像元・http://www.yukawanet.com/archives/5294387.html

2017年11月16日、上記しているとおり、
声優の鶴ひろみさんが亡くなりました。
そのニュースの内容については下記の
とおりとなっています↓

 『それいけ!アンパンマン』(日本テレビ)のドキンちゃん、『ドラゴンボール』(フジテレビ)ブルマの声で知られる声優・鶴ひろみさんが16日午後7時30分頃、大動脈解離のため亡くなった。57歳。所属事務所が17日、正式に発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000312-oric-entより引用

鶴さんは非常に多くの作品に出ていられた
声優さんであり、声優ファンやアニメ
ファンの方々ならば誰でも知っている
と言えるくらいの知名度と人気を
誇っている方でありました。

実のところ、このニュースを見てから
というもの、筆者はこのニュースは
フェイクニュースなのではないかと
思ってしまうくらいに、話を受け入れる
事が出来ませんでした。

筆者はこの鶴さんという声優さんが本当に
大好きでありまして、特にアンパンマンは
小さい頃に見ていた作品でありましたから、
非常によく印象に残っており、鶴さん演じる
ドキンちゃんもすごく印象に残ってました。

なので、最早筆者は鶴さんの声を聞いて
育ってきたようなものなのですし、
きっと他の人もそうなのではないかと思います。

 

本当に、鶴さんの死去は悲しくて
仕方が無いものだったのです。

ネットではドラゴンボールがあるならば、
鶴さんを生き返らせるために使いたい
なんて意見もありますが、筆者も同意見です。
……けれども、現実にはそんなものは
ありませんから、もう何も言えません。

 

スポンサーリンク

 

ドキンちゃんの後任は誰になるのか。

鶴ひろみさんが結婚していたか否か
だとか、どのような経歴を辿ってきた
人物であるのかなどはさておきまして、
ここで問題になってくるのが鶴さんの
代役、後任ですよね。

鶴さんは現在進行形でアンパンマンの
ドキンちゃん、ドラゴンボールのブルマを
演じていたというのは皆さんご存知
でしょうし、ドキンちゃんとブルマは
それぞれアンパンマンとドラゴンボールの
レギュラーキャラクターですから、
鶴さんが亡くなったからと言って
もう登場させないなんて言う事は
出来ません

ので、どちらも後任・代役の声優が
必要になるわけなのですけれども、
どちらも公式からの発表は何もなく、
ドキンちゃんとブルマを引き継ぐ
声優さんは未定、穴の開いた状態に
なっています。

そのため、現段階ではドキンちゃんと
ブルマの後任は不明ですとしか言いようが
ないわけなのですけれども、
筆者は個人的に1人、鶴さんの後任が出来る
声優さんではないかという人を思い付きました。

それは新世紀エヴァンゲリオンの
葛城ミサト役、おじゃる丸の
オカメ姫、美少女戦士セーラームーンの
月野うさぎ、イエローハットのCMの
ナレーションで有名な三石琴乃さんです。

三石さんはオカメ姫のような少女役、
ミサトさんのような大人の女性の役
両方をこなせるベテラン声優且つ、
少女役の時には鶴さんに比較的
似通った声色で演じています。

そして何よりセーラームーンで
主人公月野うさぎを演じているという
主役経験もありの方ですから、
三石さんならばドキンちゃんも
ブルマもやれるのではないかと、
筆者個人は思いますね。

 

しかし、これはあくまで筆者の予想
でありまして、実際のところは
まだ不明なんです。なので、
その時になったらまた追記したいと
思います。

 

最後に。

しかしこのドキンちゃんとブルマは
どちらも放送開始時から鶴さんがずっと
演じ続けているキャラであるもの
ですから、鶴さん以外の人が演じる
ドキンちゃんとブルマは中々イメージ
する事が出来ません。

この両者の声優がどうなるのかは、
今後明らかになるでしょうけれども、
どうか鶴さんのやっていたイメージを
崩さない方であって欲しい限りです。

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー