松居一代の新たな男の20代後半イケメンは誰?週刊新潮の記者の名前は!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

ほいどうもこんにちは。

早速なのですが、今やかの
有名な松居一代さんが新たな
交際相手を見つけて、それに
惚れ込んでいるなんていう話が
出てきております。

しかもその相手というのが、
松居さんがもう天敵のように
嫌っていた週刊新潮の記者である
というのだとか。

最近何かと話題に上がる事が多くて、
ワイドショーにもやたらめったら
取り上げられ続けている松居さんが、
船越英一郎さんに変わる相手を見つけ
出しなんていう話が、気になっている
という人は、ワイドショーを見ている
人には多いはず。

そこで今回は、この話について
現在わかっている事を含めて、
書いていこうと思います。

松居一代に20代後半イケメン?

最近Youtuberデビューを果たして、
船越英一郎さんと揉めまくっている
松居さんですけれども、その中で
松居さんに進展があった事を、
松居さんの天敵とも言えるような
立場にあった週刊新潮と東スポwebが
伝えてくれました↓

“鬼嫁ユーチューバー”こと、タレント・松居一代(60)による「サスペンス離婚劇場」が新展開だ。主人公の松居が、お気に入りの男性を見つけたというから、一気にラブ&サスペンスとなるのか? 夫で俳優の船越英一郎(57)にはとっくに見切りをつけているが、もともと「超」がつく寂しがり屋の松居。そんな松居が“片思い”の恋心を抱いているのは、独占手記のために6時間にわたりインタビューを担当した30歳以上も年下の「週刊新潮」の独身イケメン記者だというが――。

 ここ数日、松居はルンルン気分でスキップを踏んでいるという。おしどり夫婦の間で離婚調停が申し立てられていたことが今月5日に明るみに出てから2週間超。ついに新たな“男”が現れたからだ。

 お相手は、松居を独占インタビューした「週刊新潮」の記者。“逢瀬”は16日、都内のホテルだった。松居はこの記者に、たまりにたまっていた思いの丈を6時間もぶちまけてスッキリ。同時に「なんて誠実な人!」とホレ込んだという。

 取材の模様は20日発売の新潮に掲載され、松居も同日、通算12本目となる動画を自身のユーチューブチャンネルで配信。「記者の方も正直に書いてくださった」と喜々として声を弾ませた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13371139/より引用

これによりますと、松居さんは
7月16日に偶然受ける事になった
週刊新潮の記者に取材を受けた際、
そのまま一目ぼれと言いますか、
まるで少女漫画か恋愛漫画か、
ラブコメ的な事になってしまった
ようで、そのままその記者に惚れて
しまったそうなのです。

確かに松居さんはワイドショーに
やたらと取り上げられて、最近は
Youtuberデビューするなど、
かなりの活動をしていたわけですが、
船越さんの事も、前の夫の事もあってか
ひどく傷付いて疲弊していたという事も
あったのでしょう。

それらの事もあってか、松居さんは
偶然引き受けた週刊新潮の取材の際に
偶然出会った記者に惚れ込んだ……
といったところでしょうね。

うーん、なんかラブコメ的。

 

スポンサーリンク

その記者の名前などはあるのか

そして気になるは見事に松居さんの
ハートをゲットする事に成功して
しまったその記者。

この人についての情報はかなり
少ないのですけれども、それらしき
情報は東スポwebで見つける事が
出来ましたよ↓

 

 いったいどんな記者なのか? 複数の関係者の話を総合すると「20代後半のイケメンで独身。政治家に関するスクープを飛ばして活躍している」という。

http://news.livedoor.com/article/detail/13371139/より引用

これによりますと、その記者というのは
何度も言っているように週刊新潮の記者で、
20代後半でイケメン政治家に関する
スクープを見つける事に秀でている人物
であるそうなのです。

 

そして何より松居さん曰く、
とても誠実な人であるそうでして、
誠実な男性を好む松居さんの
ハートを射止めるのに十分な
要素をいくつか持っているとの
事。

これ以上の情報は見つける事は
出来なかったのですけれども、
松居さんは名前を伏せるべき人の
名前さえもころっと出してしまう
事のある人でありますし、何より
報じた張本人が週刊新潮であり、
この人は週刊新潮の記者

だから週刊新潮は既にこの人の
名前とかを全部掴んでいるわけですし、
もういつでも公開できるレベルでしょう。
その事から、この記者のその名前や
プロフィールだとかが公開される
可能性はそれなりにありそうです。

何かわかったら、その時に追記
したいと思います。

最後に。

最近世を騒がせて時の人となっている
松居一代さんですけれども、この話
から考えるに、松居さんと週刊新潮が
手を組んだような状況であると思われます。

松居さんから情報を掴んだ週刊新潮が
驚くべき情報を放つようになるのも、
もしかしたら時間の問題なのかも、
しれませんね。

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー