吉野恭平(京都サンガ)に差別発言をされたのは誰?内容は何だったのか

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

ほいどうもこんばんは。

突然ですが、京都サンガのDFの
選手である吉野恭平選手が差別発言を
してしまい、
しばらくの間の出場停止と
罰金、
減給処分を下されたという事で
話題になっています。

サッカー選手という非常に国際的な
スポーツ選手が差別的な発言をして
相手を傷つけるなんていうのは
言語道断なのですが、この吉野選手は
何を言ってこんな事になってしまった
のか、そもそも吉野選手に言われたのは
誰なのか、気になっているという人も
多いはず。

そこで今回は、この吉野選手の
発言内容だとか言われた人だとか、
その辺りの事をわかる限り書いて
いこうと思います。

吉野恭平、差別発言。

画像元・https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20140209/167458.html

問題が発生してしまったのは、
大よそ5日前の21日に開催された
天皇杯。

この試合で吉野選手の所属する京都
サンガとアスルクラロ沼津が
戦ったわけなのですが、その試合の
中で、吉野選手は差別発言をして
しまったというわけでして、
その出来事について詳しく報道
したのはデイリースポーツでした↓

 日本サッカー協会(JFA)は29日、京都DF吉野恭平(22)に対して出場停止3試合及び罰金15万円の処分を課すことを発表した。吉野が21日の天皇杯沼津戦(西京極)の試合中と試合後に、相手選手に対して差別的な発言をしたことを確認。天皇杯規律委員会で決定した。

 規定では差別的発言に対しては最低出場停止5試合、罰金25万円が基準。だが、吉野が発言直後に深く反省していたことや、常習的に発言していないことなどが考慮され、処分が軽減された。

 京都は天皇杯で敗退しているため、7月1日のJ2第21節から同16日のJ2第23節までの3試合が出場停止となる。

 また、京都も吉野に対して減給と社会奉仕活動への参加を命じたほか、再発防止に向けて、選手スタッフ、全職員の教育を行い信頼回復に努めることを発表した。

 吉野はJ2東京V、J1広島を経て16年にJ2京都に移籍。14年には手倉森監督率いるU-21日本代表に選出されている。

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170629-00000099-dal-soccより引用

何度も言っているように、吉野
選手がやった事はサッカー選手
としてはあるまじき行為そのもの
であり、あるまじき発言であった
からこそ、このような処分が下される
事になって当然なのですが、
問題は、吉野選手が誰に何を言ったのか、
ですよね。

 

スポンサーリンク

吉野恭平の発言内容は誰に向けたものだったのか。

恐らく皆さんが気にしている事は、
吉野選手が誰に何を言ったのか、
だと思います。

しかし、この話について調べては
見たのですけれども、ニュースサイト
ではこの答えらしき情報を見つける
事は出来ませんでした。

というのも、吉野選手が言っているのは
差別発言ですから、もう載せるだけで
差別的表現そのものになってしまう
から、載せる事自体が出来ないのかも
しれません。

一般的に差別的な発言にされる事は、
相手の国籍、身体的特徴、性別、
障害の有無などがあり、よくあるのが
障害者や外国人への差別発言。

この事から、吉野選手は外国人や
障害者に向けて発言したのかも
と思われた人も多いかと思いますが、
アスルクラロ沼津には外国人選手は
一人もいないらしく、更に障害者も
存在していないというのですよ。

なので吉野選手が差別発言を
したのは、アスルクラロ沼津に
いる選手のいずれかで、尚且つ
外国人選手でも障害者選手でも
ない人、日本人選手。

差別用語をぶつけられてもちょっと
やそっとでは動じもなければ怒りも
しない日本人サッカー選手を
怒らせてしまったのですから、
吉野選手は余程ひどい事を言ったのは
確かでしょうね。

礼儀を重んじるスポーツといえば
剣道ですし、剣道が礼儀正しき
スポーツである事は筆者もよく
理解しているのですけれども、
サッカーも剣道ほどではないものの、
礼儀正しきスポーツであり、
この礼儀を乱されるような事は
基本的にあってはなりません。

その礼儀を乱すような選手には
厳罰が下されて当然でしょう。

 

最後に。

吉野選手の問題行動によって、
間違いなく京都サンガは顔に
泥を塗られたような事になった
事でしょう。

その事から、吉野選手への
処罰は軽すぎるのではないかという
意見も寄せられているのですが、
確かにそうですね。

しかし、最近はネットの発展に
より様々な情報が手に出来る
時代ですから、いずれ吉野選手が
誰に何を言ったのか、明らかに
なる日が来るかも、です。

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー