エスプーマの危険性や事故の原因は?使い方や回収をチェックしてみた

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

ほいどうもこんにちは。

突然ですが皆さんは、エスプーマという
調理器具をご存知ですかね?

エスプーマっていうのは調理器具の一種であり、
現在ではスタバだとかのカフェなどで
使われている事のある泡立て器具
なのですけれども、このエスプーマに
よる大きな事故が発生したなんていう
事になっており、かなりの話題を呼んで
います。

珍しさこそはあるものの、
エスプーマを持っている人は、
この事故の話を聞いて、この道具を
使い続けて大丈夫なのかと
思った事でしょう。

そこで今回は、このエスプーマの
使い方などを書いていこうと思います。

エスプーマとは?


まず最初にエスプーマがどのような
ものなのかといいますと、上記して
いるように泡だて器の一種です。

発売元は日本でもアメリカでもなく、
スペインでありまして、この日本でも
日本で普及するようにカスタマイズが
施されたものが発売されておりますね。

そしてこのエスプーマの最大の
特徴は液状にした食材を入れて、
亜酸化窒素充填した機械に入れ、
出すと泡状になるという点。

いまいちしっくりこないかもですが、
生クリームに使えば簡単にホイップ
クリームにする事が出来るんですよ。

そのため、普通の泡だて器を使う
よりも効率よく出来るという事で、
一般家庭でも使われているのですが、
最もエスプーマを見れる場所は恐らく
スタバ

スタバでは濃厚なホイップクリームが
付いてくるメニューがありますが、
あれがエスプーマで作られたものであり、
店員さんの作業を見ていると、シュワー
ってクリームをボトルから出している
のが見える時がありますが、あの
ボトルこそがエスプーマなのですよ。

スタバに通っている人などは、
この問題になっているエスプーマを
常に見ていたというわけです。

事故の原因とは?

そして気になるは、エスプーマの
事故のお話ですよね。

 

このエスプーマの事故が起きたのは
フランスでして、その事故が原因で
フランスの著名ブロガーである
レベッカビュルジェールさんが
亡くなったそうです。

この事故によって、エスプーマが
異様なまでに注目される事になった
のですが、気になるのはその事故の原因。

調べてみたところ、エスプーマで
主に使っている亜酸化窒素によって、
エスプーマのボトルが爆発したのが
原因だったようです。

エスプーマは泡立てる機能ばかり
注目されがちですが、そのからくりは
亜酸化窒素を充填するところに
ありますから、調理中のエスプーマの
中身は亜酸化窒素で満たされてひどく
膨張した状態となります。

そのため、何か衝撃が加わったり、
部品に経年劣化だとかそういう
ものがあれば、エスプーマの
ボトルそのものに破裂や爆発が
起きてもおかしくないのですよ。

やはり相手が亜酸化窒素という
ガスですから、最初からエスプーマ
にはそれなりの危険性があった
という事ですね。

 

スポンサーリンク

 

日本のは大丈夫なのか?

しかし、エスプーマの話を読み
解いても、日本でこのような
事故はなかったとされておりまして、
今回のような事故は、主に日本の
ものではなくて、海外製のもので
起きてしまう事故のようです。

これまで事故の報告がないという事から、
日本製のエスプーマは大丈夫なのでは
ないかと思いたいところですが、
このような事になったからには、
日本のエスプーマのメーカーも
回収などを行うはずです。

なので、公式からのアナウンスが
あった時には、エスプーマを
お持ちの方は素直に応じた方が
いいでしょうね。

勿論上記したスタバもそうでしょう
から、スタバからエスプーマが
消える時が近いうちに来るでしょう。

 

 

最後に。

最近便利な家電製品や
調理器具などが登場して
いますけれども、そのどれもが
使い方を誤ったりすれば危険物に
変異を遂げる危険性を持っています。

今回事故を発生させてしまった
エスプーマの回収が起きるか
どうかは不明ですが、お使いの
方はより一層注意してエスプーマを
使用するか、使用しない事にするか
してくださいね。

 

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

カテゴリー