エンテロウイルスD68に感染しないためには?感染経路・症状をまとめ!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

ウイルスというのものは実に恐ろしいものだと筆者は思ってます。

ウイルスといえば一般的にはコンピューターウイルスの事を指し、インターネットを介してパソコンの中に入り込み、そのままパソコンのソフトを

破壊してしまう悪夢のようなものの事を言いますが、もっと恐ろしいのはやはり、我々人間自身に危害を与えてくるウイルスです。

 

ウイルスは目で見る事が出来ませんし、空気中を漂っているため、外に出て空気を吸っただけで有害なウイルスに感染してしまうというのも

珍しくありませんし、毎年冬になるとインフルエンザやノロウイルスが流行の話を聞きます。

 

しかし、今回それらに該当しないウイルスが発見されました。今回はそれについてまとめたいと思います。

 

エンテロウイルスD68とは。

 

去年アメリカで実に1000人以上の死者を出したとされるエンテロウイルスD68。

余りニュースになっていない事から、海外の方でよくみられるウイルスなのだろうと思われがちですが、このウイルスも一般的に知れ渡って

いないだけでしっかりとこの日本に存在しています。

 

気になるのがその感染経路と症状ですけれど、感染経路は普通の風邪やノロウイルスなどと同じ経口感染で、体内に入り込んだ

場合は腸内で繁殖を開始する事から腸管ウイルスとも呼ばれるのです。

このエンテロウイルスは去年の夏ごろに流行して、全国中で66人の感染者と発症者を出しているのですが、うち6割が6歳未満の子供

で、重度の症状を起こした人は全身麻痺を引き起こしたとされています。

 

しかも恐ろしいのはその症状で、このウイルスに感染した際、夏風邪やインフルエンザに見られる症状と酷似している症状が出るのです。

つまり、エンテロウイルスに感染していたとしても夏風邪のような症状が出ているから夏風邪だと思ってしまい、体内での繁殖を許して

しまうという事例を招いてしまうというわけです。

 

スポンサーリンク

 

突然全身が麻痺してしまうというのは、何も食べられなくなって吐き気と下痢に苛まれるノロウイルスよりも恐ろしいかもしれません。

だって風邪を引いたと思ったら全身が麻痺してしまうのですから。

 

更にこのエンテロウイルスは大人よりも子供が発症しやすく、子供が発症し場合は夏風邪のような症状を起こして、重病化した場合は

今回見られた全身麻痺や脳炎などを引き起こしてしまうというのです。ウイルスの狙いは常に子供に向いているようなものですから、

お子様のいる方は厳重に注意すべきです。

 

予防方法は。

 

普通ウイルスが出て来たのであればワクチンがあるのではと思われがちですが、エンテロウイルスにはワクチンが作られている最中で、

病院に行っても医師から貰う事は出来ません。この事から、エンテロウイルスに感染した時の事を考えるよりも、エンテロウイルスに感染

しない、もしくは感染したとしても発症しない方法を取る事を優先すべきです。

 

どんな強大な力を持ったウイルスも免疫力が強い人間の中に入ってしまうと、たちまちその免疫力にやられて死滅してしまいます。

エンテロウイルスもそれに含まれており、エンテロウイルスにやられないためには、日常生活の中で免疫力を高めておく必要があります。

 

ですが、感染経路を絶つ方法もあります。このウイルスは肉類に付着している事もあるので、よく火を通してから食べると、肉による感染

を防ぐ事が出来ます。

それに、たとえ症状が緩和されたとしても、排出されてくる便の中にウイルスが長期的に居座るので、トイレの後はしっかりと手を洗う必要が

ありますし、子供が感染した場合はパンツやおむつなどにも付着している可能性があるので、そういうものを取り扱った後にはしっかりと

手を洗ったり、適切な処置を施す必要があります。まぁつまり、トイレの後などにはしっかりと手を洗う事が肝心というわけです。

 

あとはやはり、免疫力ですね。風邪をひきにくくなる食べ物などを食べて、しっかりと免疫力を高めておけば、こうやってエンテロウイルスが

来た時にも撃退できるかもしれません。

 

まとめ

 

ウイルスはあんなでも生物ですから、進化を続けていきます。エンテロウイルスは元々アメリカにあったウイルスが日本にやってきた結果、

流行したものなので、それと同様に、これから様々なウイルスが国内に持ち運ばれて、我々に感染してしまう可能性も十分にあります

から、日常生活の中でも、ウイルスへの対策を施しておくべきでしょう。相手は目に見えなくとも、確かにそこに存在している恐るべき

敵なので、注意を怠ってはなりません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

カテゴリー