博多(福岡県)に5月13日に大地震が起きるのは本当なのか?対策や地震雲は

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク

ほいどうもこんにちは。

 

早速ですけれども、福岡県の博多氏に
お住いの人々に警告が来ておりまして、
5月13日に福岡県博多市を中心に、
大地震が起きる可能性があるそうです。

 

これを発表したのは、立命館大学
歴史都市防災研究所の高橋学教授で
ありまして、この人の地震予想は
日本では有名だけど海外じゃペテン師と
されているそこら辺の予言者達の予言よりも
よく当たるそうでして、その人が5月13日に
福岡県で地震が起きるかもしれないと
言っているんです。

 

この話は本当なのか、それとも嘘なのか、
信憑性があるのかと、特に福岡県に
お住まいの方は気になっているはず。

 

そこで今回は、この事について書いていこうと思います。

 

福岡の大地震は本当なのか?

今回福岡県に大地震が来るかもしれないと
告げたのは、立命館大学歴史都市防災研究所の
高橋学教授

 

この高橋教授は週刊女性の中で、
比較的大きな地震や噴火を予測し、
見事に的中させて来ている人なんです。

 

週刊女性によれば、最近では2016年12月28日に
起きた茨城県北部地震、2017年2月19日の
千葉県北東部地震などを、高橋教授は
言い当てていたそうなので、
そんな高橋学教授が、今回週刊女性に
メールを渡しておりまして、そこには
こう書かれていたそうです↓

《大隅半島沖の地震、桜島の噴火再開など、盛んに地震や火山の噴火が目立ち始めています。約50日前、福岡県博多近辺でM(マグニチュード)3~4の地震が頻発したのをご存じですか? 連休明け、特に5月13日前後に博多・北九州周辺で大規模地震が起きる可能性があります》

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170511-00009635-jprime-sociより引用

場所は何度も言っているように
福岡県博多付近。
そこでマグニチュード5~6、
震度換算で震度5弱から強、
震度6弱から6強くらいの地震が
5月13日に発生すると、高橋学教授は
発表しているそうです。

 

よく地震が起きると予言者の話が出てくる
ものですから、信用ならないと言う意見も
多いかもしれませんけれども、高橋学教授は
東日本大震災や中越地震などの地震は予想
できていないものの、最近起きた地震は
地震が起きる前に予測出来ていて、しかも
その予想がかなりの精度で当たっている
そうなのです。

 

なので、よく陰謀論とか予言者論とかで
出てくるナントカコントカよりも、
東日本大震災を予知した予言者なんて
言われている予言者よりも信用できます。

 

兆候はあるのか

それで、どうやってこの高橋学教授が
この地震を予知していて、尚且つ
どうしてその予知が信頼できるのか
という点になりますけれども、
高橋学教授はここで地震が起きる!とか
そこら辺の予言者達のように突然
言い出すのではなくて、過去のデータから
大地震の兆候などを予想しているそうです。

高橋学教授曰く、

「大地震は突然起きません。まず、それまで地震がほとんどなかったところでM3~4クラスの地震が数回以上発生します。それから約60日間の静穏期を経て、M2~4クラスの地震が起きます。

 するとその半日後から3日後にかけて大規模地震が発生しているんです。’95年の阪神・淡路大震災、’04年の新潟県中越地震、’11年の東日本大震災、昨年4月の熊本地震と同10月の鳥取県中部地震もすべて、このパターンに合致しています」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170511-00009635-jprime-soci&p=2より引用

だそうで、今回この東日本大震災の時や
熊本地震、鳥取県中部地震の時とほとんど
同じパターンになっている域を見つけたそうでして、
そこが福岡県博多周辺であるとの事です。

 

筆者は全くと言っていいほどこういう事には
詳しくないので、高橋学教授の話には首を
傾げるしかないのですけれども、過去の
地震情報を見てみると、確かに今年の3月13日に
県北西沖でM3・5の地震が起きていますし、
14日にはほとんど同じ場所でM2・9の地震
M3・0の地震が起き、更に19日には西南に
約20キロ離れた福岡地方でM2・7の地震が、
21日にはほぼ同じエリアでM3・1の地震が、
さらに東に約60km離れた北九州市でM3・1の
地震が発生している事が書かれています。

 

高橋学教授曰くこれら全ては大地震の兆候であり、
これらが頻発してある程度日が経った時に、
一際大きな地震がやってくるというそうです。

 

確かにこれまでの大地震の時を見てみると、
震度1とか2とか3とかの小さな地震が頻発して、
それから震度6強とかの強い地震が来ている
という話を聞いた事がありますし、
中越地震でもあの強い揺れが来る前に、
かなり弱い地震が続いてもいたそう。

それが福岡県で実際に続いている
ならば、この話は信憑性を帯びて
来ますね。

 

対策はあるのか

画像・http://xn--veka908tz7g20al12i4o0be1v.com/2016-5-19-earthquake-cloud/

そしてこの話が本当であった場合、
どうするべきかといいますと、
日頃からしている地震対策をする
しかありません。

 

強い揺れが来た場合には火を消し、
揺れが収まるまで机やテーブルの下に
隠れ、窓ガラスには近付かない。

 

道端で強い揺れに遭った場合は
建物から離れて、揺れが収まるのを
待ち、その後警察や消防が動くと
思われるので、その指示を待つ。

 

地震という未曽有の災害の前に、
我々が出来る事といえばこのくらい
ですから、この話が本当かどうか
定かではないものの、5月13日から14日は、
注意をしておいた方がいいでしょう。

 

特にその時に地震雲と呼ばれる、
地震が起きる前もしくは起きる日に
発生する謎めいた不気味な雲が
発生しているのが見えたならば、
更に注意が必要になります。

 

本当に何が起きるかは不明瞭なので、
念のために非常食を買っておくのも
ありでしょうね。

 

最後に。

2016年は熊本県で地震が起きていますから、
その近辺である福岡県内、福岡市や
博多で地震が起きても何もおかしな事は
ないという事でしょう。

 

何も起きない事を祈りたいところですけれども、
福岡県にお住いの方々は、5月13日と14日を
注意するに越した事はありません。

 

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2004年1月
    12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031