貴族探偵の4話の少年(いづな様)の正体とは?演出の男の子の子役は誰!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

ほいどうもこんにちは。

 

早速ですけれども、最近始まった月9の
ドラマである貴族探偵の4話目にて、
少年が突然映って消える心霊現象が
起きたなんて言う話がニュースの方で
報じられてますね。

 

その時貴族探偵を見ていた人達も、
そのシーンを見て震えあがったそう
なのですけれども、その心霊現象の
正体が何なのか、気になっている人も
未だにいるはず。

そこで今回は、この話について、
書いていこうと思います。

 

貴族探偵4話で心霊現象が?

貴族探偵というドラマがどのような
内容なのかですが、簡単に説明しますと、
麻耶雄嵩(まや・ゆたか)氏の小説、
「貴族探偵」と「貴族探偵対女探偵」を
原作にしたものでして、嵐の人気者
である相葉雅紀さんが主人公の
貴族を名乗る本名不明の探偵を
演じていますね。

そんな貴族探偵の4話は、
筆者の住んでいる新潟県に
貴族がやって来て、尚且つそこには
いづな様という神がいるという言い伝えが
あり、それに基づいた話が広がっていく
という内容だったのですけれども、
それの終わり頃に謎めいたシーンが
発生してしまいます。

それがこちらです↓

画像元・http://matomame.jp/user/mixmio/045a4c8522890f3c8d04

事件を解決した貴族こと相葉さんが
その場を離れようとしたその時に、
相葉さんの背後に黒い和服を着た男の子の姿が。
そしてその男の子は相葉さんが通り過ぎた
瞬間に消えてしまいます

そしてこの男の子はそのシーンにだけ登場し、
それ以降一切出てきませんでした

 

怪しげな男の子がいきなり現れて、
いきなり消えるというシーンだった
ものですから、これに気付いた人は
すごくぞっとしたそうで、中には
寝られなくなった人もいたのだとか。

そしてあまりに恐ろしい出来事の
ように感じられるこのシーンは、
心霊現象とも言われるようにもなりました。

 

その正体とは?

恐らく貴族探偵の4話を見ていた
人達全員が気になったであろう
この男の子の正体。

実はこれについて公式からの発表が
ありまして、以下のように語られています↓

 第4話は、人里離れた山奥にある新潟の老舗温泉旅館「浜梨館」が舞台。「浜梨館」は江戸時代から狐の神様“いづな様”を祭っているという劇中の設定で、今回の“幽霊騒動”にフジテレビは「子供の姿をした“いづな様”が貴族探偵を見送るという演出です」と明かした。

http://news.livedoor.com/article/detail/13037072/より引用

これによりますと、どうやら心霊現象と
思われたあの少年は演出の一環だった
ようでして、劇中に登場した神様である
いづな様が子供の姿となって具現し、
貴族探偵を見送るというものだったようです。

 

あまりに唐突なものだったからこそ、
心霊現象のように思われたのですね。

確かに何か不審なものが映っているシーンが
あるならば、すぐさま撮り直しにかかるのが
ドラマの撮影です。

もし本当に幽霊やら妖怪やらが映っていた
ならば、その時に大騒ぎになったでしょうし、
撮影も中止になっていたはずです。

 

なのに、こうして問題のシーンが普通に
放送されていましたから、あの男の子の
正体は、公式の発表のとおりと考えて
いいでしょうね。

 

子役は誰なのか?

尚、このいづな様を演じた男の子、
即ち子役については具体的な情報が
ないので不明です。

 

しかし、画像や映像を見る限りでは、
距離のせいもあるのでしょうけれども、
かなり顔がのっぺりしていますから、
もしかしたらマネキンなのかもしれませんし、
そこら辺のエキストラの男の子を採用し、
相葉さんが通るタイミングで物陰に隠れる
という撮影方法を使ったのかもしれません

何にせよ、真相はドラマの撮影スタッフ
だけが知るという事でしょうか。

 

スポンサーリンク

 

いづな様は実在するのか

ちなみに、貴族探偵の4話では、
いづな様という神様が新潟県新発田市に
伝わっていると言う話が出てきましたが、
はっきり言ってしまうとそのような神様は、
新発田市には伝承されておりませんし、
今回貴族探偵が立ち寄った老舗旅館の
浜梨館という旅館も存在しておりません。

しかもこの浜梨館は群馬県の山中にある
秘境温泉、霧積温泉金湯館という旅館が
ロケ地ですので、もっと新潟県とは
関係がありません。

 

なので、このいづな様は完全に架空の
神様なのですけれども、実は新潟には
管狐と呼ばれる妖怪と、管狐を使役する
飯綱使いの伝承があったりしております。

なので、このいづな様という神様も、
この飯綱使いの話を元に作られた
神様であるのでしょう。

 

最後に。

ちなみに夢を壊すようで悪いですが、
ドラマはあの手この手で演出を作る、
仕掛けも種もありまくるものですから、
何かあったとしても心霊現象だとかと
思わない方がいいでしょう。

尚、貴族探偵で言われていたから
といって、新潟県に来ても
いづな様伝説はございませんので、
ご注意ください。

 

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー