西中誠一郎の経歴や反日とは?今村雅弘復興相を激怒させた記者なのか?

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

どうもこんにちは。

 

皆さんは先日のニュースを見ましたか。
先日、今村雅弘復興相が記者会見にて、
記者の質問に激怒したというニュースが
あり、テレビやネットのニュースなどが
報道しているのですが、
この今村雅弘復興相を激怒させた記者が、

西中誠一郎(にしむらせいいちろう)

という名前の人である事が
判明して、しかもこの人がかなり
いわくつきの事柄を抱えている人
であるとも言われており、
かなりの話題を呼んでいます。

 

この西村記者とはどのような人物であり、
今回はそれについて書いていこう
と思います。

 

西村誠一郎のプロフィール

名前:西中誠一郎
読み:にしなかせいいちろう
出身地:山口県大島郡
生年月日:不明
年齢:不明
高校:都立富士高校
大学:早稲田大学

今回今村雅弘復興相を怒らせた
記者であるとされている西中記者は、
フリーのジャーナリストをやっている
人ですね。

しかし、この人についていろいろと
調べてみても、出てくるのは

  • 山口県大島郡出身である
  • 都立富士高校卒業である
  • 早稲田大学出身である
  • 学歴はエリートである

という事だけでして、生年月日や
年齢までも不明としか書けません。
ネットの方で調べてみても、
本人のツイッターアカウントを見ても、
それに該当している情報は全然
出て来てくれません。

 

年齢を隠してやっている人というのは
珍しい傾向にあるものですから、
この西中記者は珍しい方法を取っている
人であると言ってもいいですね。

 

その経歴

そして西中記者の経歴ですが、
上述したように都立富士高校、
早稲田大学出身であるという事、
学生時代にはオーボエを
吹いていたという事だけが
わかっている事でありまして、
その他の経歴などは調べても
全くと言っていいほど出てきません。

 

恐らくフリージャーナリストという
職業柄、あまり多くの自信の情報を
公開するわけにはいかないという事で、
多くの情報を公開しないように
しているのでしょう。

 

しかし、そんな西中記者ですが、
早稲田出身のフリージャーナリスト、
学歴エリートであるとされている
のに、曰くつきの日とも言われて
いるんです。

一体それは何なのかと思って、
本人のツイッターなどを
調べてみたところ、
西中記者のアカウント説明文に
このようなものが↓

入管難民、歴史認識、植民地問題、朝鮮学校、在日外国人コミュニティ、先住民族の権利、原発、監視管理社会化等を取材しているフリー記者、ビデオ制作してます。学生時代はOBOE吹き。ヘッダーの絵は敬愛する曺良奎(チョリャンギュ)「マンホールC」(1959年).今年は「敗戦70年」「日韓基本協定50年」。気合い入れ直します!

本人のツイッターアカウントより引用

全部読まれた方ならば
よくわかったかと思いますが、
どうやらこれこそが、西中記者は
曰くつきの人と言わせるもの
であるようですね。

そして西中誠一郎記者について
検索エンジンで検索をかけてみれば、

反日

という日本人である我々からすれば
全くと言っていいほど心地よくない
キーワードが出てくる始末。

そして西中記者のツイートを
見てみれば、

  • 反安倍主義
  • アベ
  • 反歴史修正主義

などといった単語が出てきています。

こういう事もあって、この西中記者は
フリージャーナリストというよりも、
反政府活動家であるとも言われている
ようです。

 

今村雅弘復興相を激怒させたのか

そして今回この西中記者は、
フリージャーナリストとして、
今村復興相の記者会見に参加、
そこで今村復興相にしつこく
質問をして、今村復興相を
激怒させたとされてます。

 

しつこく質問をされれば、
誰だって怒りたくなるのは
よくわかるので、今村復興相の
怒りもわからないわけではない
のですが、今村復興省の発言も、
ちょっとひどいのではないかと
思えるものでした。

 

詳しい経緯を書くと難しくなる
ので、割愛いたしますが、
今村復興相は東京電力の管理する
福島原発の事故による、
自主避難者への住宅の無償提供が
3月末で打ち切られた事について
話したのですが、その時に
今村復興相は

「自主避難は自己責任」

と発言したのです。

 

これを聞いた時には、筆者は
それはないだろうと思いましたよ。

 

筆者の住む町と新潟県にも、
多くの福島県民の皆さんが
避難してきており、その事が
県内ニュースで何度も報じられて
ますし、苦しい生活を余儀なく
されている事も報じられてます。

実際夕方のニュースでも、
その様子が報道されてました
ものですから、多くの新潟県民が、
福島県からの避難者の様子を
よく覚えています。

 

この発端は東京電力の福島原発事故。
この事故によって福島県民の人々が、
したくもない避難生活をする事に
なってしまったというのに、
それを自己責任というのは、
あまりに心無さすぎるのでは
ないかと思います。

辞任しろとは言いませんが、
もうちょっと福島県民の人々の
事を考えられなかったのかって
言いたくはなります。

 

西中記者の考えがどうだったのかは
定かではありませんけれど、
今村復興相の発言がないというのは
賛成です。

ただ、しつこく質問をして
怒らせるというやり方はないだろう、
もっと別なやり方があったはずだとは
思いますけれどね。

 

しかし、報道番組の方では、
今村復興相がどのような質問の
された方をしたのかとか、
そもそも記者が西中記者である
という事の一切を伏せて、
ただ今村復興相の激怒した様子や、
発言を印象操作するかの如く
見せつけるような報道の仕方を
しているという意見も出てます。

それもどうなのかって思いますね。

 

スポンサーリンク

 

最後に。

今回今村復興相こそが悪者である
みたいな報道のされ方がされてます
けれど、西中記者のやり方も疑う
べきなのではないかと思います。

報道番組は西中記者の事を隠し、
そのうえで西中記者の味方を
してるみたいですが、
はっきり言ってどっちもどっちです。

 

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー