柳本光晴(やなもとみつはる)の年齢や大学は?結婚や性別も!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

ほいどうもこんにちは。

 

早速ですけれど、マンガ大賞2017に
ノミネートされた作品が、
ビッグコミックスペリオールで連載中の
作品である、

響~小説家になる方法~

という作品であると発表されて、
その作者である

柳本光晴(やなもとみつはる)

という人がかなりの話題を呼んでいます。

筆者はこの作品の名前をちらほらと
聞いた程度で、読んだ事は
なかったのですけれど、
今回こうやってマンガ大賞2017に
選ばれたわけですから、人気のある
作品だという事がよくわかりました。

 

しかし、そこで気になってくるのは、
このマンガ大賞2017にノミネート
された響~小説家になる方法~の、
作者である柳本光晴先生がどのような
人なのかっていう点ですよね。

 

ノミネート作品を作り出したくらい
だから、かなりの人であるはず。

そこで今回は、この事について、
書いていこうと思います。

 

柳本光晴のプロフィール

名前:柳本光晴
読み:やなもとみつはる
職業:漫画家
性別:男性
出身地:徳島県
在住地:東京都調布市
誕生日:8月25日
本名:不明
年齢:不明
出身高校:不明
出身大学:不明
血液型:不明
趣味:不明

今回マンガ大賞2017に選ばれた作品、
響~小説家になる方法~の作者である、
柳本光晴先生。

この柳本先生がどのような人物なのか
調べてみて、プロフィールを組んで
みたのですけれど、面白いくらいに
不明だらけになりました。

 

なんでこんなに不明だらけなのか
といいますと、どんなに調べてみても、
柳本先生が響~小説家になる方法~の
作者である事くらいしか出て来なくて、
漫画家の名前や情報が載っている、
まんがデータベースというところで
柳本先生について検索をかけてみても、
出てくるのは

  • 活動名が柳本光晴(やなもとみつはる)
  • 徳島県出身である
  • 誕生日が8月25日である
  • 性別が男性である

という本当に最小限の情報だけで、
年齢から誕生日から出身高校や大学まで、
何から何まで非公開にされているんです。

しかも柳本先生はツイッターも
フェイスブックもやっておらず、
自分自身の事は何から何まで、
全く公表しないというやり方を
貫いてらっしゃるんです。

なので、どんなに調べたとしても、
柳本先生の情報は出て来ず、
プロフィールは不明だらけに
なるんですよ。

けれど、この傾向は同人作家
上がりの漫画家によく見られ、
柳本先生自身同人作家上がりの人
であると自身のブログでわかっているので、
そういう事もあって、自分の
プロフィールだとかを
公表しないでいるのかもしれませんね。

 

高校や大学はどこなのか

しかし、徳島県出身であるという事と、
漫画家というのは基本的に漫画の勉強が
出来る専門学校や大学を出ている人が
なりやすい傾向がありますから、
あくまで予想であるものの、
柳本先生は徳島県内の高校に通った後に、
東京都内にある漫画の勉強が出来る
大学や専門学校に通って卒業した後に、
漫画家になったのではないかと思います。

この辺りの情報は、何かわかり次第、
追記したいと思います。

 

年齢や結婚は。

そして気になる年齢ですが、
そこまで若々しい人ではないという
感じが、表彰式の時のイメージ
だったので、30歳は過ぎている
のではないかとも思いますね。

 

このくらいの人ならば結婚も
していそうな感じがありますが、
漫画家という職業柄と、
柳本先生のブログに奥さんや
お子さんの話が一切出て来て
いないという事から、
結婚もしていなければ、
お子さんもいないのでしょう。

漫画家というのは常に自分の作品に
打ち込み続けなければならない
職業でありますから、
この辺は漫画家ならば、
よくある話です。

 

スポンサーリンク

 

響~小説家になる方法~はドラマ化される?

そして今回マンガ大賞2017に
ノミネートされた
『響~小説家になる方法~』ですけれど、
これはもしかしたらドラマ化や、
映画化される作品なのではないかと
予想できます。

何故ならば、このマンガ大賞には、
ドラマ化されてかなりの注目を
浴びる事になった、

『東京タラレバ娘』

も含まれている事と、
響~小説家になる方法~自体が、
変にファンタジーしていないため、
実写映画化と相性がいいという点に
あります。

 

響~小説家になる方法~のストーリーは、

 

一見どこにでもいるメガネの、
地味で小説大好きな女子高生鮎喰響が、
自分で描いた作品を世に出したい
という思いに駆られ、よくある
固定概念やら小説家によくある
表現やらの一切を無視した、
独特表現の作品をコンクールに
応募したところ、ものすごく注目されて、
出版業界そのものを震撼させる事となり、
鮎喰は小説家として歩み出す

 

という感じになってますが、
やはり変にファンタジーじゃない
ですから、実写化と相性がいいです。

 

なので、近い将来この作品も、
実写映画化される事になる可能性を
持っているのではないかと、
筆者は個人的に思います。

その時に柳本先生がどんなふうに
喜ぶ事になるかは、想像するのは
簡単ですね。

もし本当に実写映画やドラマに
なった際、キャストや女優がどうなるのか、
楽しみですね。

 

最後に。

今回ノミネートされる事になった
響~小説家になる方法~は、
ビッグコミックスペリオールで
連載されており、現在単行本も
4巻まで発売されております。

この作品の単行本はどこの
書店でも売られていますが、
今回こうやってノミネート
されましたから、大きく
宣伝されている事でしょう。

気になった方は書店にGO、です。

 

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー