おおかみこどもの雨と雪の雨のその後はどうなった?最後が気になる

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

ほいどうもこんにちは。

 

早速本題に入りますけれど、
今週の金曜ロードショーにて、
細田守監督の作品である、

『おおかみこどもの雨と雪』

が放送されますね。
これを聞いた時には、筆者は本当に
歓喜しましたよ。

この作品は細田監督の作品の中でも
かなり賛否両論の作品とも呼ばれて
いるのですが、筆者はこの映画だけは
細田監督の作品の中で唯一、
劇場に足を運んでまで見た作品
でありまして、その時から
大好きなんです。

 

恐らく細田監督の映画が好きな人
ならば、この雨と雪が放送されると
聞いた時、筆者のように歓喜
なさったはずです。

 

しかし、実のところこの作品には
気になる部分があり、放送されるのは
いいけれど、それがずっと
気になっているという人も居ると
思います。

実際に筆者も、その部分が気に
なっていたりしますからね。

 

そこで今回はその事について、
考察も含めて書いていこうと思います。

 

おおかみこどもの雨と雪の概要

まず最初にこの映画がどのような
作品なのかといいますと、
上述しているとおり、映画監督である
細田守監督が監督を務めている、
細田映画の三作品目です。

 

この作品の最大の特徴は、
普通の声優さんをほとんど起用して
おらず、キャラクターの声を
当てているのが、俳優さんや
女優さんなんです。

花:宮崎あおい
彼:大沢たかお
雪:黒木華(少女期)、大野百花(幼年期)
雨:西井幸人(少年期)、加部亜門(幼年期)

主人公である花なんか、
かの有名な宮崎あおいさんですからね。

宮崎さんが主人公を演じているって
いう事がわかった時には、かなりの
話題を呼ぶ事になりましたし、
朝のニュース番組でも取り上げられる
ような事が多かったですね。

その具体的な概要ですけれど、

開始当初19歳の少女だった花が、
狼男である『彼』と出会い、
その彼との二人の子供を身籠って出産、
その子供との困難や乗り越えるべき壁、
子供が抱える問題などに向き合っていく

という感じになっています。

 

大まかなあらすじ

19歳の大学生の花はある時、
大学に不思議な男が現れている事に
気付く。

その男とは、最初こそはぎこちない
仲だったものの、次第に恋に落ちて
いくが、ある時その男は自らが、
絶滅した日本狼の末裔の狼男である
という事を話す。

それでも尚、花は男の事を受け入れ、
男との子供を身籠り、出産をする。

最初に生まれた子供は女の子で、
雪の日に生まれたために雪と、
次の子供は男の子で、雨の日に
生まれたために雨と名付けられる。

しかしこの雨を花が出産した直後に、
彼は事故に巻き込まれる形で死亡し、
花は独り身で雪と雨を育てる事になるが、
都会では狼と人間のハーフである
雪と雨を育てるのは難しく、
結局田舎に引っ越す事になる。

田舎に引っ越した後は、雪と雨は
すくすくと育っていくが、その中で
雪は人間として生きていくべきだという
事に、反対に雨は狼として生きていく
べきだと気付く。

そうした日々を過ごしていく内に、
雪は最終的に狼の姿を完全の封印して
人間となり、逆に雨は人間の姿になる事が
なくなり、山で狼として生きていく事を
選択する。

 

雨は最後どうなった?

ここからは既に映画を見ている人を
対象にしていきますが、映画を見終えて
気になってくるのは、この映画の
エンディングの後の、雪と雨の
その後ですよね。

 

最終的に雨は狼として山で生きる事を、
雪は人間として街の中で生きていく事を
選びますが、その後の事は映画でも、
原作の小説の方でも描かれていません。

 

ただ、わかるのは雨が入っていた山の
近くに、花が引き続き住んでいる事と、
雪は劇中で出会った少年である草平と
同じ学校に通っている(漫画版では
そういう描写がある)という事です。

 

なので雪に至っては、草平と時を
同じくしていって、かつての
花と彼のように結婚をして子供を
授かったりしたのではないかという
意見が、ファンから寄せられて
います。

 

劇中のある時では、草平が主人公、
雪がヒロインのようになる描写が
あったりしますからね、
そういう意見が寄せられても
不思議ではないと思いますし、
実際に映画を見た筆者も
そう思いましたから。

 

そして雨ですけれど、雨は山の主を
引き継ぎ、雪とは真反対に狼として
生きていく事を選択しているため、
エンディングの後もずっと、
山の中で暮らしていくのではないかと、
ファンの間では言われています。

 

しかし、そのファンの中には、
母親である花が山の近くに住んでいる上に、
雨自身非常に大人っぽくなって、
彼からも「もう大人だよ」と言われている
ものの、人間の子供としての部分を
失っておらず山の中で狼として
暮らしているが、ちょくちょく
花のところに帰ってきて人間に
戻っているなんていう意見を
出している人もいますね。

確かに、雨はものすごい勢いで
成長して行って、一番最初の
内向的なあの雨はどうしたと
言いたくなるくらいに勇ましくなり、
最終的な容姿も大人の狼のそれに
なりますが、やはり中身は10代の
子供のままです。

そして自分を愛して育ててくれた
花が母親である事を、花への思いを
捨てる事は出来ないと思うので、
意外と雨は山と花の間を行き来する
ような生活を送っているの
かもしれませんね。

 

最後に。

尚、上述しているのは、あくまで
ファンの間で言われてる予想であり、
公式からの発表ではありません

雪と雨のその後の発表は公式から
されていませんが、という事は
好き勝手に予想していいという事なので、
ファンの予想や自分の感想を参考に、
二人のその後を予想してみると
良いでしょう。

そんなおおかみこどもの雨と雪の
放送は、3月24日の午後9時から
なので、ファンの方々はお見逃し
ないように!

 

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031