三和油化工業(茨城県稲敷市)の火災の原因や避難勧告の解除はいつ?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

どうもこんにちは。

 

ただいま茨城県稲敷市の方で、
見過ごす事の出来ない事が起きています。

そこにある三和油化工業の廃油工場が、
本日3月17日の正午に火災を起こし、
沢山の消防車と救急車が出動し、
多数の消防車によって今もなお消火活動が
続いているという話です。

しかもこの火災はかなりの
規模のようで、周辺の地区で
避難勧告が出されて、周辺の住人の
皆さんは避難を余儀なくされています。

 

筆者の住んでいる新潟県の糸魚川でも、
以前非常に大きな火災があり、
全国放送されたものですから、
これを見た多くの人が、
その時の事を思い出したと思いますが、
一体何故、このような火災が起きて
しまったというのでしょうか。

 

そこで今回は、この事について
書いていこうと思います。

 

三和油化工業の工場の火災の原因とは。

今回、火災が発生したのは
三和油化工業の茨城工場。
情報によりますと、廃棄物の油から
燃料を作る作業が行われているところ
のようですね。

 

それで気になってくるのは、どうして
この工場で突然火災が発生したのか、
その原因ですよね。

 

この工場の火災の原因についての
発表はされていないので、
現時点では不明としか言いようが
ないのですけれど、その原因は
発表される必要もないのかも
しれません。

 

この工場は廃棄物の油から燃料を
作ったりするところであり、
非常に燃えやすいものが沢山
揃っているところです。

そして油というものは、
イメージする事は難しいかも
しれませんけれど、どんなものでも、
温度が上昇するだとか、
小さな火花が入っただとか、
そういう条件が揃えば発火するもの。

 

その事から考えるに、作業中に
油の温度が上昇して自然発火、
もしくは火花などによって引火し、炎上。
そのまま他のところに爆発的に
燃え広がっていき、今回の火災に
繋がったのかもしれませんね。

 

尚、詳しい原因についての発表があったら、
その時にまた追記したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

避難勧告の解除はいつになるのか

ここからが問題なのですが、
今回の事を受けて稲敷広域消防本部は、
火災が発生した1時間後の午後1時45分に、
工場が立地する釜井とその周辺の
計4地区約750世帯に避難指示を
出しています。

 

この工場の近くに住んでいる方々は今、
近辺の小学校などに避難をしている
ところだと思います。

 

そこで気になってくるのは、
この避難勧告の解除がいつになるのか
ですけれど、今でもこの火災も
消火活動も続けられていますので、
この消火活動が終わらない限り、
避難勧告も解除されないというのが
現状です。

 

しかし、問題はそれだけじゃないです。
今回この工場で燃えたのは
廃棄物の油であり、その火から出ている
黒煙は有毒ガスそのものです。

 

火災が鎮火したとしても、
この有毒ガスが広まっていては、
避難所から戻る事は出来ません。

 

なので、この避難勧告が解除されるのは、
早ければ本日の20時から22時頃、
遅ければ明日の朝や昼になるのかも
しれません。

 

最後に。

個人住宅ならばいくらでも火災を
起こさない工夫や注意をする事は
出来るのですけれど、
こういう工場とかの火災は
機械とかが起こす事さえ
あるものですから、
どうにもならない事が多いです。

 

糸魚川のあの火災の後ですから、
これ以上被害が広まらない事を
祈るばかりです。

 

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031