吉村崇(ノブコブ)の脱力タイムズの規制音やモザイクの中身とは?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

ほいこんばんは。

 

本日、ちょっと夜更かしをして、
脱力タイムズという、ふざけた事を
大真面目に解説するバラエティ番組を
見ていたのですけれど、そこに、
筆者のお気に入りの番組である、
損する人得する人にも出演している、
平成ノブシコブシの吉村崇さんが
出演していたのですけれど、
そこで面白い事が起きてしまって、
深夜付近だというのに結構な
話題になっています。

きっと、脱力タイムズを見ていた
様々な人が、笑ってしまった
でしょうし、気になった事が
あったと思います。

 

そこで今回は、この事について、
軽く書いていこうと思います。

 

吉村崇、ピー音とモザイク

今回の脱力タイムズは、
平成ノブシコブシの吉村崇さんが
呼ばれてきて、吉村さんをひどい
扱いにする内容だったのですけれど、
その中で吉村さんは深夜番組テンション
荒ぶりまくりまして、
ある事を大声で言い出したのですけれど、
その時に音声にピー音
即ち規制音がかけられて、
更にテロップも出ていたのですが、
その部分にモザイクがかけられて
しまうという、
視聴者からすれば
爆笑物の展開
になりました。

 

これを規制音もモザイクもなしに
聞いてしまったであろうスタジオの皆さんは、
笑うのを必死に我慢して、
ものすごい形相だったのですが、
その展開を目の当たりにして、
吉村さんは更に絶叫。

 

本日の脱力タイムズは、
深夜11時であるにもかかわらず
大声で笑ってしまうような
カオスさのある番組でありました。

 

規制音の中身は何だったのか

それで気になってくるのは、吉村さんの
規制音の中身、モザイクの内容ですよね。

 

色々とひどい扱いにされてしまって、
絶叫した時に吉村さんにピー音と
モザイクがかけられてしまった
わけなのですけれど、実はその時に、
吉村さんは文面に現すのも躊躇う
ような品のない事を言っていたんです。

 

そこにプラスして言ってみたら、
ピー音とモザイクがかけられた
わけなのですけれど、
事前にかなり品のない事を言っている
ので、ピー音とモザイクの中身も、
放送出来ないレベルの
品のない事だった事は確かです。

 

そしてそれを聞いたスタジオの皆さんは、
必死になって笑うのをこらえて、
真面目な顔をしていましたから、
普通のバラエティ番組だったならば
大爆笑してしまうくらいに
品のない事だったようです。

 

そんなものは放送するわけには
いかないので、適切な処理が
なされたと言えるでしょう。

 

何にせよ吉村さんの品のない発言は、
放送されなかったわけなのですけれど、
不思議な事に、ピー音やモザイクは、
聞いたり見ただけで、何故か
笑ったりしてしまうような
ものなんですよね。

なので、ピー音とモザイクが出て来た時、
この番組を見ていた多くの視聴者が、
思わず笑ってしまった事でしょう。
現に筆者は夜の11時だというのに、
爆笑しておりました。

 

最後に。

吉村さんの発言が本物なのか
どうかは定かではありませんが、
吉村さんは笑いを取ろうとして、
あのような事を言ったのでしょう。

 

その結果、スタジオの皆さんの笑いを
とる事は出来ませんでしたが、
視聴者は大爆笑しているので、
作戦は大成功していますね。

 

脱力タイムズは、こういう事も
ありますから、中々に
見ごたえがあります。

 

次回もこのような事に
なるのではないと、
今から楽しみです。

 

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

カテゴリー