GACKT(ガクト)といい関係になっている女性は誰?元愛人の名前とは!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

ほいどうもこんばんは。

 

今回、珍しくテレビを付けて、
ダウンタウンDXを見ていたのですが、
そこにかの有名なタレントであり、
歌手であるGACKT(ガクト)さんが
出演して、元愛人の話だとかを
話しておりました。

 

GACKTさんは以前週刊文春に、
元愛人の話を突き止められて、
かなり大きな騒ぎになりましたが、
それについての真相を
話してくれたわけなのですが、
その中でGACKTさんには、
いい関係になっている人がいるという事も
話してくれました。

 

今回筆者と同じようにダウンタウンDXを
見ていた人は、あのGACKTさんと
いい関係になっている女性が
どのような人物なのか、
気になっている事でしょう。

 

そこで今回は、そこの事について、
書いていこうと思います。

 

GACKTの元愛人は、嘘。

様々なゴシップ記事や噂が絶えない
GACKTさんですけれど、GACKTさんは
独身であり、そもそも奥さんがおりません

 

なので、愛人も何もないっていうのが
真実であり、この前の話は別な話を
週刊誌が勘違いして載せたものである
というのを、GACKTさんが自ら
ダウンタウンDXで語りました。

 

GACKTさんの元愛人がどうこれ
っていう話が報道された時、
本当に大きな話題になりましたが、
その真相は元愛人も何もない
っていう。

そのニュースはそんなのが真実だったのかと、
ダウンタウンDXを見ていた
GACKTさんファンの皆様は、
驚いたと思います。

 

しかし、真相がそんなお話だというのに、
異様なまでに拡大解釈されて、
ここまで変な話にされて報道
されてしまうというのは、
GACKTさんのような大物にとっては
当たり前のお話なのかなと、
思いもしましたね。

 

やはりGACKTさんくらいの
大物になると、どんな話でも
かなりの話題を集める事が出来ますし、
元愛人だとか元カノだとか、
そういう恋愛に関係したお話になれば、
ものすごい注目度になります。

 

そういう事もあるから、
こんなお話が出てきてしまう
事もある、という事なのでしょう。
恐らくですが、GACKTさんも
この報道がされた時に、
またこんな話か
と思った事でしょうね。

 

いい関係になった女性は誰なのか。

それで気になるのは、
元愛人という疑惑をかけられて、
GACKTさんとはいい関係になっている女性が
一体誰なのかっていう点ですよね。

 

今回わかったのは、その女性の特徴は

  • GACKTさんの愛人なんかでははない
  • いい関係にはなっている
  • 5,6年前に出会っている
  • 既に彼氏がいる
  • GACKTさんはその恋愛を応援している

であるようです。

ここまで読んでみるとわかると
思いますが、元愛人とか、
そういうものとはかなり
かけ離れてしまっていますよね。

 

しかし、これだけの情報しか、
GACKTさんは話してくれず、
その人がそもそも一般の人なのか、
それとも芸能界に関わっている
人なのか、芸能人なのか、
その辺りの事は教えてくれませんでした。

 

なので、この女性の正体は
不明であるとしか言えないのですが、
誤りであったGACKTさんの
元愛人という報道がされた時、
盛んにネットの方でその人物に
ついてに議論が行われて、
以下の人達の名前が浮上しています。

 

  • 松川佑依子
  • 日向泉
  • ICONIQ
  • 福世恵梨奈

この4人は全員が芸能人ですから、
GACKTさんと接するチャンスが
あると言える人達ですね。

 

あくまで予想でしかありませんけれど、
この4人の誰かが、

GACKTさんといい関係になっている女性

なのかもしれません。

 

しかし、その女性はあくまで
GACKTさんといい関係になっている
だけで、GACKTさんの元愛人だとか
そういう関係ではありませんし、
既に交際している男性もいると
GACKTさんが言っています。

なので、その女性はGACKTさんと
仲の良い友人っていうのが、
本当のところでしょう。

 

 

GACKTさんのゴシップや
スキャンダルは、かなりの
注目度を呼ぶでしょうけれど、
それが嘘だったならば、
話を捏造して、GACKTさんに
変なイメージを植え付けたという事で、
週刊誌自体の信用度が失われます。

 

そして今回、あの話はGACKTさん
自身の手によって嘘だったと
実証されてしまいました。

 

話をばら撒いた週刊誌は、
捏造してまで注目を浴びたいのかって、
そんなふうに思います。

 

スポンサーリンク

 

最後に。

何度も言っているように、
GACKTさん自身は超大物ですから、
やはり週刊誌の狙いの的に
なっているのでしょうね。

 

これからも様々な週刊誌に、
GACKTさんが取り上げられる事が
沢山あるでしょうけれど、
いきなり食いついたりしないで、
その話は本当なのかどうか、
疑う必要もありそうです。

 

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー