ディックブルーナの死因や病気とは?妻や子供も調べてみた

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

こんばんは。筆者でございます。

 

余りに突然すぎるお話ですが、
ミッフィーちゃんの作者で有名な、
ディック・ブルーナさんが亡くなった
という報せが入ってきました。

 

あのミッフィーちゃんの
作者であるブルーナさんが
亡くなってしまったという事で、
深夜であるというのに、非常に
大きな騒ぎが起きています。

 

しかし、そんなブルーナさんについて、
いくつか気になっている事がある
という人も、
それなりにいらっしゃるはず。

 

そこで今回は、この事について、
少しだけ書いていこうと思います。

 

ディックブルーナの死因とは。

ミッフィーちゃんの作者である、
ディックブルーナさんの死因。
それは老衰だそうです。

 

これまで何人もの著名人が
何らかの病気で
亡くなっていますから、
ブルーナさんもそれらと
同じなのではないかと
思われましたが、
故郷の中部ユトレヒトで、
89歳という高齢で、
静かに息を引き取ったそうです。

非常に、安らかな最期で、
生涯を終えたとの事です。

 

妻や子供は。

そして気になってくるのは、
ブルーナさんの奥さんや、
お子さんの事ですよね。

 

ブルーナさんは1953年に、
イレーネ・デ・ヨングさん
結婚をなさっておりまして、
その頃から、イレーネさんは、
ブルーナさんが経営する、
ブルーナ社の専属デザイナーとして
働いています。

 

よく、こういう有名人のお話になると、
奥さんの事がよくわかっていない人が
多いのですけれど、
ブルーナさんは奥さんの情報も
ちゃんと公表していたようです。

 

奥さんでありながら、
ブルーナ者の専属デザイナーですからね、
これは公表するでしょう。

 

しかし、奥さんの詳細な情報はあっても、
お子さんのお話は出てきませんでした。

 

その事から、お二人の間に、
お子さんはいなかったのでは
ないかとも考えられます。

 

けれど、もしかしたら
公表していないだけで、
お子さんはいらっしゃったのかも
しれませんし、お孫さんだって
いたかもしれません。

 

そしてもし、
それが本当なのだとしたら、
きっとブルーナさんは奥さん、
お子さん、お孫さんと言った
愛する家族に看取られながら、
天国へ旅立って行ったのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

最後に。

ミッフィーちゃんの作者である
ブルーナさんが亡くなってしまった
というのは悲しいですけれど、
死因が老衰という、
寿命を全うしたという事なのは、
良かったと思います。
苦しい最期ではなかったって事ですから。

 

ブルーナさんは亡くなってしまいましたが、
ミッフィーちゃんはこれからもずっと、
多くの人に親しまれていくでしょうし、
ブルーナさんが作者であるというお話も、
語り継がれていく事でしょう。

 

ミッフィーちゃんのお父さん、
冥福をお祈りします。

 

それでは、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

カテゴリー