銀と金のドラマの最終回のネタバレは?結末や原作との違いはどうなる!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

ほいっ、雪が止んで陽の差している新潟の

筆者ですよ。

 

ところでところで、皆さんは最近の

ドラマを見ていらっしゃいますか。

 

先月と言うか去年は、逃げ恥や

地味にスゴイなどのドラマが放送

されるなり大きな話題となり、

大人気になりましたよね。

 

筆者の中ではドラマはアニメに

劣るっていう勝手なイメージがある

のですが、これらを見ていると、

それらは簡単に覆せるものだって

わかってきます。まだまだドラマも

捨てたものではないですね。

 

そんな事を思っている間に、

今期の新たなドラマたちが始まった

わけなのですけれど、その中で注目

したものがあります。

 

それはカイジやアカギで有名な

福元伸行さんの漫画が原作である

銀と金。

 

途中で打ち切りになった

経歴のある作品ではありますが、

これが深夜ドラマとして放送されて

おりまして、福元さんのファンならば

毎週欠かさず見ていらっしゃると思います。

 

そんな銀と金ですけれど、これを見ている

人の大体の人が、結構色々な事が気になって

いると思います。

 

そこで今回は、この事について書いていこうと思います。

 

銀と金の登場人物

森田鉄雄/池松壮亮

主人公。

相手の虚を天才的に見抜いて

勝ちぬく鋭さを持つ一方、

強運の持ち主でもある人物。

銀二の悪党ぶりと金を手にすることの

天才的な才能に憧れて、

「銀を超える金(キン)と呼ばれる人間になりたい」

という志を抱く。

 

◆平井銀二/リリー・フランキー

主人公。

「銀王」の異名を持つ裏社会のフィクサー。

あらゆる面で卓越した能力と、独自の人生哲学を持つ。

 

◆安田巌/マキタスポーツ

警視庁OB。

平井銀二と共に裏社会で生きている。

比較的人間味がある。

 

◆巽 京子/臼田あさ美

銀二達のたまり場のバーを経営

している元新聞記者。

銀二でも過去を良く知らない。

 

◆船田正志/村上淳

東京地検特捜部に所属していた元検事。

頭脳派として銀二からの信頼が厚い。

 

イントロダクション

何事もうまくいかず、ギャンブルに逃げていた森田鉄雄(池松壮亮)が、“金がすべて”の裏社会を仕切る大物フィクサー・平井銀二(リリー・フランキー)に出会い、欲望に踊らされる悪の紳士たちを、経済的にも精神的にも粉砕し、多額の金を奪い取る、「悪」vs「悪」の「究極のマネーゲーム」を描いた魑魅魍魎のブラックエンターテインメントドラマ。

テーマは、巨額の金額を賭けた、“怒涛の心理戦”。
日本の裏社会を舞台に、搾取される側から搾取する側へ。
標的は、銀行、大企業、資産家・・・そして、政治家たち。
我欲むきだしの権力者たちから、何千万、何億、何百億という金をあらゆる手段で奪い取る。
胃を締め付けられる緊張感と、心臓が飛びだすほどのどんでん返し。命を懸けた攻防戦を、圧倒的な世界観で映像化!
まさに「ざわざわ・・・ざわざわ・・・」となること間違いなしの勧善懲悪型ブラックエンターテインメント。

銀と金の公式サイトから引用

 

最終回のネタバレは。

この作品ですけれど、上述したように

漫画が原作となっておりまして、

その漫画は実は打ち切りと言う形で

終わってしまっています。

 

なので完全に終わると言う事なく、

このドラマも最終回を迎えることが

決定してしまっていますね。

 

んで、その結末がどんな感じなのかと

言いますと、裏社会で活動を進めていく

森田鉄雄は、やがてそのやり方や裏社会に

疑問を持つようになり、最終的に

裏社会からの脱退を決意して、

仲間である銀二との仲を分かつ事に

なります。

 

一方銀二は裏社会に残る事を

選択して、裏社会を通じて表社会を

支配する計画を進めていく――。

みたいな感じになっています。

 

恐らくですけれど、ドラマの方でも

このような感じで物語を進めていって、

最終的に森田鉄雄が裏社会から足を

洗い、銀二が裏社会に残るところで

ドラマが終わるんじゃないかと思います。

 

一番いいポイントがそこですからね、

きっとそこがドラマの最終回ポイントにも

なるはずですよ。

 

しかしこれはあくまで筆者の予測でしか

ないので、どうなるかどうかは最後まで

見てみないとわかりませんね。

 

それに、原作では男である巽は、

本作では女性に変わっていたりします。

なのでどこまで変わってしまうのか、

本当にわかりませんね。

というか、福元さんの作品の実写化の

際には、男性キャラが女性に変更される

事は少なくないようですね。

カイジの時にも遠藤さんが女性になって

いたりしましたし。

このドラマ、どうなるのか先が読めませんね!

 

最後に。

最近は福元さんの作品のドラマ化が多い

ような気がしますが、福元さんの作品は

それほどドラマとの相性もいいのでしょうね。

 

出来れば今度は、かつて映画でもやった

カイジの実写版をドラマでもやってほしい

と筆者は個人的に思っています。

 

そしてこのドラマがどのような感じに

なっていって、最終回を迎えるのか、

気になるところでもありますね。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー