神山繁の死因は病気なのか?病名や家族や再婚も調べてみた

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

皆さんは神山繁(こうやましげる)さん

という方をご存知でしょうか。

 

神山さんはかの有名な作品である、

踊る大捜査線や、北野武監督が

監督を務めた作品である

アウトレイジにも出演し、

その他様々な作品に脇役として

出演しており、名脇役として

名を馳せている人でした。

今のBS放送などを見れば、

昔のドラマとかもやってますから、

BSを付けて、運が良ければ、

神山さんが出演しているドラマを

見る事が出来るでしょう。

 

しかし、そんな神山さんが亡くなってしまった

っていうニュースが突然届けられてきまして、

かなり大きな話題になっています。

 

筆者はあまりこの人の出ている作品を

見ていたわけではないのですけれど、

見ていた人からすればなんでこの人がと

思われたでしょうね。

 

しかし、このニュースにはかなり気になる

点がありまして、今もそれが気になっている

という人も沢山いると思います。

 

そこで今回は、この事について書いていこうと思います。

 

神山繁の死因とは。

最初に神山さんの訃報を届けてきた

メディアは、デイリースポーツという

ところです。

 

そのデイリースポーツの記事が

Yahooニュースに掲載された事で、

大きな話題になっているような感じですね。

 

そして神山さんの訃報ですが、

以下の通りになってます↓

 

テレビの人気アクションドラマ「ザ・ガードマン」(1965~71年)や、「踊る大捜査線」シリーズ、「アウトレイジ ビヨンド」(2012年、北野武監督)などに出演し、名脇役として知られた俳優・神山繁(こうやま・しげる)さんが今月3日に亡くなっていたことが16日、分かった。87歳。所属事務所が同日、公式サイトで訃報を伝えた。

 神山さんはきょう16日に米寿(88歳)の祝いを迎えるはずだった。

 所属事務所によると、「葬式無用、戒名不要」という生前の本人の意思を尊重し、近親者のみで見送った。

 神山さんは海軍経理学校(38期)出身。趣味は陶器などの美術鑑賞で、現在は京都に暮らしていた。英語も堪能で、ハリウッド映画「ブラックレイン」(89年、リドリー・スコット監督)にも出演。2007年にはNHKの教育番組「英語でしゃべらナイト」に最高齢で出演している。

 1952年、文学座に入り、演出助手の後、俳優に。75年に演劇集団「円」の旗揚げに加わった正統派の新劇俳優。気骨があり、地位も品もある役柄を多く演じた。

 出演作は多岐にわたり、映画「にごりえ」(53年、今井正監督)、近年は「ホーム・スイートホーム」(2000年)で、痴呆症状が現れ始めた元オペラ歌手の父親役を主演した。ほかに「踊る大捜査線 The Movie 2レインボーブリッジを封鎖せよ!」(03年、本広克行監督)など。

yahooニュースより引用

神山さんは87歳でしたけれど、本日で

88歳の誕生日を迎えるはずでした。

しかしそれは叶わず、名脇役と呼ばれた

神山さんは87歳のままこの世を去る事に

なってしまいました。この話を聞くだけで、

悲しくなってしまいますね。せめて、

88歳の誕生日を迎える事が出来たならって、

残念で仕方ないです。

 

しかし、このニュースには気になる

ところがあります。それは神山さんの

死因についての供述がない事です。

人は何も理由もなしに亡くなったりは

しないので、神山さんにも死因があります。

 

それは一体何だったのでしょうか。

実は、神山さんはだいぶ前から

肺炎

を患っておられたようでありまして、

これの悪化によって亡くなってしまった

みたいなのです。

 

確かに肺炎で亡くなるご老人と言うのは

本当に多くて、ご老人の死因の上位に

食い込んでいるものです。

(その次が老衰で一番は癌だそうです)。

きっと神山さんはこのまま肺炎を治す

つもりでいたのでしょうけれど、

それは叶わなかったのかもしれませんね。

 

こういう有名な人の死因は出来れば老衰、

即ち寿命の全うであってほしいもの

ですけれど、やはり87歳ものお年寄りまで

行くと、いつどのような病気を発症

しても不思議ではありませんし、

いつ亡くなったとしてもおかしくは

ないのです。

 

神山さんは87歳ですから、

本当にいつ亡くなったとしても

不思議ではなかったんでしょうね。

何にせよ、悲しいお話です。

 

スポンサーリンク

 

家族はいたのか。

そして気になってくるは、

神山さんのご家族ですけれど、

神山さん自身は一度女優の文野朋子さん

という方とご結婚されていたのですが、

その後離婚し、更にその後1992年に

一般女性の方と再婚していたそうです

 

尚、お子さんがいるかどうかの情報は

確認できません。恐らく、お子さんは

いなかったのでしょうね。

 

神山さんくらいの人だから、

お子さんは勿論、お孫さんも、

曾孫さんまでいたのではないかと

思ったりしたのですが、

そうではなかったようです。

 

最後に。

人は老いからも病気からも

逃げられないですから、

神山さんの逝去も仕方がないもの

としか言いようがないのですが、

やはりこうなってしまうのは

悲しい限りです。

 

そして神山さんが亡くなったからには、

BSなどで神山さんの追悼として、

神山さんが出演していた番組や

ドラマや映画が放送されると思います。

気になった方は、見てみるといいでしょう。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー