ダッシュ村の復興や公開の時期はいつ?場所や現在もチェックしてみた

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

皆さんは鉄腕DASHを見ていますか。

筆者は毎週見ておりまして、

TOKIOの皆さんの活躍に驚いたり、

出来上がったものや成果に喜んだり、

ハプニングなどに笑ったりしてます。

 

筆者もそうなんですけれど、

皆さんの中には毎週日曜日に、

鉄腕DASHを見ないと日曜日を

過ごした気にならないと言う人もいる

みたいでありまして、鉄腕DASHがないと、

所謂DASH欠乏症というのになってしまうと

言う事もあるみたいです。

 

筆者にとっても日曜日の楽しみと言ったら

朝の戦隊と仮面ライダーと夜の鉄腕DASHと

イッテQですから、これらがないとかなり

げんなりした状態で月曜日を迎えてしまいます。

 

なので、もう筆者の日常の一部なんですよ、

鉄腕DASHという番組の存在は。

しかし、そんな鉄腕DASHの番組中で

存在していたとあるものを、

近々復活させるための企画が

進んでいるという事になっておりまして、

結構な話題になっています。

 

鉄腕DASHを見ている人からすれば、

これはかなり気になるニュースですよね。

 

そこで今回は、この事について書いていこうと思います。

 

DASH村とは

鉄腕DASHですけれど、この番組にはかつて、

DASH村という企画とコーナーと場所が

存在しておりまして、TOKIOの皆さんは

そこで農業や建築や料理などと言った、

現在ならば普通に出来る事を学んでいました。

 

なので、DASH村はTOKIOの皆さんからしても、

視聴者の皆さんからしてもかなり思い出深い

ところであったと思いますし、

今でも記憶に残っている人も大勢いると思います。

 

しかし、このDASH村は、

放送当時は、場所は

日本のとある県のとある山の中

としか言われていましたが、

福島県の浪江町津島地区の里山

ありました。

 

この名前を聞いた時、ハッとした人もいるでしょう。

浪江町は東日本大震災の時に、

福島第一原発が事故を起こして崩壊した時、

立ち入り禁止区域になった地区です。

 

その中にあったDASH村もまた、

立ち入り禁止区域になってしまい、

防護服がなければ立ち入る事が出来ない

ようになってしまいまして、

基本的にTOKIOの皆さんは、

近付く事さえ出来なくなってしまいました。

 

この事故を受けて、DASH村の企画は凍結、

飼育されていた動物達は他の牧場やスタッフの家

などに預けられる事になりまして、

TOKIOの皆さんの活動拠点はDASH島となりました。

 

まさかあのDASH村がこのような事になって

しまったのですから、誰もが驚いたと思いますし、

TOKIOの皆さんもいまだに悲しいんだと思います。

 

一応DASH村の企画は出張DASH村という形で

続いてはいますけれど、もうDASH村に戻って

何かをする事は出来ませんから、

やはりTOKIOの皆さんは、非常に寂しい思いと

悲しい思いをしたと思います。

 

そして今、DASH村は未だに封鎖されており、

立ち入る事は基本的には出来ません。

 

DASH村、復活する!?

しかし今回、高木陽介経済産業副大臣が、

福島県の復興のために、DASH村を復活

させるという復興計画に着手するという

発言をなさいまして、実際にやろうと

している事が判明しました。

 

この計画は、DASH村の放射能除染作業を

進め、復興祈念館や体験農園のような形で

再生させるものであると、ニュースサイトで

言われております。

 

なので、この計画が上手くいった暁には、

再びDASH村に普通に

立ち入る事が出来るようになると言う事ですね。

 

そうなれば、TOKIOの皆さんもまたここに、

姿を現す事が出来ますから、このニュースで

喜ばれているのはTOKIOの皆さんに他ならない

はずです。

 

これは鉄腕DASHでDASH村を

見ていた者としては、是非とも

成功させてもらいたい計画です。

 

スポンサーリンク

 

その時期はいつになるのか。

そして気になってくるのは、

その計画がいつまでのものなのか、

DASH村がいつ復活するのかという

点ですよね。

 

DASH村の汚染状況はかなりのもので、

除染作業はかなり困難を極めている

そうですが、着実に進んではいる

みたいでありまして、

ニュースサイトの話によれば、

除染作業は5年後を目途に完遂させたいとの事。

 

つまりDASH村が復活するのは、

東京オリンピックの二年後である、

2022年という事になりますね。

 

しかし、その途中で様々な問題に

出くわしたりするのは目に見えてます

から、それよりもかかると考えていいでしょうね。

何にせよ、そんなすぐに解決できそうな

問題ではないのです。

 

けれど、DASH村に再び立ち寄れるように

なる瞬間は、非常に楽しみですね。

 

最後に。

もうすぐ2011年の東日本大震災から

6年が経過しようとしていますが、

未だに復興しきれていません。

 

きっとこの先も続いていくのでしょうけれど、

本当に一刻も早くしてもらいたいところですよね。

余計な事に頭やお金を使っていないで、

ちゃんと被災地の復興を、

頑張ってもらいたいですよ、

政治家の皆さん方には。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031