松木美音(ミネハハ)の現在やCMソングは?年齢を調べてみた!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

皆さんが何気なく見ているCMはなんですか。

筆者がよく見てるのは、主にソフトバンクとauのCMなんですけれど、

そんなものは無数のCMの中のごくわずかなものであります。

 

この日本では年間1万本を超えるCMが作られて、

テレビにて放映されているわけでありまして、

2016年から昔までさかのぼると、その数は簡単に100万を越えます。

 

そしてその中で、3000曲ものCMソングを歌った人がいると言う事で、

マツコの知らない世界に登場してきた人がおりまして、かなりの話題を呼んでいます。

3000曲ものCMソングを歌った人物というのは一体どのような人だと言うのか。

 

今回はその事について書いていこうと思います。

 

その名は松木美音。

本名   :松木美音
読み   :まつき みね
生年月日:1955年7月4日
出身地  :神奈川県横須賀市
血液型  :AB型
出身高校:清泉女学院高校
特技   :料理、歌
趣味   :旅

それがこの人、松木美音さんです。

恐らく、松木美音と検索してもこの人の事が出てこないから、

どういう事なんだろうと思った人もいるかと思いますが、

普段松木さんはミネハハさんと名乗っておりまして、

松木美音というのはミネハハさんの本名として知れ渡っているのです。

 

だから、この人の一般的な呼び名はミネハハでありまして、松木さんではないのです。

まぁそれはさておき。まずこの人について言いたい事は、

かなり偉大な人であると言う事です。

 

何がどんなふうに偉大なのかといいますと、我々が普段何気なく見ているCMの、

昔のもののCMソングのほとんどを歌っているのですよ、松木さんは。

以下が、彼女が歌っているCMソングの主なものとなります↓

クロネコヤマトの宅急便(ヤマト運輸)
サッポロ一番塩らーめん・サッポロ一番みそラーメン
ロッテコアラのマーチ
コーヒーギフトはAGF(味の素ゼネラルフーヅ)
夏の元気なご挨拶 日清サラダ油セット(日清オイリオ)
イシイのおべんとクン ミートボール(石井食品)
お正月を写そう フジカラーで写そう(富士フイルム)
タイガーマイコンジャー炊きたて
シャディは一冊の百貨店
ブルーレットおくだけ
人形の久月
ポンジュース
アリエール
ソフラン
ドモホルンリンクル
イオナ
コロナ
JR東海
JR西日本

見ればわかるかと思いますが、どれもよく見るものですよね。

というか日常的に何気なく見ているものだと思います。

それのほとんどを、彼女は歌っていたのです。

 

筆者はずっとこれらのCMを見て、きっとそれぞれ別な人が歌っているのだろうなと思っていたのですが、

実はどれも松木さん一人が歌っているものだと知って、本当に仰天しましたよ。

まさに松木さんは、日本一CMソングを歌っている人でしょうね。

というかもはや、我々の日常生活の中に何気なく混ざっている歌の人といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ミネハハと名乗っている。

そんな彼女ですが、歌に触れたのは3歳の時で、

8才で教会の少女合唱団に入団するくらいになります。

 

もう子供の時に既に音楽への道に一直線に進めそうな感じだったのですが、

小学校の時に彼女の歌を聞いた先生が、

「君は歌の道に進むべきだ」と彼女に言った事から、

彼女は自分には歌の道があると認識し、本格的に歌の道に進みます。

 

その後は清泉小学校を卒業し、清泉女学院中学・高等学校を卒業、

フェリス女子短期大学音楽学部声楽科を卒業します。

このうち、本格的に音楽を学んだのはフェリス女子短期大学音楽学部声楽科の時だそうです。

 

その後に、彼女はCMソングを歌う事を仕事とし、どんどんその数を増やして行って、

最終的に3000曲ものCMソングを歌い切る偉業を達成したわけです。

 

 

が、この後に松木さんにとある転機が訪れます。

その時は、松木さんが海外へ渡り、アフリカを旅行した時。

 

草原にイスを置いただけの屋根が全く存在しない、

外気に晒され放題になっている教会を松木さんは訪れたのですが、

その時に子供と大人が一緒になって祈りの歌を歌っている光景を目にします。

 

その時に、松木さんは感動のあまり号泣したそうで、

自分も商業的に音楽をやっていくのではなく、

聞いてくれる人々のために音楽をやるべきだと決心。

 

その時を境に松木さんはCMソングを歌うのをやめて、

1994年にソロ歌手MINEHAHA(ミネハハ)としてデビューしまして、

今は全国ツアーなどを開催して、歌を歌い続けています。

 

確かにCMソングは人々のために歌っているのではなく、商品の宣伝のため、

会社のために歌っているにすぎません。

 

その事に気付けて、ソロデビューをした松木さんは、

もしかしたら最初から人々のために歌いたいと考えていた人なのかもしれませんね。

もしそうでなかったのであれば、きっと彼女は今でもCMソングを歌い続けていたと思いますから。

 

最後に。

普段何気なく見ているCMが、実はたった一人の女性が歌ったものだったという事実には本当に驚きました。

一応彼女が歌ったCMのリストを上述しましたけれど、きっと彼女の歌った曲の使われているCMは、

もっと無数に存在していると思います。

それがどれなのか、探してみるのも面白いかもしれませんね。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031