田中将大(マー君)がフジテレビに激怒した理由とは?住まいはどこなのか

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

最近のテレビ局というのは悪質過ぎるという話を、ネットにいるとよく聞いているような気がします。

確かに最近のテレビ局はあまりに度が過ぎるやらせや価値観の押し付け、もはや嘘報道と言って

いいんじゃないかというくらいの誤報などが目立っております、それに伴う形で視聴率も全体的に

下がっているわけなのですけれど、それでも一向にそれをやめようとする気配がありませんし、

その悪い事をしているのに一向に反省しようとしないテレビ局には怒りの声が相次いでいます。

そしてそんな中、ある著名人がひどい誤報をされたという事で怒り心頭であるという事で話題に

なっています。そこで今回は、その事について書いていこうと思います。

 

マー君、怒る!

画像元・http://baseballking.jp/ns/36714

今回日本のテレビ局に怒りを抱いたのは、松井秀喜選手同様ニューヨークヤンキースに所属している

マー君こと田中将大選手。田中選手はアメリカの球団にいるため、住んでいるところもアメリカなのです。

そこで、それを元にしたクイズをある時フジテレビが行いました。それだけならばまだ・・・いえ、これでもかなり

問題なのですが、更にその答えが全くの出鱈目であったと言う事に、田中選手は激怒しました。

 

そのような身勝手な事をやらかした番組は、フジテレビの主力番組というかフジテレビを支えているに等しいものである

朝の情報番組、「めざましテレビ」。その中にある「もの知りじゃんけん」という三択クイズコーナーで、やらかしたんですよ。

その時のクイズの内容が、田中選手の住居についてのものでありまして、その時の三択は、ただいまアメリカ大統領

選挙にて勝利を収め、次期大統領となったトランプ氏の不動産会社が持っている

「トランプ・タワー」「トランプ・ワールド・タワー」「トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー」

でした。そしてそのクイズの正解は「トランプ・ワールド・タワー」とされたのですが、これは全くの嘘だったんです。

 

全く違うところに住んでいるのになぜかトランプ氏の不動産会社が所有するところに住んでいる事にされた

田中選手は大激怒。これを聞いた田中選手の奥さんである里田まいさんは自身のツイッターでめざましテレビの

クイズの正解は全くの嘘、フジテレビは出鱈目を言っていると述べました。当然この後、田中選手は関係者に

頼んでフジテレビに苦情を入れましたが、そこで田中選手の怒りは爆発する事になります。

 

この時、田中選手の関係者から苦情を受けたフジテレビ番組関係者は、謝罪こそしたものの

「クイズ形式になっていることを知らなかった。知っていれば本人サイドに電話等で確認していた」

と釈明したんです。これが何を意味しているのかというと「知らなかったからしょうがないだろ。俺達は悪くない」と隠れて

言っているという事です。

そのあまりに無責任極まりないフジテレビの対応に、田中選手は更に激怒し、田中選手の関係者はもはや

呆れるしかなかったそうです。

 

なんというか、最近フジテレビの番組も報道も苦情への対応も目に見えて酷くなっているなとは思ってたんですが、

今回のはあまりにひどすぎると筆者は思いますね。勝手に別なところに住んでいる事にされ、そもそも許可も確認も

なしにクイズにされて、挙句「知らなかったからしょうがない」なんて無責任な事を言い出す始末。こんなの、田中選手は

激怒して当然ですし、ネットの人達の怒りの声も正しいものだと言えます。今回で、ただでさえ信用されていないフジテレビは

更に信用を失ったと言えるでしょうな。なんだかネットの方に上がっている「フジテレビの特技→嘘報道と責任逃れ」という

過激発言に頷けてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

じゃあどこに住んでるの?

では田中選手と里田さんがどこに住んでいるのか。実は田中選手の住居については既に情報があり、

あのビル・ゲイツ氏やハリソン・フォード氏が住んでいるとされる、「トランプタワー」に住んでいるとされてます。

名前はよく似ていますが、トランプタワーはトランプワールドタワーとは全く異なった住居でありまして、全然

別なところにあります。なのに、全然違うところであるトランプワールドタワーに住んでいる事にされたから、

田中選手は怒ったわけです。ただ、トランプタワーは上述したようにセレブ達のみが住む事を許される場所ですから

相当な財力とお金が田中選手にある事がわかりますね。

 

最後に。

最近のフジテレビのやり方はあまりに酷いとしか言いようがありませんね。やり方も対応の仕方もあまりにテレビ局の

それからかけ離れている事から、フジテレビはもう倒産して詫びろとか、全ての番組を潰して詫びろなんていう意見も

寄せられている有様です。しかし、そんな暴言の中に混ざって真摯な意見もあるわけなのですが、それにすら耳を

傾けようともしていません。もはや、フジテレビは人気を下げる事を楽しんでいるんじゃないかって気がしてきますね。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー