スーパームーン2016で地震が起きる可能性は?災害はどうなる!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

普段夜空を見上げると何がありますか。星がありますよね。しかし星よりも大きな主張をしているのは、

やっぱり月ですよね。遥か昔、人類が誕生する以前から月は地球の衛星として、夜空に浮かび続けて

いましたし、昔の人は月のクレーターが作り出している模様が兎のそれによく似ている事から、月に

兎がいるなんて言っていましたし、小さい頃は本当に月に兎がいる事を信じていた人もいるのではないか

と思います。

 

そんな月ですけれども、月には十数年、数十年に一度だけ、思い切り地球に接近するタイミングがありまして、

それはスーパームーンと呼ばれているのですが、そのスーパームーンが起きた時にある事が起きると噂されており

まして、更にそのタイミングが今年2016年であるとの事。スーパームンが起こると何が起こるのか。

今回はその事について書いて行こうと思います。

 

スーパームーンが地震を起こす?

地球に月が接近してきて、月がいつもよりも大きく見える現象の事をスーパームーンと呼ぶわけですが

実はこのスーパームーンには良からぬ話が付属しています。それは何かと言いますと、地震を呼ぶという話。

スーパームーンが確認された時、地球のどこかで巨大な地震が起きると言われているのですよ。

 

多分、この話を聞いたほとんどの人が首を傾げると思いますし、一部の人はそんなの嘘だと笑うと思います。

月が地震を起こすなんて嘘だろうと思うのが普通ですし、筆者もスーパームーンで地震が起きるなんて信じられ

ないのです。しかし、スーパームーンにはとあるデータが存在しています。

 

筆者は全くと言って良い程記憶がないのですけれど、大阪で起きた非常に大きな地震である阪神大震災の時、

この日の前日は満月であり、月がいつもよりも大きかったそうです。更に憶えている人がいるかどうかわからないです

けれど、2005年にあったスマトラ沖地震。この地震があったすぐ後に、スーパームーンが観測されたそうです。

更に我々の記憶に非常に鮮明に残っているであろう大災害である東日本大震災

これが起きた一週間後、スーパームーンが観測されているのですよ。

 

どれも偶然じゃないかと言いたいと思いますが、記録に残っているスーパームーンの時には、必ずと言って良いほど

巨大な地震が起きている。嘘だと思いたいですけれど、ここまで来るとスーパームーンが地震を起こしているとしか

思えません。それもそのはず、東京大学の教授たちの話によれば、東日本大震災のような大きな地震は、

潮の満ち引きが原因となる月の引力が大きくなった際に起こりやすいと発表しています。

 

潮の満ち引きというのは、月の引力が関係しているという話は非常に有名ですし、意外と知っている人は沢山

いると思いますが、地震さえも月が関係しているというのは、意外でしたし、全く知りませんでした。

だけど、それだけ月の引力というものが強いのがわかりますね。

 

2016年はどうなる?

そして2016年11月14日。この日にスーパームーンが再び観測されるとされ、しかもその時にはものすごく月が

地球に接近するウルトラスーパームーンとなるとされています。ウルトラスーパームーンのタイミングは月の引力が

非常に大きくなるに違いありませんし、もし月の引力が地震を起こす事があるというならば、このタイミングは非常に

地震の起きやすいタイミングになるでしょう。本当かどうかは定かでありませんが、11月14日、世界のどこかで巨大な地震が

起きるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

最後に。

今日本は南海トラフ地震と首都直下型大地震いう爆弾を抱えているようなものであるという話は御存じだと

思います。そしてそれは東京オリンピックが開催される2020年までに起きる可能性がかなり高いともされて

います。そして今回のスーパームーン。どこまで話が本当なのかは定かではないですが、今回のスーパームーンで

これらが起きるのは嫌ですね。何も起こらない事を祈りたいところです。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031