中垣内祐一が再婚した不倫相手は誰?辞任するかをチェックしてみる

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

最近突然寒くなったような気がしてなりません。しかしそれもそのはず、月は既に11月に

突入しており、これから冬のやってくる季節です。丁度秋と冬の間と言ったところですね。

そして冬が近いという事と11月という事は、既に今年も残す事あとわずかだという事。

 

2016年で最も取り沙汰された話題と言えば何か。それはあまり言いたくないのですけれど、

なんと言っても芸能人や有名人たちの不倫報道でしょう。1月のあれに始まり、それを

突き止めた週刊文春は文春砲なんていう異名をもらう事になりましたよね。それから

毎月のように不倫の話ばかりが出てきて、もう嫌だと思った人も沢山いると思います。

そして今回11月。早速不倫をしてある進展を迎えたという人が出てきました。そこで

今回は、その事について書いて行こうと思います。

 

中垣内祐一、不倫相手と再婚。

画像元・https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/volleyball/2015/09/08/post_460/

今スポーツ業界は2020年の東京オリンピックに向けて動き続けているわけなのですけれど、

中でも惜しくもリオオリンピックに参加する事の出来なかった男子バレーには、新監督として

中垣内祐一監督が選ばれました。しかし、この中垣内監督は、この時点である問題を起こして

いる事が判明。

 

実は中垣内監督、2012年の時に男子バレーボールのコーチをやっており、尚且つその時には

奥さんもいて娘さんもいたのですけれど、その時に何と不倫をしまして、ロンドンオリンピックの際に

宿舎に不倫相手を呼ぶなんていう暴挙とも取れる行動を起こし、それが原因で辞任になりました。

その後、その事が祟ったのか、奥さんとも離婚し、娘さんも離れていきました。

 

そもそも不倫自体が論外ですし、奥さんと娘さんがいるにもかかわらずロンドンオリンピックの、

戦う気満々の選手達のいる宿舎に不倫相手を連れてくるなんて、監督のやるような事じゃ

ないですし、そんな事をされれば離婚されて当然です。これは普通に考えて辿り着けるものです。

 

しかし問題はその後。なんと中垣内監督はその後、不倫相手の人と再婚なさって、

お子さんまで設けてしまったというのです。この事を突きとめられた中垣内監督は、記者会見の中で

謝罪をしましたとさ。

 

なんといいますか、全然懲りてないっていうのがわかりますよね。不倫するだけでも

十分に駄目だっていうのに、離婚されたから不倫相手と再婚するなんて、呆れかえってもう何も

言えません。こんな話を選手達が聞いたら、誰もが新監督はなんて事をしているんだと思う事でしょう。

 

なお、その中垣内監督の不倫相手ですが、一般の人であるためなのか名前も画像も一切が不明です。

しかし中垣内監督によりますと、その人は神田うのさんに似ている美人さんであるとの事。相手が美人だったから

不倫して再婚したとでもいうのでしょうかね。

 

辞任になるか。

まぁはっきり言ってしまうと、中垣内監督のやった事は前の反省を全然生かしていない暴挙にも等しいですし、

中垣内監督が不倫をしてて尚且つ不倫相手と再婚したなんて話を聞いて、そんな人にバレーの監督をして

もらいたいと思う選手は少ないはずです。なので、もしかしたら今回の事が切っ掛けで前回同様、中垣内監督は

監督の席から降りる事になる可能性もあります。

 

バレー協会がどんな考えを持っているかは定かではないですが、中垣内監督には前科があるため、前回の事を

全く反省していないという事で、また監督を降ろされるかもです。

そうなったらまた新たな監督が必要になるわけなのですけれど、どうなるのか全く読めません。が、チームはオリンピック

出場を目指すチームなので、優秀な人が監督に選ばれる事は確かでしょう。それに選ばれた中垣内監督は優秀

なのですけれど、どうしてこうなった、ですね。

 

スポンサーリンク

 

最後に。

中垣内監督もそうですけれど、今年は本当に不倫の話が多すぎてうんざりしてきます。なんというか

ここまで来ると誰かが芸能人や有名人たちに不倫をしろと命じているのか、不倫をしている奴がいたら

積極的に暴露しろとメディアに言っているのではないかという気さえしてきます。

とりあえず言いたい事は、

お願いだから来年に不倫というものを持ちこさないでくれ

です。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031