マイケル富岡が交際していた有名女優Aとは?ガラスのような方は誰!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

女性は恐ろしいものであると男性の皆様はお思いですか。筆者は少なくともそんなふうには

思いません。女性に囲まれて育った男性は否が応でも女性に対して優しくなると聞きますし、

余程の事がない限りは女性を怒らせるような事も、傷付けるような事もしないと思います。

しかし、中にはそれがわからないで女性を怒らせてしまったり、傷付けてしまったりする人も大勢いると

思いますし、寧ろそのような人の方が多いのではないかと思います。しかし、そんな人でも多くの

女性と付き合う事が出来たりするのが芸能界の人達なのですけれど、その中でとんでもない目に

あった人がいたようです。そこで今回は、その人について書いて行こうと思います。

 

マイケル富岡、襲われる。

画像元・http://www.oricon.co.jp/prof/160759/

 

ちょっと遡れば焼きそばUFOのCMのヤキソバンとして活躍しており、今まで何人もの女性と交際してきた

と豪語(?)なさっているのが、マイケル富岡さん。この人が沢山の人と付き合っているという話はかなり

有名なものなのですが、その中でトラブルに巻き込まれたという話はありません。が、実はこの人はこれまで

付き合ってきた女性との間に、恐るべきトラブルに巻き込まれ、トラウマ物の体験をなさったと言うのです。

 

交際人数は天文学的数字なんて言っているくらいに、多くの女性と付き合ってきたマイケル富岡さん。

しかしその中でとある有名女優さんと付き合った際に、ひどい目に遭ったそうなのです。その女優さんとは、

ある舞台での共演を切っ掛けに交際をスタートすることになったそうなのですが、付き合い始めてからかなり

経ったある時、マイケル富岡さんは恐ろしい目に遭う事になります。

 

ある時、マイケル富岡さんが家に帰ってくると、その女優さんが突然号泣しておりました。一体何事かと

聞いてみれば、女優さんはごめんなさいと謝る一方で何も言わない。何が起きたのかさっぱりなマイケル富岡さんは

家の中に進みますが、なんとそこでマイケル富岡さんの使っている書斎がぐちゃぐちゃになっており、写真やビデオ

テープなどの思い出の品がひっぱり出されて、その全てが切られていたのです。まるでホラー映画や泥沼恋愛ドラマの

ような光景を作り出した張本人はその女優さんでした。流石のマイケル富岡さんもこれには戦慄したものの、なんとか

落ち着いて女優さんを許したそうですが、問題は更にその後。

 

マイケル富岡さんはいつもどおり寝室で眠りますが、その時物凄い苦しさに襲われて、目を覚まします。目を覚まして

最初に瞳の中に飛び込んできたのは、なんとその女優さん。マイケル富岡さんは女優さんに襲い掛かられていたのです

様々な女性と付き合ってきたマイケル富岡さんもこれにはびっくりして、本当に恐怖したそうです。が、なんだか女優さんの

気持ちがわかるような気がしてなりません。

 

マイケル富岡さんは確かに様々な女性と付き合っていますけれど、それは同時に一人の女性を愛さないと言う事。

女性から見れば真剣に愛そうと思っても見向きもされないのと同じです。これは女性から敵意を買っても全く不思議では

ありませんし、こんな事になっても仕方がないとしか筆者は言いようがありません。女性は一人だけを愛するのが普通ですし、

女性自身もそれを望んでいるものです。なのに一人の女性を愛さないで、複数の女性と付き合うなんて言う真似をすれば、

必然的にこんな事になるでしょう。

 

それは誰なのか。

んで、気になってくるのはこの女性が誰なのかという点ですよね。マイケル富岡さんは天文学的数字の女性と付き合って

いると自慢なさっているように、本当に数多の女性と付き合ってきた事で有名です。そしてその中には有名な女優も

含まれておりまして、これまで田中美奈子さんや梅宮アンナさんとかと付き合って来たそうです。この辺りの話は有名

ですね。

 

しかし、その女優さんですけれども、マイケル富岡さん曰く「とってもデリケートで、繊細。ガラスのような方」だそうで、

今挙げた人が該当するとは思えない。なので、推測するのはかなり難しいところなのですが、マイケル富岡さんによれば、

ある舞台で共演してからその女優さんと付き合い始めたそうなので、マイケル富岡さんが舞台に出演した時に共演した

女優さんの事を調べていけば、その内その人に当たるかもしれません。

 

が、その数も膨大と言えるので、やはり探しようがないと言えるでしょう。けれども、そんな繊細な人を平気で傷付けてしまう

ような付き合い方をするなんて、ちょっとマイケル富岡さんは褒められるような事はなさってませんね。

 

スポンサーリンク

 

最後に。

マイケル富岡さんは色んな女性と付き合っていますけれども、筆者は一人の男性は一人の女性を愛するのが基本であると

思います。それをしなかったからこそ、マイケル富岡さんはこのような目に遭ってしまったのではないかと思いますし、はっきり

言ってしまって因果応報だったと思います。男性の皆さんも、あまり多くの女性と付き合おうとしたりせず、一人の女性を

一途に愛してくださいね。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031