真田紐の在庫や入荷は?入手方法や販売店もチェックしてみる!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

筆者は大河ドラマを見ないんですけれど、今やっている大河ドラマである真田丸のおかげで、

日本には真田ブームが起きています。かの有名な戦国無双でも、戦国BASARAでも

真田幸村と真田一族を中心にした作品が出ているくらいですし、長野県も真田丸の聖地として

これまで以上に注目されています。そしてそんな中、真田丸の中に登場してきて、既に販売

されている真田紐というものが売り切れるという事態になりまして、話題になっています。

そこで今回は、この真田紐について気になっている事を、書いていきたいと思います。

 

真田紐、売れる。

真田丸の劇中に登場した、真田幸村こと真田信繁が作った真田紐。これは戦国時代に実際に

使われていたものでして、今現在でも御洒落アイテムや、贈り物のための紐として生産されている代物

です。そしてこれを販売していたのが、織元すみやという店なのですけれど、いくら真田幸村が使っていた

ものとしても、売れ行き自体はこれまでいまいちだったようです。確かに、どんなに歴史ある道具だったと

しても、結局買うのは歴史に興味のある人達の中のごく一部の方達ですからね。そんなによく売れる

事はなかったと思います。

 

しかし、今回の真田丸にて真田紐が登場してくるなり、これまで地味な扱いしか受けてこなかった

真田紐は大いに注目される事になり、10月2日の放送の後にはamazonの方で注文が殺到し、

織元すみやの公式サイトはサーバーがダウンするような事が起きました。きっとこれまで注目されて

来なかった真田紐の注文が相次いだことに、織元すみやの人達は歓喜の悲鳴を上げたと思います。

そして筆者は、やはり、大河ドラマの力ってすごいと思いましたね。これまで全く注目されてなかった

ものが注目されて、注文殺到なんですから。

 

amazonの再入荷はいつ?

しかし、あまりに注文が殺到しすぎて、amazonの方で扱っていた真田紐は全て売れてしまうという

事態になりました。ようするに売り切れてしまったというわけです。そのため、真田紐が欲しいと思ったのに、

一部の人は手に入れられなくなってしまったと思います。恐らく、真田紐がここまで売れる事は想定されて

おらず、あまり数が無かったんだと思います。そしてこの真田紐を作っているのは織元すみやなので、

そこで生産されてamazonに入荷する形となっています。なので、織元すみやが生産しなければ再入荷も

なしなので、結局は織元すみやさんが作ってくれるのを待つ事になります。しかし、そんなに時間がかかるとは

思えないので、10月15日位、もしくは10日くらいにamazonに再入荷するのではないかと思います。

 

他では?

しかし、この真田紐はamazon以外のネット通販でも買う事が出来まして、楽天でも買えますし、

何より上述している織元すみやさんのオンライン販売でも買う事が出来ます。その中で最も一番手っ取り早いと

思われるのは、やっぱり生産している織元すみやさんだと思うので、織元すみやさんで注文するのが一番

適格でしょう。工芸品であれ名産物であれ名産食品であれ、やはり生産しているところに注文するのが一番です。

もしくは、真田幸村の地である長野県の上田に乗り込むか、ですね。そこでならば工芸品屋も沢山ありますから、

真田紐をお買い求める事も出来るでしょう。

 

スポンサーリンク

 

最後に。

上述していますが、やはり大河ドラマの力ってすごいと思いましたね。全く売れていなかった真田紐がこんなに

売れるようになってしまったのですから。真田紐を作っている織元すみやさんもまた、沢山売れたという事で

嬉しい悲鳴を上げながら再生産を行っているはずです。しかし、上でも言っているように一番手っ取り早い

のは上田に行く事なので、余裕のある人は長野県の上田に観光に出かけて、そこの工芸品屋に立ち寄り、

真田紐を直接買うといいでしょう。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031