ニュージャージー州の列車事故の原因とは?脱線の理由が気になる

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

突然ですが、筆者は飛行機は乗りたくないです。飛行機で行くくらいならば列車を使って旅をします。

やっぱり列車が一番安全な乗り物と言えますからね。

余程の事がない限りは事故を起こしたりもしませんし。まぁ飛行機もそうではあるのですけれどね。

しかし今回、そんな安全な乗り物であるはずの列車が、大統領選で賑わっているアメリカの方で

とんでもない事になったようです。そこで今回は、この事について書いて行こうと思います。

 

ニュージャージー州のホーボーケン駅で列車事故発生。

騒ぎというか事件というかがあったのが、アメリカ合衆国ニュージャージー州のホーボーケン駅。

そこである列車がいつも通り走ってきて、そのまま止まるかと思われたのですけれど、その列車は

ブレーキを一切かけずにそのまま駅のホームに突っ込んだそうなのです。このような事になった

からには駅中も駅の外も何事かと大騒ぎになり、瞬く間に警察や消防車が出動する事態に

発展してしまいました。列車が駅のホームに突っ込むという日本ではあまり考えられそうにない

この事態。筆者は父に、

「列車は一番安全な乗り物だ。脱線事故なんてでかい地震が来ない限り起きない」

と教わっていたので、この話を聞いた時には列車が安全なのは日本の中だけだということが

わかりました。恐らく世界中の鉄道の中で、一番安全に運用されているのは日本だけで、

海外に出るとその常識は一切通じないようです。なんというか、その事がよくわかるニュース

でした。まぁ、それでもこういう事はそんな高頻度で起きるような事ではないとは思いますけれども。

 

その原因とは?

この事態による被害とかも気になるところではありますが、一番気になるのはやはりこれの原因ですよね。

何の原因もなしこんな事が起きるとは思えませんし、何か事情があったからこそこういう事が起きるものです。

ニュース内ではまだ原因の解明を急いでいるとしか語られていないのですけれど、考えるに、脱線が一番の

原因だと思われます。そしてその脱線の理由ですが、実は線路が非常に綺麗な形になっているのは基本的に

日本だけのようで、その他の国では線路がいびつな形になっている事があるらしいのです。そのため、この事態を

引き起こした列車の走っていた線路は変形が進んでいる形で、ちょっとでも速度を出し過ぎれば脱線を引き起こす

状態にあったのかもしれません。

 

もしくは運転手による運転のミスか、それとも本当にこのような事態を引き起こしたくてわざとやったのか。

場所がアメリカですから、人為的に引き起こされている可能性も捨て切れるわけではないです。いずれにせよ、

原因の究明を急いでもらいたいところですね。

 

スポンサーリンク

 

最後に。

こういう事のニュースを見ると、日本でもこんな事が起きてしまうのではないかと不安になる方もいるかと思います。

しかし、日本の場合は本当に直下型の大地震でも来ない限りは列車が脱線するような事はないので、安心して

列車を使っていいと思います。・・・しかしそれでも、このような話を聞くと乗り物が怖くはなりますね。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031