天宮一号はどこに落ちる?落下はいつになる?日本への影響は!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

筆者の好きな映画の中にサマーウォーズという作品があります。この作品はネット世界を

舞台にした、細田守監督の映画作品であり、細田映画の中で一番の人気作ではないか

とも言われています。そんなサマーウォーズの中には、ネット世界を乗っ取ったハッキングAIが

最終的に人工衛星を制御不能にして地上へ叩き落とすというシナリオがあるのです。こんなの、

映画やアニメの中だけの話だろと思いたくなる内容ですが、なんと今回、それが現実になるかも

しれないという事態に発展して、色んな所が戦々恐々としているような状態です。

そこで今回は、この事について書いて行こうと思います。

 

中国の宇宙ステーション、落ちる?

制御不能になったのは、中国が開発し2011年に衛星軌道上に打ち上げた宇宙ステーションである天宮一号

天宮一号は役割を終えた後いつまでも軌道上に残り続けて、最終的には大気圏で燃え尽きるはずだったのですが、

今回突然制御不能となり、軌道上に留まる事が出来なくなったと言うのです。この天宮一号を作った張本人である

中国政府はこれを受けて「来年の後半には天宮1号が地球に落下するだろう」と発表をしました。

 

この意味がわかるでしょうか。本来ならば大気圏で燃えてなくなるはずの大きな宇宙ステーションが、地上へ向けて

隕石や流星のように落ちてくると言う事なのです。これを受けた事により、アメリカでも日本でも大騒ぎになりました。

当たり前です。宇宙ステーションが地球上目掛けて降ってくるんですから。流石の中国もこの事態を想定しては

いなかったみたいで、今のところ制御可能になるかどうかを試しているそうです。が、このような事を引き起こした中国が

やっているならば、残念ですがあまり期待すべきではないのかもしれません。

 

いつ落ちる?

こんな不吉極まりないニュースを受けて気になってくるのは、天宮一号が地球目掛けて降ってくるタイミングですよね。

中国政府は来年の後半くらいに地表に落ちてくるだろうと言っていますが、宇宙物理学者であるジョナサン・マクダウェル教授は

「落下タイミングは数日前になっても予測できず、6時間から7時間前くらいでようやく予測できるくらいだ」

と発表。つまりいつ落ちてくるかは全くわからないと言う事です。ただ、すぐに落ちてくるような事はなくて、

必ず来年までかかるとの事。それまでにこの天宮一号を何とか出来ないか、様々なところで対策が練られる

事でしょう。

 

なお、この事に対しても中国政府は

「もし天宮一号が落ちたとしても全てのパーツが大気圏で燃え尽きるだろう」

と発表していますが、このジョナサン教授はそれにも反論しており、

「天宮一号の積んでいるエンジンは燃え尽きるような大きさじゃない」

と言っています。なので、間違いなくこの天宮一号が地表へ降って来た時には、

このエンジンが燃え尽きずに落下してくる可能性が非常に高いと言えるでしょう。

 

落下地点や影響は?

そして気になるのはこの天宮一号が降ってくるポイントと被害です。ほぼ同様の事件が起きたサマーウォーズでは、

自衛隊員である理一さんが「大気圏から来る直径1mの落下物は隕石となんら変わらない」

話しております。つまり天宮一号のエンジンがどれくらいの大きさなのかは定かではありませんが、もしもこれが

1m以上の大きさを持っているならば、隕石と同様の威力を持って地上へ降り注いでくる事になります。

 

この地球は海70%、大陸30%の比率で出来ている惑星なので、70%の確率で海に落下すると考えられます

けれども、そうなった場合尋常じゃない速度とエネルギーを抱えた物質が海に飛び込むので、ものすごい津波が

起きて、周辺国が被害を受ける可能性だってありますし、大陸に落ちればどんな事になるのかは想像するに容易いです。

 

そしてこの天宮一号がどこかの国の領土に落ちて被害が起き、落ちたモノが中国のそれだとニュースで報じられるような事が

あれば・・・その国は中国からの無差別攻撃を受けたと判断し・・・もはやどうなるか簡単に想像がつきます。

なんにせよ、この天宮一号は何としてでも落下を防がなくてはならないはた迷惑なものだと言えるでしょう。

サマーウォーズの落ちた人工衛星であるあらわしは任意の場所に落下できる機能がありましたけれど、天宮一号には

それがないので、余計にたちが悪いと言えます。

 

スポンサーリンク

 

日本への影響は?

そして気になるは我が国日本への影響ですよね。日本は世界規模からみればかなり小さな島に該当するので、

降ってくる可能性はかなり低いのではないかと思われますが、落下してくるのがわかった場合は、自衛隊が出動する

自体になるでしょう。やはり、地球規模から考えて海もしくは大陸に落ちる可能性が非常に高いので、我が国に

落ちる可能性は考えなくてもよさそうですけれど、やはりそれなりの準備はしておかれるでしょう。

 

最後に。

まさか宇宙ステーションが降って来るなんて、きっと中国も予想していなかったでしょうし、周辺国だってまったく

予想していない出来事でしょう。そしてこの天宮一号が降って来た時、何が起きてしまうのかもはっきり言って

想像しがたいです。来年の後半は、全ての国が自衛のために持ちうる力を動かす事になるでしょうね。

全く持って人騒がせな話です。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー