攻殻機動隊のハリウッド版のキャストは?吹き替えの声優は?

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

攻殻機動隊という作品をご存知でしょうか。この作品はかなりの回数アニメ化されている

漫画作品でして、世界的にも非常に人気な作品となってます。もはやアニメを知っている

人の中でこの作品を知らないと言っている人が居ないくらいです。しかしそれが最近になって

ハリウッドの目に留まって、ハリウッドの地で攻殻機動隊が実写化されるという事になりました。

アニメや漫画を実写にすると大抵うまくいかないと言えるくらいに前例があるため、不安の声が

上がる中、ハリウッド版攻殻機動隊の動画が公開されたのですが、そこである事が気になっている

という方も多いと思います。そこで今回はこの事について書いて行こうと思います。

 

ハリウッド版攻殻機動隊のキャストは?

ハリウッド版攻殻機動隊のニュースが出て来た時に一番気にされたのは、やはりキャラクター達を

演じる俳優さん女優さんの情報でした。今回はハリウッドで実写化であり、これまでみたいにキャラクター達が

絵で書かれるわけではないですから、やっぱりそこが一番気になって当然と言えますね。

それで、今現在公開されている情報としては、主人公である草薙素子こと少佐を演じるのは

スカーレット・ヨハンソンさんで、その上司であり少佐の所属する公安9課の課長である荒巻大輔

演じるのはコメディアンでもあるしタレントでもあるし映画監督でもあるかの有名なビートたけし(北野武)さん。

一番驚いたのは課長がたけしさんだったって事ですね。公開された映像の中にはたけしさん演じる課長の姿があり、

かなりの注目が集められていました。

 

そして気になってくるのはこのほかのキャラクター達のキャストですよね。攻殻機動隊の中でも最も有名である攻殻機動隊SACでは、

少佐と課長の他に、少佐の相棒であるバトー、ほぼ劇場版と言って良い攻殻機動隊SAC.SSSで隊長になったトグサ

狙撃手であるサイトーと何かとサイトーと一緒に行動している事が多いパズ、普段はラボで事件の解析をしている

ボーマイシカワが登場します。このうちバトーはピルー・アスベックさんが演じる事になっていますが、その他のキャラクター達の

キャストは公開されていません。が、このキャラクター達は公安9課の主力メンバーなのではずす事は基本的に不可能と言っても

いいです。これらのキャラクター達は絶対に登場するはずなので、続報が楽しみなところですね。しかし、個人的にはトグサとサイトーと

イシカワには日本人キャストを起用してもらいたいところですね。この3人だけは原作の中でも日本人である事がわかっているので。

 

吹き替えはどうなる?

そしてこの映画が日本で公開される時には、日本語吹き替え版で公開される事になるでしょう。

その時の声優がどうなるかも、かなり気になる事のはずです。一応、攻殻機動隊SACでは

少佐は田中敦子さん、バトーは大塚明夫さん、トグサは山寺宏一さん、サイトーは大川透さん、

イシカワは仲野裕さん、ボーマは山口太郎さん、パズは小野塚貴志さん、課長は阪脩さんが、

そしてハリウッド版でも登場するある事件の首謀者であるクゼ小山力也さんが演じていまして、

このキャスティングが一番人気の高いキャスティングになっています。そのため、

もしかしたら攻殻機動隊ハリウッド版の日本語吹き替え版もこうなるかもしれませんが、

もっと違うキャスティングにもなるかも知れません。しかし、やはりこれが一番求められていると思われる

ので、これ以外になってしまったら批判が集まりそうです。

 

【追記】

ハリウッド版攻殻機動隊こと
ゴーストインザシェルの日本語
吹き替えを担当するのは、
攻殻機動隊SACと劇場版
攻殻機動隊でそれぞれの
キャラクター達を演じている、
田中敦子さん、大塚明夫さん、
山寺宏一さん達になるそうです

そのため、ファンの方から安堵の
声が上がっているのですけれど、
ただ一人、荒巻課長だけは、
日本語音声も英語音声も、
ビートたけしさんが演じるようです

攻殻機動隊SACでは、荒巻課長は
メタルギアソリッド5のコードトーカー、
機動警察パトレイバーの榊清太郎で
有名な阪脩(さかおさむ)さんが
演じていたのですけれど、
ビートたけしさんから阪さんの声が
聞こえてきたらシュールどころじゃ
ないので、当然でしょうね。

 

スポンサーリンク

 

最後に。

このハリウッド版攻殻機動隊ですけれど、アニメの実写化ですから、非常に出来栄えが気になるものの

不安です。攻殻機動隊はアニメだからこそ輝いていたような作品なので、実写になるとどうなってしまうのか、

あまりいい予感はしないです。今後も情報が公開されていくみたいなので、とりあえずはそれらを見ていくしか

ないですね。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031