大阪の廃棄物置き場の火災の原因はなに?放火なのか?場所はどこ!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

火災は怖いって本当に思います。筆者の母は火災のニュースを見る度に、火災ほど恐ろしい

ものはないと言っています。火災になれば何もかもが焼き尽くされてなくなってしまいますからね。

日頃から消防隊の皆様方が消防車に乗って声掛けをしている理由もわかる気がします。

しかし今回、かのユニバーサルスタジオジャパンのある大阪の地にて、何やらこの話に関連した

ような出来事があった模様です。そこで今回は、この事について書いて行こうと思います。

 

 

大阪の廃棄物置き場にて火災発生。

bandicam-2016-09-22-15-38-22-526

画像元・http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000032-asahi-soci.view-000

事件というべきか騒ぎというべきか、そんな出来事があったのは大阪市此花区北港2丁目。

ここには廃棄物置き場があったんですけれど、ここの近隣に住んでいると思われる男性が、

屋外で廃棄物が燃えていると通報し、実際に警察と消防が駆け付けたところ、本当に廃棄物が

燃えているのがわかりました。そこで消防車が放水を開始して消火を開始しました。正午で約1千立方

メートルが燃えているそうですが、問題は場所ですよ。これが、この不審火の現場です↓

 

見ればわかるかと思いますけれど、USJから目と鼻の先がこの現場です。もう少しUSJに近かったならば、

もっと大きな騒ぎになっていたかもしれませんし、USJでもお客さんの皆様が避難とかをする事態に

なっていたかもしれません。しかし、USJの近くとはいえ、そこまで近いところではなかったためか、

USJは平常運転される事になりました。なにも影響がなかった事は、素直によかったと思うべきでしょう。

 

しかし、産業廃棄物置き場が燃えているというニュースを見たときには、ちょっと顔が蒼くなりましたよ。

産業廃棄物というのは、基本的に燃やしたら有害物質を含んだ煙が発生してしまうなど、ヤバいものが

混ざっている可能性が非常の高いと言う事です。

 

実際写真を見ればわかるかと思いますけれど、燃えた廃棄物からはかなりヤバげな色をした煙が出ています。

有害物質を発生させるものが燃えると、その煙は黒煙や黄色がかった灰色の煙だったりするので、この煙も

かなりの有害物質を含んでいる可能性が非常に高いです。風向きによってはこの有毒の煙がUSJに流れ

込んでいたところでしょうから、危ないところでした。

 

原因は何か。

そして一番気になってくるのは、この火災の原因ですよね。山火事とは違って、産業廃棄物が自然発火

する事などありえないので、基本的に原因は人為的に持ち込まれた火、即ち放火だと考えていいでしょう。

一体誰が何のためにこんな事をしたのか、今のところ不明ではありますが、全く持って人騒がせな事をして

くれたと思いますね。

 

産業廃棄物が燃えればかなりの有毒物質が出ますから、煙だって侮れないですし、もうちょっと燃え

広がればもっと大きな騒ぎになっていたと思います。いいえ、もしかしたらそういう事を起こしたかったために、

このような事をしたのではないかとも考えられますね。何にせよ、警察の方々には原因の解明を急いで

もらいたいところです。火災っていうのは本当に恐ろしい事なんですからね。

 

スポンサーリンク

 

最後に。

もしこれが本当に放火なのだとすれば、これが最後ではない可能性もあります。

放火っていうのは一度起きると連続で起きていく傾向にありますからね。だからこそ、

大阪の警察の皆さん方はこれ以上の火災が発生しないように気を付けてもらいたいところですし、

この騒ぎのあった周囲にお住いの方々は、不審者を見つけたら迷わず通報した方がいいでしょう。

放火と不審者は、セットになっている事が多いので。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
    • 経験者
    • 2016年 9月23日

    自然発火は有り得ます。
    家電に組み込まれてるボタン電池や小形バッテリーは山積みにして圧縮されれば発火します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031