蓮舫(れんほう)は二重国籍問題で議員を辞任?代表はどうなる

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

芸能界も不倫とかで毎日騒ぎっぱなしですけれど、政界でもかなりの問題と騒ぎが起きていますよね。

中でも、一番の問題とされているのが民進党の蓮舫議員の国籍に関する問題。実はこれ大問題でして、

これがこのまま進行すると、とんでもない事が起こるとされます。二重国籍の問題は一体何なのか。

そして蓮舫議員はこのまま行くとどうなるのか。そこで今回はこの事について書いて行こうと思います。

 

蓮舫議員の二重国籍問題。

日本国籍と台湾国籍を持っているという理由で、問題になっている民進党の蓮舫議員。

筆者もこの人が話題になって来る前、この人の国籍って一体どうなっているんだろうと

思っていたんですけれど、まさかの二重国籍っていう事で本当に驚きましたよ。この国の

国会議員に二重国籍者が混ざっているなんてっていう意味で。

しかし、ニュースを見てもこの問題が何で問題なのかわからないって人もいると思います。

 

細かく言おうとするとどこまでも細かくなって難解になるので、簡単に言っておきますと、

この国日本の国会議員っていうのは、日本国籍だけを持っている人のみが務めていい役職

なのです。そこに台湾国籍やら中国国籍やら韓国国籍やらアメリカ国籍やらを持っている人が

入る事なんて出来ないんですよ。

 

様々な職のあるこの日本でも、国家権力を行使する職は日本国籍のみを持っている純粋な

日本人だけが就く事を許されるのです。つまり、今回台湾国籍と日本国籍を持っている蓮舫議員は、

国会議員としてやっちゃいけない二重国籍という事になり、どっちかの国籍を捨てない限り、やがては

国会議員に続けてはいけない人間になると言われて、対応を迫られているんです。

 

これに対して蓮舫議員は台湾国籍を捨てる、というか既に捨てていると反論をしているのですが、次から次へと

自分は台湾国籍を持っているとか、自分は台湾国籍の人間だとか、過去の発言がぼろぼろと出てきたうえに、

更に台湾政府からは蓮舫の台湾国籍があるという話が出てくる有様。これに対して蓮舫議員は、テレビでは

報じていないものの「台湾は中国の地方の一つだから国ではない。その発言は無意味だ」なんて言い出してしまいます。

これには流石の台湾政府も激怒しまして・・・もつれもつれて今の状況にあるというわけなのです。

 

蓮舫議員、辞任する?

国会議員が二重国籍を許さない法律と条項の元出来ているものである限り、

蓮舫議員は違法議員という事になり、結果的には議員を続けるべき人間ではないと

判断されて、職を降ろされる事になります。そりゃそうでしょう、日本国籍だけを持っている

人間だけが許される職にそうじゃない人間が紛れ込んでいるのであれば、放置しておく

わけにはいかないです。

 

しかも、蓮舫議員は台湾国籍を捨ててやると言っていますが、上述の発言と簡単に

国籍を捨てるなんていう発言から台湾政府は激怒しており、台湾国籍の放棄を

認めないと言っている有様。このまま行けば蓮舫議員は二重国籍という条項違反を

戻す事が出来ず、国会議員という立場を追われる、即ち辞任する事になるのではないか

と思います。

 

今、民進党の代表が蓮舫議員になる、蓮舫議員の支持率が上がっているなんて言う

ニュースが入って来てますけれど、この問題を解決しない限りは代表になれないどころか、

国会議員を追われる事になります。一刻も早く、対応を迫られる状況にあります。

 

それってどうなのよ。

これに対して一部のメディアやニュースにて、コメンテーターとかが怒って

「二重国籍でもいいじゃないか!」

「これは差別だ!蓮舫に謝れ!」

とかなんとか言っているようですけれど、残念ながら条項を守っていない

蓮舫議員が問題なので、全く意味がありません。今の蓮舫議員を擁護するのは

違法した人間を擁護するという事であり、国会議員という存在そのものを

けなしているようなものです。差別も何も、条項を守っていない蓮舫議員が問題なんです。

 

これに対して、二重国籍を持っていて、それがバレると都合悪い人間がいっぱいいるの

ではないかという意見も寄せられています。定かではありませんが、これを機に二重国籍を

していないかどうかを様々なところでチェックするようになるのではないかと思います。

国会でこんな事があったんですからねぇ。

 

最後に。

蓮舫議員が辞任する事になるかどうかは、全く定かではないですけれど、

今の状況では議員を続けて行く事はできないという事だけは事実のようです。

この問題がどこまで続いていくのか、興味深いところはありますね。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031