NHKの受信料がネット配信で取られるのはいつから?法改正は?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

日本のメディアの中で一番怪しげな動きをしているところってどこかわかりますか。筆者は正直NHKなのではないかと思います。

NHKは災害時などは一番早くその情報を伝える事で有名ではありますが、その他の時には主に受信料の話で国民の皆様方に

怪しがられています。まぁそんな筆者の個人的な意見はさておきまして、今回NHKに何やら問題が起きたようです。問題というか、

問題になりそうな話ですね。一応、我々の生活においてNHKは避けられない存在ではあるので、今回はこの事について書いて

行きたいと思います。

 

NHKがネット配信でも受信料を取る?

ネットの中がざわめき始めたのは、13日のNHKの経営委員長の会見の後。会見の後で話題になるっていう話は珍しくない

ですけれど、問題はその内容なんです。一体どのような内容なのかと言いますと、

「将来的にテレビ放送をインターネットで同時に見られるようにしたいと思うが、公共放送を維持していくためには、

ネット配信であっても何らかの受信料をいただく必要がある」

という内容です。これが放映されるなり、ネットでは大きな騒ぎとなりまして、NHKに多数の批判意見が寄せられる事になりました。

 

この問題がどのような意味になっているのかと言いますと、この制度が始まるとNHKがネットでも見られるようになるけれど、ネットを

使う全てのユーザーから、例え見る事がなかったとしても受信料を取る事になる、ネットユーザーは見てもいないNHKから

受信料を取られる事になるという意味なんです。つまり、これまで支払う必要のなかったものにお金を支払わなければならなくなる

という事なんです。これには沸点の高いネットユーザーさえも怒ってしまい、大きな騒ぎになりました。

 

筆者だってこうやってネットをしているわけですけれど、ネットでNHKを見る事なんてありませんし、そもそもNHK自体利用していません。

なのにネットを使っているから受信料払えなんて言い出されたらたまったものではありません。はっきり言って横暴もしくは暴挙としか

言いようがないでしょう。もはや国民の義務でも何でもないのにNHKに受信料を払うのは国民の義務みたいに向こうさんは思っている

みたいな意見がちらほら見られますが、本当にその通りではないかとしか言いようがありません。何もそこまでやる必要はないでしょ。

テレビを持っていない人からも受信料を払えなんていう真似をして、ネット使ってるから払えなんて真似まで許してしまったら、もう

何が起きても知らないとしか言いようがないです。

 

それなら、いつから?

しかし、こういう事を言い出して実現させてしまうのがNHKです。有言実行なので、本人達はやる気でしょう。

一応今回は経営委員長が言い出しただけで、すぐさまこれを現実にする可能性はないと言えますが、今実験的に

NHKをネットでも見られるようにしている事から、いつかは絶対にこれを現実にするつもりでしょう。

考えられるのは、東京オリンピックの時。即ち2020年ですね。NHKの事ですから2020年に合わせてこの制度を

作り上げて、ネットでもオリンピックを観戦できるようにするけれど、同時にネットユーザーから受信料を取れるようにするでしょう。

しかし、いくらNHKでも1年後とかにこれを実装するのは難しいと思われるので、そんなに早く実装される事はないと考えてもよさそうです。

 

スポンサーリンク

 

最後に。

はっきり言ってNHKはもうやりすぎの域に行っていると思います。このままこのような事をやり続ければ、そのうち何回もデモが起こり、

最終的には攻め込まれたとしても文句が言えなくなると思います。その前に、NHKが考えを改めるか、法が改正されるかのどちらかが

起こるかと思います。なんだか不安な要素しかありませんね。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031