残暑はいつまで続くのか?2016年は?9月以降はどうなる?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

9月に入ったから、もう苦しい暑さともおさらばだと思った人も多いかと思います。しかし、筆者の住む新潟県は、もう9月である

はずなのに36.5℃なんていう数字と暑さを記録しておりまして、未だに暑さが続いている状態になっています。というよりも、

新潟だけではなく、もはや日本列島全体でそのような事が起きているような状態であると言えます。全国ニュースや天気予報を

見ていれば、わかりますよね。もう、日本全土でこの暑さに見舞われているんです。そこで気になってくるのが、この暑さがいつまで

続いていくのかという点ですよね。誰だっていつまでも冷房のお世話になっていたくないですし、何より外に出た時に暑さに

晒されるのが嫌なはずです。そこで今回は、この残暑について書いて行こうと思います。

 

残暑、いつまで続くのか。

8月が終わり、ついに暑さから解放されると思いきや、9月になっても36度越えなんていう有様が続く日本列島。

しかも4日も経っているのに一向に涼しくなる気配が無くてげんなりしている人も多い事でしょう。現に筆者もその一人です。

そもそも何故ここまで暑いのかと言いますと、今年の夏はラニーニャ現象と言って、南米付近の海面温度が低くなり、日本列島

付近がものすごく暑くなる現象が発生しており、それによって今年の夏は非常に暑かったのです。しかもこのラニーニャ現象が起きた

時には暑さをずるずると引きずる傾向にあり、そのせいで今でもこうして暑いわけです。つまり全ての原因はラニーニャ現象にあります。

 

それはどうでもいいとして、問題はこの暑さがいつまで続いていくのかという点ですよね。今年の暑さは本当に身に堪える暑さで、

冷房を利かさないと真面に過ごす事さえ出来なかったという人も沢山いたと思います。それが今でも続いているんですから、

たまったものではありません。この暑さはいつまで続くというのか。

 

一応9月の中ごろまで来ると30度を下回る可能性が出てきて、9月の下旬に差し掛かった頃には、28度くらいを下回るのが

一般的です。多分それくらいになればこの暑さは消えると思っている人もいるかと思います。が、今回はこの現象のおかげで、

それさえも怪しくなってきており、9月いっぱいは30度を超える日が続き、10月になると一気にドスンと気温が下がって、真夏から

真冬にいくのではないかとも言われています。

 

暑さが過ぎ去ったと思ったらインターバルなしで寒さに直行。うん、誰でも具合悪くなりますわ。

あくまで予想に過ぎませんが、9月いっぱいはまだ暑くて、10月になって一気に気温が下がってしまうのではないかと筆者は

予想しています。

 

こまめな水分補給や冷房を使うなどの熱中症対策は勿論、急な寒暖差による体調不良などにも厳重な注意が

必要ですし、海水温も高いので気象や台風などにも気を配る必要があります。今は8月ではなく9月です。9月でも、

8月並みの対策が必要になってしまうのですから、全く持ってカオスな年だと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

最後に。

8月が過ぎて9月になれば涼しくなるのではないかと思っていた人間の一人である筆者ですが、8月から一切変わっていない

あまりの気温に参ってしまいそうですよ。そして10月になれば一気に気温が下がってしまうみたいですから、早く気温下がれと

思うと同時に急に下がるなとも思ってしまっています。本当にどうなるのかわからないので、厳重に注意する必要がありそうです。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031