高畑裕太の真田丸の代役は誰になる?真田信政の後任が気になる!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

突如として逮捕されて大騒ぎになった、高畑裕太さん。その人が残した禍根はかなり大きなものでして、24時間テレビは

かなりの損害額を被る事になったようです。もはやとんでもない禍根を残してくれたとしか言いようがないでしょうね、テレビ局は。

そしてお母様である高畑淳子さんも非常に残念そうにしていましたし、何よりとても悲しそうでした。自分の息子がこんな事に

なってしまって、悲しくない母親がいないはずがないです。高畑裕太さんにはよくダメ出しをしていたそうですが、もはやそんなものを

通り越してます。まぁそれはさておいて、高畑裕太さんが逮捕された事により、ある事が話題になっているようで、かなり重要な事の

ようなのです。そこで今回は、その事について書いていきたいと思います。

 

真田丸に出演予定だった高畑裕太さん。

24時間テレビのメインパーソナリティーを務める予定で、しかも番組内のドラマにも出演する予定だった高畑裕太さん。

もしも彼がこのまま何一つ問題も起こさないでいたならば、何の問題もなく24時間テレビは放送され、ドラマにも出演する

事になっていたでしょう。しかし彼が逮捕されてしまった事により、これまで綿密に組まれていたスケジュールは総崩れを起こし、

24時間テレビは放送中止になるのではないか、もはや放送事故が起きているのではないかなんて言われ始めました。

 

確かにこんな事が起きるなんて誰も想像してなかったでしょうし、誰も予測できていなかったでしょう。彼がこんな事になって

しまったため、メインパーソナリティーも組み替えになり、ドラマも同じように代役が立てられて、急きょ取り直しになるという有様に

なってしまいました。それだけだったならばまだよかった、いいえ、よくはないんですけれど、良かったと思います。

 

しかし、彼は俳優であるが故に様々なドラマに出演しておりまして、その中に堺雅人さんが主演する真田丸も含まれていたのです。

まさか真田丸にまで出演しているとは思っても見ませんでしたし、そこにも多大な影響を与える事になるとはと、驚きましたよ。

 

そして、その気になる彼の役ですけれど、大泉洋さん演じる真田信幸と吉田羊さん演じる小松姫の息子、真田信政役です。

しかも、この信政が登場する回は、高畑裕太さんのお母様である高畑淳子さんと共演する回だったんですよ。

しかし、このような事になってしまったがために、親子の夢の共演は見事に不可能になってしまいました

 

ここからはあくまで筆者の予想ですけれど、高畑淳子さんは息子さんである高畑裕太さんとの共演を非常に

楽しみにしていたと思います。どんなにきつくダメ出しをしたとしても、自分の子供ですから、やはりそういう事が

出来るのはとても嬉しいのです。今回、このような事になってしまった高畑裕太さんは間違いなくお母様である

高畑淳子さんを裏切ったと言えるでしょう。

 

その代役は誰になるのか。

そこで気になってくるのが、この信政役の代役ですよね。物語の関係上信政は絶対に出なければなりませんから、高畑裕太さんが

居なくなったからと言って、信政を出さないわけにはいかないのです。一応、高畑淳子さんは何の問題も起こしていないので、普通に

出演する事が出来ますが、その高畑淳子さんと高畑裕太さんの代わりに共演する事になる俳優さんが必要なのです。

 

その俳優さんは誰なのか。こればかりはあまりに信政を演じるに相応しい人が多すぎて、誰を当てはめればいいのか

全くわからない状態です。

 

一応、高畑裕太さんの居る事務所から俳優さんが抜擢されて信政を演じるのではないかとも言われていますが、こればかりは

当日になってオープニングクレジットを見てみないとわかりそうにないです。誰が高畑裕太さんの代わりを務めるのか。

興味がありますが、同時に心配でもあります。

 

【追記】

前から気にされていた、高畑裕太さんの代役ですけれど、舞台やミュージカルを中心に活躍していた俳優、大山真志さんが

務める事になりました。そのため、真田丸では高畑淳子さんと大山真志さんの共演がなされる事になります。誰が代役をする

事になるのか、全く不明瞭でしたけれど、無事に決まったようでよかったところですし、大山真志の演技がどうなるのか、楽しみですね。

 

スポンサーリンク

 

最後に。

高畑裕太さんがこのような事になって一番落ち込んでいるのは、間違いなく高畑淳子さんだと思います。

息子がこのような事になってしまったのですから、高畑淳子さんにもバッシングが行くのではないかと思いますが、

マスコミにはあまり深くずかずかと入り込んでもらいたくないところですね。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2002年1月
    12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031