マルチン・モジジョネック(男子バレー)がイケメン!プロフィールや身長も!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

最近筆者のやっているゲームは、地球防衛軍4.1。このゲームはPS3ソフト地球防衛軍4のPS4リメイク版であります。

そしてこの前作である地球防衛軍4は既にやった事があるんですけれど、あれは処理落ちが酷かったりロード時間が長かったりなど、

不自由極まりないゲームでもあったのですが、PS4になった事によりそれら全てがほぼほぼ改善され、ロード時間なんて場所によっては

一瞬になりました。ビルを壊しても一瞬フリーズしません。ほんの一瞬でロードが完了してステージが始まった時には驚きましたよ。

 

そんなこのゲームは様々な国の人々が結集する事によって誕生した地球防衛軍が異星人に立ち向かうという

愚直なものなのですけれど、2016年7月現在も、異星人の襲来ではないものの、様々な国の人々が一つの場所に集まって戦う

イベントを来月に控えてます。そう、リオオリンピックですよね。リオオリンピックでは実に様々な競技が行われて、

様々な国の選手が集まりますけれど、その中に気になる種目がバレーボール。日本は出場権を逃してしまってますが、

他の国の選手達はこれで戦います。そしてその国の一つに、気になった選手が。今回はその人についてまとめたいと思います。

 

ポーランド代表、マルチン・モジジョネック

名前:   マルチン・モジジョネック 

スペル:   MarcinMozdzonek

生年月日:1985年2月9日

国籍:      ポーランド

出生地:  ポーランド オルシュティン

身長:   212cm

体重:   104㎏

アタック:  360cm

ブロック:  340cm

チーム:   Asseco Resovia

 

それがこの人。名前はマルチン・モジジョネック。ポーランドの男子バレーボール代表であり、チームを支える柱の一本と言える存在です。

バレーボールではアタックを決めた人や相手のボールを防いだ人、所謂ブロッカーが注目されがちですが、このモジジョネック選手は、

データを見た時に驚きますし、注目されると思います。いや、そもそも普通の試合を見ているだけでも、明らかに一人だけ注目されます、

モジジョネック選手は。

 

それはなぜかと言いますと、彼の身長がすごいんです。

バレーボール選手は基本的に身長が2mを超える、巨人と言い切っていいような人達が多いのですけれど、

モジジョネック選手の身長は212cm2m12cm。ポーランド代表チームの中で一番大きな巨人なのですよ。

ですから普通の試合を見ていても、明らかに大きな人が一人だけいて、それがモジジョネック選手だった事に驚く

なんていうのは珍しくないでしょう。もはやポーランド代表の超大型巨人です。

 

そしてこの身長は当然彼のプレーにいかされています。彼ほどの身長の人ならば両手を上にあげてちょいとジャンプするだけで、

4m近い壁が出来上がりますし、ジャンプしてボールを叩けば並々ならぬ高度からの攻撃を飛ばせます。現に日本対ポーランドの時も

彼の壁に何回もボールを防がれて点を奪い損ねていましたし、他の国との試合を見ても、彼は巨大な壁としてチームに貢献しています。

まさに彼は、ポーランド男子バレーの守護神と言える存在。彼の貢献度というものは、もはや計り知れないものですね。

 

しかし日本戦だけだったのかどうかは定かではありませんが、彼は防御に徹するスタイルでプレーしているようで、

アタックなどは他の選手達が打ち込んでいました。彼ほどの身長ならば、高高度攻撃が出来るというのに・・・

彼はアタックがそんなに得意なのではないのかも。まぁ定かではないのですが。

 

スポンサーリンク

 

髭イケメンのモジジョネック選手

そしてモジジョネック選手の顔を見ればわかるかと思いますが、彼は髭面ではありますものの、イケメンさんです。

結構日本人受けしそうな顔をしていると思いませんか。筆者は結構そう思うのですけれどね。

 

そしてこういう髭のイケメンを見ると、髭を剃った方がイケメンなのではないかという意見も見ますが、

こういうイケメンさんは髭があるからこそイケメンなのであり、髭を剃ってしまったらイケメンではなくなってしまうかもしれません。

 

だからこそ、モジジョネック選手は髭を生やしていてもらいたいですね。多分この髭を剃り落としてしまったその時は、

モジジョネック選手ではないのではないかとチームメイトやファンの方々に思われて、下手すればモジジョネック選手だと

わかってもらえなくなるかもしれません。それくらいにまで、髭を生やしている人の髭というものは大切なものなんですよ。

 

 

最後に。

日本は惜しくもバレーボール五輪出場を逃してしまっていますけれど、他の競技では金メダルまで行くのではないかと期待されています。

そしてモジジョネック選手を抱えるポーランド代表がどこまで進んでいくのか、オリンピックが楽しみですね。

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031