動脈硬化を予防する食べ物は?食事法や大麦もチェックしてみよう

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

動脈硬化という言葉をニュースや番組の中でこれまで何回聞いたでしょうか。特に、みんなの家庭の医学とかを見ている人ならば、すごくよく聞いていると思います。

動脈硬化は生活習慣病の一種であり、脳梗塞や心筋梗塞を招くものであり、もはや日本人の死亡率の高い病気を招く存在であると認知されているかと思いますし、実際筆者も思っています。

そして、これからそのような事に誰もがなってしまう可能性があります。

そこで今回は、この動脈硬化を防ぐ力を持つとされる食べ物や食べ方について、まとめてみたいと思います。

 

動脈硬化とはそもそもなんぞや。

そもそも動脈硬化とは何かといいますと、簡単に言えばコレステロールの摂り過ぎによって血液の中にコレステロールが溢れかえり、やがてそれが血管の中に入り込んでしまう事で、

本来柔らかいはずの血管が硬くなって血流が悪くなり、更に血液がドロドロになってしまう事を言います。

これがもし初期段階ならばどうにかなるんですけれど、これが更に発展してしまうと、ドロドロになった血液と血液の流れない血管のせいで脳や心臓に血が行かなくなり、

最終的に脳梗塞や心筋梗塞になってしまうと言うわけです。いえ、それ以前に身体に血が上手く流れなくなるので、足や手などにも障害が出始めます。それの最悪形が上述した心筋梗塞や脳梗塞といった命にかかわる病気なのです。

 

動脈硬化は食べ物でなんとか出来る。

このような病気なんて、確かに身近なものになりつつありますけれど、身近になってほしくない病気ですし、誰もがなりたくない病気のはずです。

そんなものを招いて来る動脈硬化、その大体の原因は、栄養やコレステロール過多の食生活などであるため、そもそもの食生活を

何とかしなければ治す事は出来ませんし、脳梗塞や心筋梗塞などの恐るべき病を予防する事も出来ません。

そこで必要になってくるのは、食生活の改善と悪玉コレステロールを招く食材のチェック。

 

コレステロールが多く含まれている食べ物は沢山あるんですけれど、その中でも代表的なのが卵と肉類と魚介類

ある人は卵を食べ過ぎるとコレステロール過多になるから、卵は一日2個くらいまでが丁度いいなんていう話を聞いた事があるかと思います。

 

まさにそのとおりでして、卵にはコレステロール値を抑える栄養素を超えるコレステロールが含まれており、一日食べ過ぎる生活を続ければ。

物の見事に動脈硬化ルートにまっすぐ向かってしまいます。

そのため、動脈硬化を抑えるための食生活は出来る限りコレステロールの含まれていない食事や食材を選ぶ事が重要になってきます。

しかし、それとは逆にコレステロールを抑え込む、もしくは体にコレステロールを消費させる食べ物も存在しており、

実際それを食べる事で悪玉コレステロールを抑え込む事が出来るというのをみんなの家庭の医学のスペシャルで放送されていました。

 

スポンサーリンク

 

大麦がよく効く。

それはなんと、大麦なんです。大麦はだいぶ前からメタボリックシンドロームといった生活習慣病や肥満などを改善する食材として注目されていましたが、

実は大麦は動脈硬化を抑える力がかなり強い食材なのです。

動脈硬化を抑える食べ物の中には大豆やこんにゃくなどがありますけれど、大麦はそれらを上回る力を持っているんですよ。

 

その証拠に6月14日のみんなの家庭の医学では大麦を使った料理を食べ続けると、悪玉コレステロールがどれくらい下がるかという実験が行われ、

実際に大麦を食べ続けた人の悪玉コレステロールが下がっているという結果が叩き出されました。

 

そして何故大麦が最も動脈硬化に効くかといいますと、大麦には大麦βグルカンという栄養素が含まれており、それは腸内に入り込む事によって、

ジェル状に変質し、腸内にたまっている胆汁酸と結びついて、身体の外に排出されます。そしてその胆汁酸はコレステロールを利用して作られて、

体内に一定値存在しているものなので、必然的にコレステロールが減る事になります。

コレステロールのせいで動脈硬化になるのですから、それがなくなれば必然的に動脈硬化にはならなくなるんです。

 

即ち動脈硬化を抑えるには、大麦を中心にした食事を摂っていくのがいいというわけです。

、それらを参考にして食事をしていけば必然的に健康になれ、

動脈硬化などの恐るべき病を連れてくる身体の異変などを抑え込む事が出来ると言うわけですよ。

誰でも心筋梗塞や脳梗塞にはなりたくないですしね。

 

そして気になる一日に摂取すべき大麦の量ですが、麦ごはんに換算して四杯分というかなり多く感じられる量になっています。

そのため、普通に麦ごはんで食べようとすると多くなってしまいがちなので、おかずにしたり小鉢にしたりなど、何らかの工夫が必要になってきます。

が、幸いな事に、巷には大麦を使った料理のレシピが沢山出ていますうえに、みんなの家庭の医学でもレシピ本などが出ていますから、

それらを参考にすれば困らないでしょう。いいタイミングでいいものがあったというものです。

 

まとめ

まさか筆者の好きな食べ物である大麦に動脈硬化さえも抑えてしまう効果があるなんて知りませんでしたし、思いもよりませんでした。

動脈硬化は立派な病気ですし、出来れば身近になってほしくない病気です。これから大麦を沢山食べるようにして、動脈硬化などの

病気とは縁の遠い生活を送りたいものですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー